ぴったり、を選ぼう。PITTALAB

ライティング とは サイズ変更.png

ライティングとは?WEBライティングの基礎知識とSEOを紹介

twitterでシェア
facebookでシェア
はてぶ
公開日: 2021.05.24
更新日: 2021.05.27

ライティングとは、文字通り文章を書くことを意味しますが、昨今では主にWebライティングの意味で使われます。また、WEBメディアからの集客や発信の重要度が増してきたため、ライターには高いライティングスキルが求められます。

そこで今回は、ライティングの基本から、Webライティングの仕事内容とSEOに関する知識まで、詳しく解説しましょう。

目次
目次

ライティングとは

まずはライティングとはどういったものか、基礎的な部分から解説します。

ライティングとは文章を書くこと

ライティングの意味は、直訳すると文章を書くことです。最近では会社が独自にメディアを運用することも増えたため、WEBライティングとしての意味合いで使われることが増えました。

WEBライティングで求められるのは、役に立つ情報の発信や商品やサービスの成約に結びつくような、ユーザーニーズにあった文章を書く力です。

WEBライティングの主な6つの種類

WEBライティングには大きく分けて6つの種類があります。

  • コラム
  • 情報発信
  • まとめ
  • 商品紹介
  • ランキング
  • 比較

それぞれ詳しく解説していきます。

コラム

コラムは、日本語で短い評論などと訳されます。WEBライティングでのコラムは筆者の体験やユーモアを交えて書かれていることが多く、高いライティング技術が求められます。

情報発信

情報発信をする記事は、正確な情報を伝えるための記事のこと。厳密に言えば他の記事も情報発信の要素を持っていますが、何かに関する注意喚起だったりお得な情報を発信したりする記事がこれに当てはまります。

まとめ

まとめ記事とは、すでに起こった物事を整理してまとめて伝える記事のことです。もしくは、あるものに関して網羅的な情報が欲しい場合に、様々な角度から情報をまとめたものを発信しているメディアをさすことも。他にも掲示板など様々な媒体から、ポイントとなる書き込みをピックアップしてまとめる記事もこちらに該当します。 

商品紹介

商品紹介はその名の通り、ある商品を紹介する記事です。商品の写真を掲載しながら、実際に使った様子を自分の言葉でまとめることで、信憑性のある記事が完成します。

ランキング

ランキング記事は、個人や企業が何かに関するランキングを作成し、解説をしながら紹介する記事です。「20代の男性にプレゼントするのにおすすめな〇〇ランキング」など読者層を細かく設定するなど、より関心度の高いユーザーを集めるテクニックが必要となります。

比較

比較記事は、ある商品やサービスを比較することで、どう違いがあるのかを読者に解説する記事です。情報を調べるのを面倒に感じる読者は、比較記事を読むことで自分に必要なサービスや商品を把握できる利点があります。

WEBライティングの仕事内容について

ここからは、WEBライティングの仕事内容に関してより詳しく解説していきます。

ユーザーの目に止まるタイトル作成

WEBライティングの仕事の1つが、記事のタイトルの作成です。検索で表示されてクリックされるには、タイトルが魅力的かつ、ユーザーのニーズを的確に捉えている必要があります。

タイトルは、なるべく32文字以内がベストとされています。これは、検索結果のページで32文字程度までしか表示されないためです。

記事の骨子となる構成作成

WEBライティングの仕事として、構成作成は重要な仕事です。良い構成が作れているかどうかで、記事の質が決まるためです。

記事の方向性は構成によって、大きく左右されます。ユーザーニーズに合致した見出しを作成できれば、読者は心地よく記事を読み進められるでしょう。読者にとって必要な情報が得られることが分かる構成を作成するのが重要です。

本文のライティング

本文のライティングにおいて重要なことは、読者に合わせた表現を使うことです。例えば、10代の女性向けの記事に漢字だらけの論文のような文章では、内容が伝わりにくく離脱されることでしょう。

また、WEBライティングにはPREP法が有効と言われています。PREP法は、以下の頭文字を取ったものです。

  • Point(結論)
  • Reason(理由)
  • Example(具体例)
  • Point(結論)

結論→理由→具体例→結論の順にまとめることで読みやすい文章が完成します。最も必要な情報である結論が最初に来ているため、読者は答えがわからないまま読み進める必要がなくなります。読者のストレスが減るため文章を最後まで読んでもらいやすくなるでしょう。

特にWEBの文章は流し読みされやすく、最も重要な結論を文の頭に持ってくることが重要とされています。

WEBライティングに欠かせないSEOについて

最後に、WEBライティングを行う上で重要な、SEOに関して解説をします。SEOを理解してライティングを行うかどうかで、読んでもらえる回数も変わってきます。

SEOとは検索エンジン最適化のこと

SEOとは、Search Engine Optimizationを略したもので、日本語訳すると検索エンジン最適化です。正しいSEO対策を行うことで検索エンジンで上位に表示されるようになり、PV、CVの増加に繋がります。

Googleが目指すのは優良コンテンツの上位表示

SEO対策を行い、上位に表示されるためにはGoogleに優良コンテンツだと認められなければなりません。これは、Googleがユーザーの利便性を最優先にしていると定義しているためです。

優良コンテンツとは、そのキーワードで検索したユーザーが持つ悩みを解決できるかどうかです。そのため、WEBライティングを行う場合は、読者の目線になってどんな情報を求めているかを考えることが重要です。

正しい情報をユーザーへ届けることが重要

WEBライティングをする上で、大前提となるのが正しい情報をまとめることです。間違った情報をメディアに掲載してしまうと信頼を失い、読者離れに繋がります。ユーザーの気を引くために信憑性の薄い情報をまとめたり、嘘の情報を拡散したりするようなライティングはしないようにしましょう。

最後に

今回は、WEBライティングに関する基礎的な知識と、SEOに関して解説をしました。ライティングの技術が身につけば、メディアのファンが増えて、売上の増加や情報発信に役立ちます。

ぜひライティングの技術を磨いて、記事の執筆に役立ててください。