ぴったり、を選ぼう。PITTALAB

開発・制作_動画制作費用の相場.png

動画制作費用の相場は?内訳やコストを抑える6つのポイントを解説!

twitterでシェア
facebookでシェア
はてぶ
公開日: 2021.09.28
更新日: 2022.05.12

「動画制作を依頼したいが、適正な相場はいくらなのか?」
「会社紹介動画は、制作会社に依頼すべきか?コスト削減を考えて自社内で行うべきか?」

動画媒体は効果的な宣伝の場ではありますが、いざ制作を考えると自分で行うのは少々難しいですよね。

しかし、依頼をしようと思っても、コスト面を考えると踏み切れない方もいるはずです。

今回は種類別動画制作の費用相場と動画制作の主な依頼先、費用の内訳やコストを抑えるコツをご紹介します。

本記事を最後まで読めば、適正価格で納得のいく動画を制作できます。動画制作を検討中の方は是非参考にしてみてください。

目次
目次

1.種類別動画制作の費用相場

種類別・動画制作の費用相場を紹介します。

  1. Youtube動画
  2. 会社紹介動画
  3. 会社ブランディング・プロモーション動画
  4. 自社商品・サービスのプロモーション
  5. セミナーに使用する動画
  6. CM動画
  7. 採用動画
  8. 研修動画
  9. VR動画
  10. ドローン撮影

動画作成の依頼を検討している方は、自社が作りたい動画に合わせて予算相場を考える参考にしてください。1つずつ説明していきます。

(1)YouTube動画

YouTube動画の制作費用の相場は、編集のみで5,000〜30,000円/本となっており、加えて企画、構成まで依頼すると50,000〜100,000円/本となります。

さらに、分析や運用支援、コンサルまで依頼する場合は、300,000〜500,000円/月というのが大体の相場観です。しかし、10分を超える動画の場合、追加料金がかかる場合があるので依頼をする前に確認しておきましょう。

依頼する内容によっては高額な費用が掛かりますが、YouTube動画を作成する上で最も時間と労力がかかるのが、編集作業です。クオリティの高い動画を撮影から編集まで全て1人で行うことは困難なので、フリーランスや動画制作会社の利用を検討してみましょう。

(2)会社紹介動画

会社紹介動画の制作費用相場は、30〜200万円程度です。かなり金額の差が出るのは、動画の内容や時間、キャストやカメラマンの人数によって金額に差が出やすいためです。

固定カメラを利用してカメラマンのコストをカットし、出演者は自社の社員のみにすると、30万円程度でかなり安く撮影できます。

一方でブランディングにこだわる場合、ロケ地やスタジオレンタルをしたり、タレントを出演させる場合はギャランティも含めて、200万円以上かかる場合もあるでしょう。

会社の紹介動画は、シンプルなものなら30万円、内容にこだわる場合は200万円程度必要です。

(3)会社ブランディング・プロモーション動画

会社ブランディング・プロモーション動画を作成する場合は、100〜300万円程度が相場です。

キャスティングによって金額が上下します。広告代理店等に映像の内容のアイデアの提案から頼むケースが多いため、人件費がかかるからです。

会社紹介の動画と同じく、自社の社員を使用すればキャスティング料はかかりませんが、タレントや著名人を出演させる場合は、相応の費用が必要です。

ブランディングやプロモーションの場合は、出来栄えも重視されるため、カメラマン・スタジオレンタル費用、機材などの諸経費もかかります。

会社ブランディング・プロモーション動画は、100〜300万円程度の予算が必要です。

(4)自社商品・サービスのプロモーション

自社商品・サービスのプロモーション動画の場合は、30〜100万円程度が必要です。基本的に制作会社とプロモーションの打ち合わせ・企画から入るために、費用が高額になります。

撮影場所を会社にして、固定カメラを用いて撮影するような場合は、さらに安く済むこともあります。

一方でタレントにプロモーションを依頼したり、スタジオを借りてサービスの実演をするなどの場合は、100万円以上の予算がかかるケースもあるでしょう。

商品やサービスのプロモーションムービーを制作する場合は、30〜100万円までの予算が必要です。

(5)セミナーに使用する動画

セミナーに使用する動画を制作する場合は、20〜50万円が相場です。自社主催のセミナーの場合は、内容があらかじめ決まっているため、制作会社に企画を考えてもらう必要がありません。

そのため、打ち合わせにかかる諸経費と人件費をコストダウンできます。

著名人に出演を依頼する場合は別途キャスティングコストがかかりますが、出演者がセミナーに出る人物などの場合は、比較的低コストで動画を制作できるでしょう。

(6)CM動画

CM動画を制作したい場合は、50〜300万円程度の費用が必要です。テレビ放映なら15秒程度と尺自体は短いですが、キャスティングするタレント・モデルに応じて費用が変わるでしょう。

また制作会社のランクに応じて、かなり価格差が出るため依頼する制作会社は求めるクオリティに応じて選びましょう。

大手広告代理店の場合は300万円以上、小規模な制作会社に依頼する場合は50万円程度で済むケースも。ただし、広告の反響の計測などを外注して計測する場合は、別途費用がかかります。

(7)採用動画

採用動画には大きくインタビュー、インタビュー+社内風景、密着取材、ドラマ仕立ての4つの特徴に分けられます。どの特徴の採用動画を作成するかによって、費用だけでなく制作期間も異なります。

インタビュー形式の採用動画の場合、費用相場は、10万〜30万円で2週間〜1カ月ほどの制作期間が必要です。

インタビューに加えて社内風景も取り入れた採用動画の場合は、費用相場が30〜80万円で、制作期間は1カ月〜1.5カ月ほど必要になります。

密着取材の場合は、費用相場は80〜200万円と一気に跳ね上がります。しかし、制作期間は1.5カ月〜2カ月とあまり変化はありません。スタッフの人数や機材数が増える分費用がかかってしまうのは仕方ないでしょう。

最後に、ドラマ仕立ての採用動画を制作する場合の費用ですが、その相場は200万以上となっており、キャストや機材、ロケなどで費用は変化します。クオリティにこだわる場合は、多額の費用が必要になるので予算に出来るだけ余裕をもって依頼することをおすすめします。

(8)研修動画

研修動画には、セミナー形式、マニュアル形式、ドラマ形式の3つがあります。

セミナー形式とは、1人の講師が大人数の社員に向けて話す形式です。講師がカメラに向かって話し、その動画を社員が視聴します。セミナー形式の動画の費用相場は、5万〜15万円となっています。

次のニュアル形式とは、業務の工程や流れを動画マニュアルで解説する形式です。主に製品やサービスの業務プロセスを説明する際に用いられます。そんなマニュアル形式の費用相場は、5万〜30万円となっています。

そして最後のドラマ形式は、社員を密着取材したり、プロの演者を起用して業務内容をストーリー性のある動画に仕上げるといった形式のものです。主な活用シーンは、マナー研修や仕事に対する心構えなど幅広いシーンで対応可能です。そんなドラマ形式の費用相場は、80万〜200万円になります。手間と人材が必要になる分、多額の費用がかかります。

(9)VR動画

VR動画の費用相場は20万〜数百万円と幅広いです。VR動画の予算感を過去の事例を参考に説明します。

新卒採用用の会社紹介動画の場合は20万〜50万が相場です。動画の尺やLPの有無などで費用は変化します。

株式会社FUJIも使っているショールーム見学用のVR動画は80〜90万円が相場となります。見学動画にしては、高いと感じるかもしれませんが、企画込みで80万円なので、動画制作初心者の方には、おすすめです。

バーチャルドライブのVR動画の場合は120万円が費用相場です。自動車の設備を紹介する際に、とても分かりやすく設備を伝えることができます。過去の事例では、企画構成、撮影、BGM、ナレーションを全て含めて120万円となっています。

そして最後に工場見学用のVR動画における費用相場です。実際に見ることができない部分に3DCGを多く使用しているのに加え、企画構成から演出計画も含まれているため、費用は550万円と高額になっています。

(10)ドローン撮影

 ドローン撮影の費用相場は、10〜30万円ほどです。その内訳は、撮影料が8万から12万円で、残りは編集料となっています。ドローンの機体や搭載しているカメラによって費用は異なります。

 また、ドローン撮影はフライト料というものがかかります。1日〇万円や1時間〇万円と規定している会社が多いので、依頼の際は確認しておきましょう。

2.動画制作の主な依頼先

動画制作の主な依頼先を3つ紹介します。

  1. 広告代理店
  2. 動画制作会社
  3. フリーランス

「広告代理店に頼まないといけない!」と思っている方がいますが、実は選択肢は1つではありません。具体的に1つずつ説明します。

(1)広告代理店

動画制作の1つ目の依頼先は、広告代理店です。広告代理店とは、広告の企画から制作、マーケティングまでを一手に請け負う会社のこと。

クライアントに代わって、効果的な広告を打つための手助けをするのが仕事です。

CMや企業プロモーションなど、視聴者が多く、また質の高い動画を制作したい場合に使われます。

広告代理店はクライアントから広告の相談を受け、企画まで考えますが、実際の制作は下請けに任せることが多いです。そのため、クライアントはマージンを含めた金額を広告代理店に支払うため、費用は高めになります。

ただし、広告のノウハウを熟知しているため、動画のクオリティだけでなく、マーケティング戦略も熟知しているでしょう。

多少コストをかけても効果的に宣伝を打ちたい場合は、広告代理店がオススメです。

(2)動画制作会社

動画制作の2つ目の依頼先は、動画制作会社です。動画制作会社は、動画コンテンツを作成する専門の会社で、広告からYouTube動画まで幅広く対応できるのが特徴です。

先程の広告代理店に依頼をした場合、動画制作は制作会社に外注されます。

マージンなしで直接依頼ができるため、広告代理店に頼むよりもコストは低いです。ただし、業務が映像制作に限定されるので、マーケティング戦略の提案や計測は依頼できません。

動画制作会社は、企画案さえ自分でうまく立案出来れば、代理店より安価で質も高い動画制作が可能というメリットがあります。しかし、動画制作初心者の方には、難易度が高いので始めは代理店などで依頼するのがおすすめです。

広告の効果計測は自社で行う場合や、内輪で使用する動画を制作依頼したいなら、動画制作会社に依頼しましょう。

(3)フリーランス

動画制作の3つ目の依頼先は、フリーランスです。フリーランスとは、個人で動画制作をしている自営業者であり、最もコストは安いでしょう。

コスト自体は安いですが、基本的に全ての作業を1人で行うために、納期に余裕を持たせて依頼する必要があります。急な依頼だと特別料金を取られたり、また修正が嵩むと別途コストを請求されるケースもあり、正直人の当たりはずれがあるのが現状です。

またあくまで個人のため、高価な機材などがなく、テレビ放映用の動画などは依頼できません。

さらに、企画の立案からクライアントが行う必要があり、動画制作未経験の方には難易度が高いのもデメリットです。

しかし、料金相場が格段に安い事や、小さな修正や編集をその都度できたりとメリットもあるため、人によってはフリーランスに依頼する方が良い場合もあります。

会社紹介の動画や、基本固定カメラで撮影する簡単な動画なら、コストの安いフリーランスへの依頼もオススメです。

3.動画制作の費用の内訳

動画制作の費用の内訳を紹介します。

  1. 企画
  2. 撮影
  3. 編集

初めて動画制作の依頼をする場合、何にコストが必要かなど、概要を理解しておきましょう。内訳表を理解しやすくなり、適正な価格を見極められるようになります。1つずつ説明するので、大体の予算と内容を覚えておいてください。

(1)企画

動画制作の1つ目の費用の内訳は、企画です。企画とは動画のターゲット、内容などを考案することで、クライアントとの打ち合わせをする工程を指します。

セミナー動画などは企画の工程を省くことがありますが、プロモーションの動画では、企画から制作会社に任せることが多いです。

打ち合わせに携わるスタッフの人件費、交通費、さらに構成費用を含めて請求されます。

動画制作を企画から任せる場合の費用相場は、大体10〜50万円ほど見ておきましょう。

(2)撮影

動画制作の2つ目の費用の内訳は、撮影です。

撮影には機材・ロケハン(スタジオレンタル)費用、人件費、カメラマン・アシスタントの人件費がかかります。

費用相場は大体8〜35万円程度と動画制作において最も差が出やすいポイントです。

大規模な撮影になる程、人件費や機材が増えるため、費用コストも高額になります。

(3)編集

動画制作の3つ目の費用の内訳は、編集費用です。編集とは撮影した動画に、BGMやテロップを入れる、また不要なシーンをカットする工程を意味します。

費用相場は5〜25万円程度を見ておきましょう。

編集マンの人件費や、動画内で使用する素材を実費でクライアントが負担します。

長編の動画ほど、編集人員が増えるため、費用が上がるでしょう。

(4)オプション

動画制作の4つ目の費用内訳は、オプションです。制作したい動画によっては、ナレーションやBGM、キャストが必要になります。これらのオプションを付ける場合は、追加料金がかかります。

ここでは、「動画制作会社 SKYTOP」のオプション費用を参考に紹介していきます。大体の目安として参考にしてみてください。

まず、ナレーションが必要な場合は、日本語が4万円、英語が7万円となっています。どの会社も英語ナレーションの方が費用が高いです。

次に、オリジナルBGMを付ける場合は、5万円の費用がかかります。フリーBGMよりオリジナルBGMの方が、種類も豊富でオリジナリティを出すことができます。

最後にモデル手配のオプションを付ける場合の費用は、10万円です。プロを手配するので、他のオプションに比べて費用はかかります。

また、モデルではなく、役者手配というオプションもあり、こちらの費用は5万円となっているため演技も必要とする場合は、役者手配のオプションを付けることをおすすめします。

4.動画制作費用を抑えるための6つのコツ

動画制作費用を抑えるための6つのコツを紹介します。

  1. 動画内容をあらかじめ決めておく
  2. 編集に使用する素材を用意する
  3. カメラ固定動画にする
  4. 自社社員を出演させれう
  5. フリーランスに依頼する
  6. 複数社に見積もりを取って比較する
  7. アニメーション動画にする

自社で事前に打ち合わせをしたり、内容を工夫するだけで費用は格段に安くなります。1つずつ紹介するので、一通り目を通しておいてください。

(1)動画内容をあらかじめ決めておく

動画制作費用を抑えるための1つ目のコツは、動画内容をあらかじめ決めておくことです。事前に動画の内容を決めておけば、企画構成の費用をカットできます。

どんな動画を作りたいか、ターゲットは誰なのかを明確にしておきましょう。事前に動画内容を決めておけば、制作会社との打ち合わせもスムーズで、回数も抑えられます。

事前に社内で会議を開き、依頼したい動画の内容を決めておきましょう。

(2)編集に使用する素材を用意する

動画制作費用を抑えるための2つ目のコツは、編集に試用する素材を用意することです。編集の際に使用した素材は、全てクライアントの負担になります。

少しでも費用を抑えるために、自社ロゴや使いたい画像などを用意し、編集マンに渡すことでコストが削減できるでしょう。

動画の内容を考えて、入れて欲しい画像や素材は用意しておいてください。

(3)カメラ固定動画にする

動画制作費用を抑えるための3つ目のコツは、カメラ固定動画にすることです。カメラを机などに固定すれば、カメラマンやアシスタントが必要ありません。

アングルの変更がないため編集も楽になり、全体的に費用を抑えられます。

ただし、カメラ固定動画はクオリティ自体は素人っぽく見えるため、CMやプロモーションには向いていません。

研修に使う、またはセミナーのための説明動画などの場合はカメラ固定動画も選択肢に入れてみましょう。

(4)自社社員を出演させる

動画制作費用を抑えるための4つ目のコツは、自社社員を出演させることです。動画のキャスティングにタレントを使うと、知名度によっては数千万円のコストがかかります。

動画の内容的に、特別著名人のキャスティングが不要なら、自社の社員に出演依頼をしてみましょう。

会社紹介の動画やセミナーに使用する動画は、身内で撮影しているケースが多いです。

動画制作のコストを抑える為に、出演者のギャランティをカットしましょう。

(5)フリーランスに依頼する

動画制作費用を抑えるための5つ目のコツは、フリーランスに依頼することです。フリーランスへの動画制作費用は、制作会社を通すよりもかなり安いでしょう。

動画の内容によりますが、10万円以下で簡単な動画撮影を請け負うフリーランスも多いです。

フリーランスといっても、制作会社での勤務経験があるなど、実績が高い人物もいますので、クラウドソーシングサイト等で検索してみましょう。

実績の多いクライアントは、大体の目安をサイト上のプロフィールに掲載しているので、大体の費用感も分かりやすいです。

(6)複数社に見積もりを取って比較する

動画制作費用を抑えるための6つ目のコツは、複数社に見積もりを取って比較することです。動画制作の依頼先によって、かなりの価格差が出ます。

例えば広告代理店の場合は高額になりやすく、個人の場合は費用は抑えられるでしょう。ただし、動画の内容や質、広告効果などに応じて、適切な依頼先が違います。

まずは動画の内容に応じて、適切な依頼先を選び、複数社を選定して見積もり依頼を出しましょう。その中で実績が求めているものに近く、またコストが安い企業を選んでください。

(7)アニメーション動画にする

目的や動画のコンセプトによってはアニメーション動画でも良い場合があります。その場合は、コスト面からみてアニメーション動画にするべきでしょう。

アニメーション動画を作る場合、撮影に必要なコストは、ほとんどかからず、制作費を10万円に抑えることもできます。

しかし、制作会社によっては、絵柄や表現がイメージと異なる場合もあるため、実績に目を通してから依頼することをおすすめします。

最後に

今回は動画制作費用の相場についてまとめました。動画制作の費用は、ジャンルに応じて必要な金額がかなり違います。

自社でどんな動画を作りたいかによって、制作を依頼する会社を使い分けることも大切です。

動画制作の依頼先は広告代理店、制作会社、フリーランスの3つがあります。社内で使用する動画に広告代理店を使うのは勿体無いですが、反対にCM動画を制作会社に任せると、マーケティングは別注する必要があり、逆に費用がかかる可能性もあるでしょう。

まずは自社でどんな動画を作るかを検討し、それから依頼先を選んで下さい。企画の手間を省くほど、コストを低くでき、納得のいく動画を制作してもらえます。

この記事の内容を参考にし、費用相場にあっている動画制作会社を選んでください!


無料のご相談窓口はこちら!あなたに最適な業社選定致します
\最短1分!/今すぐ相談