ぴったり、を選ぼう。PITTALAB

声のトーン.png

声のトーンで営業の成果が変わる?ビジネスシーンで意識したい話し方

twitterでシェア
facebookでシェア
はてぶ
公開日: 2021.04.28
更新日: 2021.08.07

ビジネスで顧客や取引先に対応するとき、声のトーンが重要な役割を果たします。営業や電話での会話などで好印象を与えたい場合は、話し方に注意してみるとよいでしょう。

本記事では、シーン別に見る好印象な声のトーンについて説明し、トーンを変える方法について紹介します。

目次
目次

声のトーンとは?

声のトーンや話し方によって、相手に与える印象は変わります。トーンが変わることでどのような印象を与えるのか見ていきましょう。

音の高低や話すテンポ、音量のこと

声のトーンとは、話すときに発する声の高低や、テンポ、音量のことです。重要な会議の場では低めの声、友人と語り合うときは高めの声など、人は無意識にシーンごとの声を変えています。

声のトーンで印象が変わる

声のトーンによって人の印象は変わるため、その場に適した声のトーンにすることが必要です。高い声、低い声で相手にどのような印象を与えるのか紹介します。

高い声の場合

高い声は、一般的に明るいイメージです。高音で速いテンポで話す場合、若々しく元気な印象を与えるでしょう。高い声でスローテンポならば、優しく親しみやすい印象です。高い声は聞き取りやすいため、お店で商品の説明をするときや、プレゼンテーションをするときなどに向いています。

ただし、高さには加減が必要です。高すぎてしまうと騒々しく、耳障りになります。緊張しているとき、動揺しているときなどは必要以上に声が高くなりがちなため、注意しましょう。

低い声の場合

低い声は落ち着いた雰囲気があります。低い声で速い話し方は、仕事ができる印象を与えるでしょう。逆にゆっくりとした話し方は、相手に安心感を与えます。ただし、低い声は聞き取りにくいという欠点があります。

特に電話の場合、機械を通した低い声は不明瞭になりがちです。低い声の場合は意識して滑舌を良くして発音をしっかり行う必要があるでしょう。また、低すぎる声は元気がないように見え、相手にネガティブな印象を与えかねません。特に男性の場合は気をつけてください。

6つのシーンに見る好印象な声のトーン

ビジネスシーンごとに、良い印象を与える声のトーンは異なります。ここでは、6つのシーンに分けてどのようなトーンが良いのか紹介しましょう。

1.挨拶

初対面の印象は数秒で決まるとされており、最初に発する挨拶の声は第一印象を決めるために大切です。高めのトーンで発声し、明るく爽やかな印象を与えましょう。

一方、低い声の挨拶は、元気がなく頼りない印象です。相手に暗いイメージを与え「このまま取引を進めて大丈夫なのか」と、不安になってしまうかもしれません。

2.電話

電話は声だけで印象が決まるため、特に声のトーンが重要です。機械を通した声は低めに聞こえる傾向があり、意識して普段よりも高めのトーンで話す必要があります。

声質が低く高い声が出せない場合、顔の表情を変えてみましょう。口角を上げて笑顔になると、上顎の奥にある軟口蓋(なんこうがい)という部分が引き上げられ、自然に声のトーンが高くなります。

3.アポ取り

電話でアポイントメントを取るときは、相手に信頼感を与えることが大切です。そのためには、やや高めの明るいトーンで、聞き取りやすく話しましょう。ゆっくりメリハリをつけて話すことがポイントです。

話し方に抑揚がないと、いかにも感情のこもらないセールストークという印象を与えてしまいます。アピールしたい部分を強調するなど、抑揚のきいた話し方を心がけてください。話の内容や感情が相手に伝わりやすくなります。

4.営業トーク

営業トークでも声のトーンは重要です。話し方次第で、売上にも大きな影響があります。アポ取りと同じく、やや高めのトーンで明るい印象を与えましょう。また、話す場所や顧客の様子に合わせ、トーンを変えることも大切です。狭い部屋で高い声のトーンでは、相手に威圧感を与える可能性もあります。

話すときは抑揚もつけましょう。商品やサービスをアピールしたいところは、トーンを落としてゆっくり話してみてください。必要なことがしっかりと伝えられます。

5.会議

会議での発言は緊張しやすく、声は低くなりがちです。自分の意見に自信のある態度を見せるためには、よく通る声で話す必要があります。トーンはやや低めにするとよいでしょう。落ち着いた印象を与えます。

6.プレゼンテーション

プレゼンテーションは、説得力のある話し方が必要です。全体に声が届くよう、いつもよりも声のトーンを上げなければなりません。また、プレゼンテーションに慣れていないときは緊張して早口になることが多いため、意識してゆっくりと話すように努めましょう。

声のトーンを変える2つの方法

ビジネスシーンでは状況に応じて声のトーンを変えることが大切ですが、上手にトーンを変えるにはコツがあります。トーンを上げる場合と下げる場合、それぞれについて紹介しましょう。

1.声のトーンを上げる

声のトーンを上げる場合は、次の2点を意識してみましょう。

「ファ」「ソ」の音階を意識する

「ドレミファソラシド」と発声したとき、ちょうどいい声の高さは、「ファ」か「ソ」の音階です。そのため、声のトーンを上げたいときは「ファ」か「ソ」の音階を意識してみましょう。自然に高めのトーンが出せます。

声を出す前に「ドレミファソ」と口ずさみ、「ファ」「ソ」の部分で声を出してみてください。声のトーンが上がり、明るい話し方ができます。

腹式で発声する

発声するときはお腹から声を出すことを意識してみてください。お腹に力がこもらないと、声がこもって聞き取りづらくなります。話す直前に息を吐き切り、息を止めましょう。

背筋は伸ばした状態にして、体の力を抜くことがポイントです。その状態で息を吸うと、お腹に空気が入りやすくなります。腹式の発声ができるようになり、よく通る高めの声が出るでしょう。

口を大きく開くことも大切です。よく開かないで話すと、声がこもりやすくなります。口角を上げながらしっかり開いて発声すると、クリアな声が出るはずです。

2.声のトーンを下げる

トーンを下げるときは、声が聞き取りづらくならないようにしなければなりません。次の2点を意識してみてください。

喉を開いて発声する

声のトーンを下げたいときは、喉を開くことを意識してみましょう。喉の奥に声がよく響くようになり、自然とトーンが下がります。あくびをするときをイメージしてみてください。そのままため息を吐くように発声すると、低く通った声が出せます。

お腹から声を出す

声のトーンを下げるときも、お腹を意識することが大切です。低い声は聞き取りづらくなる傾向があるため、お腹からよく通る声を出す必要があります。腹式呼吸をしながら発声すれば、聞き取りやすい落ち着いた話し方ができるでしょう。腹式呼吸は、日頃から意識して行うのがおすすめです。

お腹いっぱい息を吸い込んで喉を開き、口を閉じたまま「ん、ん」と低い声で繰り返し発声します。息がなくなるまで行いましょう。これを繰り返すと腹式呼吸が身につきます。声を出すときは息を吸ってお腹をふくらませ、お腹がへこむのを意識するように発声してみてください。

最後に

顧客や取引先と対応する仕事では、声のトーンを意識しなければなりません。相手に好印象を与える声の高さを覚えておいてください。好印象な声のトーンはビジネスシーンごとに異なります。自社の仕事ではどのような声のトーンが好ましいか考え、変えていくようにしましょう。