ぴったり、を選ぼう。PITTALAB

image3.jpg

経営管理とはヒト・モノ・カネを管理すること。定義と改善方法を解説

twitterでシェア
facebookでシェア
はてぶ
公開日: 2021.05.14
更新日: 2021.06.16

経営管理とは、企業が掲げる達成目標のためにヒト・モノ・カネを調整し統括することです。本記事では経営管理の定義からその方法、よく似た概念である経営企画との違い、改善するための対処法まで解説します。自社の目標達成のために、ぜひ参考にしてください。

目次
目次

経営管理の基礎知識

経営管理とは、企業や組織が掲げる目標やビジョンを達成するために、企業全体を調整し統括することを言います。具体的には、企業の「ヒト・モノ・カネ」を管理することが必要ということです。また管理するためには、4つのスキルが求められます。

ここでは、管理方法と管理するための4つのスキルについて説明しましょう。

企業の「ヒト・モノ・カネ」を管理すること

経営管理とは、言い換えると企業のヒト・モノ・カネを管理することです。具体的には、ヒトの管理では人事や労働管理、モノの管理では生産や販売管理、カネの管理では財務管理を行います。各部署の管理が前提となりますが、同様に、部署同士の連携も欠かせません。

1.「ヒト」の管理

ヒトの管理を行うのは、人事・労務部です。非常にセンシティブで管理することが最も難しい分野ですが、従業員のモチベーションは企業のパフォーマンスに直結するため、経営管理を行う上でヒトの管理は必要不可欠と言えるでしょう。

具体的な対策としては、従業員のやる気を引き出す新しい人事考課制度や能力アップにつながる社内研修、働きやすい環境を作る就業規則の改訂などが挙げられます。勤怠管理や従業員の満足度を調べ、どのような対策が必要なのかを確認しましょう。

2.「モノ」の管理

モノの管理では、顧客満足度に影響を及ぼす生産や販売管理を見直します。商品や商材の品質管理はもちろんのこと、運用のフローは適切なのかどうかといった視点からも見直しが必要です。

これまでの顧客からのクレームやマーケティング調査から、消費者のニーズに合った商品なのかどうか、納品までの運用に問題はないのかどうかなどを確認します。必要であれば、新しい商品の開発も必要でしょう。

3.「カネ」の管理

カネの管理では、財務的な視点から会社の売り上げや費用が妥当かどうかを確認します。商品のためならいくら費用をかけても良いと言う訳ではありません。商品コストや費用対効果を確認しながら、効率的に利益が上げられるように改善する必要があります。

ほかにも企業内のキャッシュフローの見直し、節税効果など税務的な視点からお金の流れを把握しましょう。

経営企画とは異なるもの

経営管理と間違われやすい概念に経営企画がありますが、経営管理は経営企画の一部を成すもなので異なります。

経営企画とは分かりやすく言うと、企業が目標やビジョンを達成するためにどのようなプロセスを進めばいいのかを決めることです。経営企画で目標達成までのプロセスを決め、そのプロセスに沿って実行するのが経営管理と言えるでしょう。

どれほど良い企画があっても、実行しなければ意味がありません。また逆に、戦略やプロセスがないままむやみに管理しても目標を達成することは叶わないでしょう。企業の目標達成のためには、経営企画と経営管理の両方が必要です。

経営管理に必要な4つのスキル

経営管理は、経営企画を考慮しながら実行する必要があります。管理だけでなく、企画にも関わることが不可欠ということです。そのため経営管理には、次の4つのスキルが必要となるでしょう。

  • 経済やマーケティングの知識
  • 論理的な分析力
  • 各部署をつなぐ柔軟さ
  • コミュニケーション能力

経営管理を行うためには、経済やマーケティングの知識が必要です。トレンドや市場の流れを見て、新たなニーズや価値観をいち早くキャッチすることが求められます。また、生産や販売などの実際の数値から、企業の状況や消費者のニーズを把握する分析力も欠かせません。

経営管理を行う際には、それぞれの部署が単独で行うのではなく、お互い連携する必要があります。多くの従業員に協力してもらうために、各部署をつなぐための柔軟さが必要でしょう。また、どのような問題が発生しても臨機応変に対応できるように、企業内の風通しを良くするコミュニケーション能力も欠かせません。

経営管理を改善する3つの方法とは

経営管理は、常に改善する必要があります。その方法として、管理システムの活用、部署単位での改善、経営管理基盤の再検討の3つが挙げられるでしょう。市場のニーズに合わせて、また企業の状況を考慮しながら定期的な見直しが必要です。

1.管理システムを活用する

経営管理を改善するために管理システムを活用する方法があります。一元管理する経営管理システムの導入を検討すると良いでしょう。自社に適したものであれば、大幅なコストカットが見込めます。

例えば、データ分析ツールや営業支援ツール、会計システムといった便利な管理システムを効果的に活用することにより、膨大な情報を容易にクラウド上で管理でき、欲しい情報をすぐに取り出すことができます。

ただし、経営管理システムといった基盤となるシステムを導入する際には、自社に適しているのか、また費用対効果はどうなのかを考慮し慎重に検討しなければなりません。

2.部署単位で改善する

経営管理を改善する方法として、部署単位で改善する方法があります。この方法は、とくに規模の大きい企業で効果的です。

規模が大きい企業は組織が複雑なため、はじめから組織全体に手をつけるのは得策とは言えません。まずは部署単位での改善を目指しましょう。部署ごとに問題点を洗い出し課題が明確になれば、改善するのも容易です。

とくに業績が悪い部署には早急に手をつけ、具体的対策を立てるべきでしょう。部署単位での改善を行い、組織全体の管理へつなげていきます。

3.経営管理基盤を再検討する

経営管理を改善するために、経営管理基盤を再検討するのもひとつの方法です。長い時間のなかで複雑に絡み合った基盤をシンプルにすることで、無駄な業務を削減できコストカットにもつながります。

今の時代に合った経営管理基盤を再構築することにより、変動の激しい社会情勢や市場経済にも柔軟に対応できるようになります。誰が何を管理しているのかを明確にし、必要な業務に集中できる体制を整えましょう。

最後に

企業が掲げる目標を達成するためには、ヒト・モノ・カネを調整し統括する必要があります。規模が大きい企業ほど、経営管理は重要です。部署単位で改善する、経営管理基盤を見直す、または管理システムを活用するといった様々な方法を用いて、企業の目標やビジョンを達成しましょう。