ぴったり、を選ぼう。PITTALAB

coffee-2351436_1280 (1).png

アンラーニングとは?3つのメリットと研修にも活用できる2つの方法を解説

twitterでシェア
facebookでシェア
はてぶ
公開日: 2021.04.02
更新日: 2021.04.05

アンラーニングとは、これまで学んできたことや既存の知識や価値観を見直し、修正していく学習方法です。変化の激しい現代社会に求められる方法として注目されています。

本記事ではアンラーニングが求められる背景などを解説し、すぐにできる実践方法について詳しく紹介しましょう。

目次
目次

アンラーニングの意味とは?

アンラーニングは、変化の激しい社会に対応するために必要な学習方法として注目されています。その具体的な内容について見ていきましょう。

学び直しではなく「学びほぐし」

アンラーニングでは、これまでに得てきた知識や培った価値観を振り返って批判的な目を向け、不要なものは捨てていきます。そこに新しい価値観を取り入れるという学びを繰り返し、変化に対応できる柔軟な思考を養う方法です。

これまでの知識を捨てる学び直しではなく、古い価値観を認識して取捨選択していくという点で「学びほぐし」といえるでしょう

ビジネスシーンで必要な理由

アンラーニングは、ビジネスシーンで必要とされる手法です。今日のビジネスシーンは技術革新による変化が激しく、絶えず変わるシステムに対応していくスキルが求められています。社員は新しい知識の習得が求められ、予測できない変化にも柔軟に対応できる能力を必要とされているのです。

アンラーニングは、組織自体にも求められます。技術革新の時代に会社が生き残るためには、変化に強い組織づくりをしなければなりません。そのためには既存の経営戦略を見直し、新規事業の開拓や既存サービスの改良・改善などが必要とされるでしょう。

アンラーニングが求められる時代背景とは

アンラーニングが求められているのは、グローバル化が進み変化が激しい現代社会が背景にあります。これまでは一定のレベルに達することがゴールだった会社でも、それだけでは対応できなくなっているのが現状です。積み上げていた知識やスキルでは処理できないことが多くなり、変化に適応して生き残ることが求められています。

新しいものを取り入れるには、古い価値観はいったん捨てなければなりません。長年の価値観や積み重ねてきたスキルを手放すのは容易ではありませんが、それらは新しい学習を阻むものでしかないでしょう。捨てつつ学ぶというサイクルの繰り返しが、これからの社会で成長を続けるポイントといえます。

アンラーニングを行う3つのメリット

アンラーニングによって、具体的にどのようなメリットが得られるのか紹介します。

1.意識が変わる

アンラーニングでは既存の価値観や知識を捨てるため、意識が変わります。固定観念にとらわれず、変化に応じた柔軟な思考ができるようになるでしょう。変化を見極めながら知識やスキルを更新することは新たな発見をもたらし、成長を促進します。

ただ知識を身につけるだけの学習法では難しい、意識変革をもたらすのです。アンラーニングで成長を続けることは、新しいものを生み出す原動力になるでしょう。

2.業務を効率化できる

新しい価値観の習得により、思考は柔軟になり視野も広がります。普段の仕事も新たなアプローチで取り組むことができるようになるでしょう。業務への取り組み方が変わり、より効率的な方法の発見にもつながります。システムの変更で業務が変わっても、柔軟に対応できるようになるのが大きなメリットです。

3.変化に強い組織が作れる

アンラーニングは、組織にもメリットをもたらします。これまでの成功パターンに縛られず、絶えず改善していくことで変化に強い組織づくりができるでしょう。自由な発想で新しい分野に事業を拡大し、成長できる企業へと変わることも可能です。

アンラーニングを実践する2つの方法

アンラーニングは、日常のなかでも実践することができます。すぐに行える、2つの方法を紹介しましょう。

1.自分を振り返る

まず行いたいのは、自分の振り返りです。時代に合わないと思うもの、成長を妨げるものなどを取捨選択していきます。

取捨選択には、自己評価に対して他者がフィードバックを行うのもおすすめの方法です。他者から客観的に見た「良い点」「改善点」を指摘することで、効率的な取捨選択ができるでしょう。不要な価値観を手放したあとは、新しい価値観を積極的に取り入れていきます

2.交流の幅を広げる

振り返りに必要な自己評価は、一人で行なっていても正確に把握できない場合があります。慣れ親しんだ価値観は自分にとってどれも大切で、批判的な見直しができないかもしれません。

そのため、交流の幅を広げて異なる価値観の人と触れ合うことも大切です。他者の価値観と比較することで自分の価値観を客観的に観察し、捨てるべきものも見えてくるでしょう。この点で会社にできる具体的の取り組みとしては、研修やイベントなど、他部署と交流する機会を増やすという方法があります。

最後に

アンラーニングは、これからの時代に必要な方法です。意識的に振り返りと取捨選択、新しい価値観の習得を繰り返すことで、柔軟な思考が身につきます。社内研修などでも取り入れれば、変化に対応できる人材を育成できるでしょう。