ぴったり、を選ぼう。PITTALAB

経理_マネジメント.png

マネジメントとは?リーダーとの違いや担う役割、必要なスキルを解説

twitterでシェア
facebookでシェア
はてぶ
公開日: 2021.05.14
更新日: 2021.11.24

「マネジメント」とは組織の資源をうまく活用し、目標達成や成果の最大化を図る役割です。組織やチームの課題解決においては、優れたマネジメントの存在が欠かせません。

今回は「マネジメント」について、リーダーとの違いや求められる役割、必要なスキル等を解説いたします。

目次
目次

マネジメントとは?

マネジメントとは組織の資源(人材・モノ・金・情報など)を効果的に活用することで、組織の課題解決や目的の達成を図ることです。「マネジメントの父」と称される、アメリカの経営学者ピーター・ファーディナンド・ドラッカーが、著書「マネジメント」にて提唱したのが起源とされています。

マネジメントでは組織のパフォーマンスを向上するため、保有する「手段」や「仕組み」をどのように活用するかを示し、成果へ導く役割を担うのです。

マネージャーとは 

マネージャーとは、組織における人材や金銭などの管理・運用を担う役割のこと。

  • 最適な目標設定
  • 人材の育成と評価
  • エンゲージメントの向上

これら施策を実践することでチームを円滑に運営し、目標の達成に導く役割が求められます。

マネージャーとリーダーの違い

混合されがちなマネージャーとリーダーですが、本来双方の担う役割は大きく異なります。リーダーは目標やビジョンを明確にし、チームや組織を適切に導くのが役目です。マンパワーで周囲を引っ張っていくイメージがあるかもしれませんが、実際にはチーム員の模範となる行動を示す、士気を高め人員の自発的な行動を促すなど「チームへの配慮」が必要な役回りを求められます。

一方のマネージャーは、リーダーが掲げた目標設定を遂行するための戦略立案や人材の管理を担う役割です。指針を示す働きをリーダーとするならば、リーダーの指示どおりに目的達成までの道筋を示す働きがマネージャーとなります。

マネジメントの主な役割4つ

1.適切な目標の設定

マネージャーは組織全体の目標を、個人に最適な目標へと落とし込む役目を担います。目標設定を明確に決めることは、チーム員や部下がゴールを把握し、正しい方向へ努力するために不可欠なためです。

また進む方向性は同じであったとしても、目標の内容・レベルは個々によって異なります。一人ひとりに適した課題を与えることで、個々の成長を促せるでしょう。

マネージャーはチーム員や部下に対し定期的な目標設定を行うことで、成長を振り返る機会を提供するとともに、モチベーションの維持を行います。

2.目標達成のための人材・組織の課題分析

目標達成のためにまず着手しなければならないのが、現状の課題分析でしょう。組織の経営や仕組みにどういった課題があるかを把握して初めて、解決のために適切な打ち手を検討できるためです。

マネージャーは目標を達成するために「障壁」となっている課題やプロセスをすべて洗い出し、それぞれに最適な解決策を考えます。

3.課題解決に向けたメンバーの育成や指導

組織の課題解決を図るための、重要な資源の1つが「人材」です。チームメンバーの能力アップやモチベーションの向上は、組織の課題をクリアし成果を上げるために欠かせない要素となります。

マネージャーはチーム員や部下と積極的にコミュニケーションを図りながら、業務に対する適切な指導を行わなければなりません。また個々を最大限に伸ばすという観点から、各人の能力を生かせる業務分担を考え割り当てるのもマネージャーの役割です。

4.成果の評価とフィードバック

マネージャーは定期的にチーム員の業務や業績評価を行い、フィードバックによって改善点をすり合わせします。自身の現状確認に加え、今後の仕事の方向性が明確になるため、この定期的な評価は部下の成長を促進する上で必要不可欠です。

また正しく評価されることで、部下のモチベーションアップや成長意欲の向上を促すこともできます。

マネジメントに必要な4つの能力と習得方法

マネジメント能力を高めるために欠かせないスキルと、スキル習得のための方法についてご紹介します。

1.課題分析スキル

目標達成のためには、その課題を分析することで解決策の検討が可能になります。マネジメントで欠かせない課題分析のスキルを磨くことで、目に見える課題だけでなく潜在的な課題にも気づくことが可能です

習得方法としては、常に課題に対し「なぜ?」という着眼点を持つこと。社内で当たり前となっている決まりや風土に対しても「なぜ?」の視点から見ることで、隠れた課題が見つけられるかもしれません。

2.コーチングスキル

コーチングとは最初から答えを与えるのではなく、会話の中で相手自身に答えを気づかせる手法を指します。チーム員の自発的な行動・前進を促すことができ、マネジメントには欠かせないスキルです。

コーチングスキルを伸ばすためには、部下の話を傾聴する姿勢が重要です。あくまでアドバイスをするのではなく、「気づき」を与えて部下の成長や意欲の向上を促進します。

3.意思決定スキル

マネジメントとは、常に成果を最大化させるための意思決定が求められる役割です。ときには多くの反対の中で意見を通す、あるいはチームに大きな変革をもたらす重要な判断を担う場合もあるでしょう。

意思決定の能力を伸ばすには、常に優先順位をつける習慣を身につけるのがおすすめです。冷静な現状把握を行い、いま取るべき最適解は何かを考え続けることで、自然と意思決定スキルも向上できるでしょう。

4.プロジェクト管理スキル

プロジェクトの成功においてゴールまでの道筋を明確にし、必要なプロセスを明示することは必要不可欠です。これら計画立案や進捗把握といった管理業務も、マネジメントの役割でしょう。

管理スキルをアップするために重要なのは、常にプロジェクトの「目標」と「手段」を切り離して考えることです。目標さえ明確化しておけば、たとえ1つの計画進捗が悪くても、代案によるリスクヘッジが図れます。

最後に

「マネジメントとは」というテーマで、その概要やリーダーとの役割の違い、マネジメントで求められるスキルの習得方法などをご紹介しました。適切なマネジメント業務の遂行は、組織の課題解決や成果の最大化を意図する上で欠かすことができません。本記事を読むことであなたがマネジメント業務に対し、何かしらの気付きがあれば幸いです。