ぴったり、を選ぼう。PITTALAB

23772354_m.jpg

PR動画とは?PR動画を作る5つのメリットや作り方を解説!

twitterでシェア
facebookでシェア
はてぶ
公開日: 2022.04.23
更新日: 2022.04.26

「PR動画を作ることでどのような効果が期待できるのか?」
「PR動画はどうやって作るのか?作るときに何に気を付ければいいのか?」

PR動画を見ることは多いかもしれませんが、実際に自分で活用するとなると何から始めたらいいのか分からないですよね。

一見すると難しそうな気がするかもしれませんが、実は決められた段取りを踏めば誰でも作ることができます。

そこで、本記事ではPR動画が流行っている理由やPV動画を作るメリット・デメリット、作り方、作るときのコツについてご紹介します。

この記事を読めば、PRの作り方に必要な知識を網羅することができるでしょう!

目次
目次

PR動画とは

PR動画とは

まずはじめに、そもそもPR動画とは何なのか知らない方向けに、PR動画の大まかなご説明をします。

PR動画とはプロモーションビデオの略語で、企業や地方自治体が商品やサービスの認知度を広めたり、ブランディングしたりするために使われる動画です。

一番の特徴は、商品やサービスの魅力を伝える内容になっている点で、PR動画を見るだけでピックアップされている商品やサービスについて詳しく知ることができます。

ちなみに、動画の内容は目的に応じて変わるのが一般的で、商品の購買意欲を高める動画や記憶に残るようなインパクトの強い動画などさまざまです。

また、ナレーションや字幕がついてエフェクトがかかっているかっこいい動画やキャラクターがメインになっている可愛らしい動画など、種類は豊富にあります。

PR動画を活用している企業は増加傾向にあるため、販売戦略などでPR動画の導入を検討してみましょう。

PR動画が流行っている理由

PR動画が流行っている理由

現在、多くの企業がPR動画を活用していますが、ここではなぜPR動画が流行しているかについてご説明します。

主な理由は2つです。

  1. 動画マーケティングのハードルが低くなっている
  2. 動画に触れる機会が多くなっている

一昔とは環境が変わっているので、これからはPR動画を活用して流行に乗りましょう。

動画マーケティングのハードルが低くなっている

動画マーケティングのハードルが低くなっている点が理由の1つです。

近年は、動画配信プラットフォームが充実しており、YouTubeやSNSでは無料で動画をアップできます。

動画さえ用意すれば、コストをかけずにマーケティングに力を入れられることが、多くの企業が参入しやすい環境になっているのでしょう。

動画に触れる機会が多くなっている

消費者が動画に触れる機会が多くなっている状況もPR動画の流行に繋がっています。

従来はテレビなどメディア側が提供したい情報を一方的に伝えるのが主流でしたが、現在は消費者が自ら動画コンテンツを選び、好きなように楽しむ時代です。

見知らぬ動画を見ることに抵抗がなくなり、スマホやタブレットの普及によって、多くの消費者が動画を見る機会が格段に増えています。

そのため、PR動画の効果が大いに期待できるようになったといえるでしょう。

PR動画を作る5つのメリット

PR動画を作る5つのメリット

PR動画を作るメリットについて具体的にご紹介します。

特に大きなメリットは以下の5つです。

  1. 一度に伝えられる情報量が多い
  2. 分かりやすく魅力を伝えられる
  3. 場所を選ばず宣伝できる
  4. 効率的に宣伝できる
  5. 低コストで宣伝効果が期待できる

それぞれ順に説明するので、どのようなメリットがあるのかチェックして、PR動画の活用を検討してみてください。

一度に伝えられる情報量が多い

動画は一度に伝えられる情報量が多いのが特徴です。

数分間の間に消費者に必要な情報や企業などが提供したい情報をまとめて伝えられる点が大きな魅力といえます。

写真であれば表面的な情報しか伝えられませんが、動画であれば立体的に伝えることが可能です。

たとえば、自動車のPR動画の場合、ボディの凹凸や色合いなど気になる点まで詳細に情報を示すことができます。

また、ナレーションを入れれば、目だけでなく耳からも情報を伝えられるため、1つの動画にたくさんの情報を盛り込める点は、宣伝効果を高めるのに役立つでしょう。

分かりやすく魅力を伝えられる

商品やサービスの魅力を分かりやすく伝えられる点もメリットです。

動画を見るだけで、閲覧者は目や耳を通して必要な情報を自動的に得られるため、メッセージ性のある動画さえ作れば、商品やサービスの魅力を効果的に見せることができます。

消費者が画像や文章から情報を得ようとすると、自ら必要な情報を探し読み取る必要がありますが、動画の場合は消費者の労力はほとんどありません。

動画制作側が提供したい情報をダイレクトに伝えられるので、消費者が必要な情報を得られやすくなり、購買意欲の向上が期待できるでしょう。

場所を選ばず宣伝できる

PR動画はスマホやタブレットで閲覧できるため、場所を選ばずに宣伝できます。

企業のホームページやSNSにPR動画さえ設置しておけば、365日24時間休まず消費者に情報を提供することが可能です。

消費者はわざわざ店舗に足を運ぶことなく必要な情報を手に入れられるので、顧客満足度向上にも繋がります。

YouTubeなどの動画配信プラットフォームを活用すれば、海外の消費者にも情報を発信できる点も魅力的です。

効率的に宣伝できる

PR動画をSNSに投稿することで、効率的に宣伝することが可能です。

企業のSNSコミュニティに所属する消費者が自らPR動画を拡散してくれるため、企業が大きなアクションを起こすことなく、世界中に情報を浸透させることができます。

企業側が行うことは、PR動画を作成し、インターネット上にアップしたあと、SNSで周知するだけです。

この一連の作業を行うだけで効率的に情報を拡散できるので、PR動画と並行してSNSアカウントの運営も行っておきましょう。

低コストで宣伝効果が期待できる

低コストで宣伝効果が期待できることも大きなメリットといえます。

動画制作にはある程度の費用は発生しますが、動画さえ作成すれば、ほとんどコストがかからずに宣伝活動が可能です。

先ほど述べたように、動画配信プラットフォームやSNSは無料で利用できます。

また、動画制作を自社で行えば、制作にかかる機材や人件費のみの費用で済むので、なるべく広告費に予算を抑えたい方は、動画制作の自作を検討してみましょう。

PR動画を作る2つのデメリット

PR動画を作る2つのデメリット

PR動画を作る場合のデメリットにも触れておきます。

考えられるデメリットは以下の2つです。

  1. 動画制作に手間がかかる
  2. 動画を作ったからといって効果が得られるとは限らない

PR動画を作るに越したことはありませんが、これらのデメリットがあることは頭に入れておきましょう。

動画制作に手間がかかる

動画制作には手間がかかります。

コンセプト決めやスケジューリング、動画撮影、編集などさまざまな作業を行わなければなりません。

特に編集は専門的な知識が必要で、未経験者が作業を行う場合は、かなりの時間が必要になるでしょう。

もし自作にこだわらず、動画制作にかかる手間を削減したい方は、動画制作会社にPR動画の制作を委託するのも選択肢の1つです。

委託料はかかりますが、クオリティの高いPR動画を作ってもらえるので、時間や人手に余裕がない方は外注を検討してみてください。

動画を作ったからといって効果が得られるとは限らない

PR動画を作ったからといって、必ずしも効果が得られるとは限りません。

いくらクオリティの高い動画を作成しても、見てくれる人がいなければほとんど効果は期待できないでしょう。

多くの人に見てもらえるように、戦略的にマーケティングすることが重要です。

継続してSNSで情報発信をしたり、ホームページへの流入数を増やすために広告を活用したりして、コツコツと活動を行う必要があります。

動画マーケティングに失敗すれば、PR動画制作にかかったコストは無駄に終わる可能性が高いです。

動画を作って満足するのではなく、しっかり戦略を立てて、長期的なスパンでマーケティングを行いましょう。

PR動画の作り方

PR動画の作り方

PR動画の作り方についてご紹介します。

主な流れは以下のとおりです。

  1. テーマや目的を決める
  2. 動画構成を考える
  3. 動画を撮影する
  4. 動画を編集する

自社でPR動画を作る場合は、参考にしてみてください。

テーマや目的を決める

最初は、テーマや目的を決めましょう。

目的によって動画の内容が変わってきます。

商品やサービスを売り込みたい場合もあれば、とにかく認知を広めたい場合などさまざまです。

何のために動画を作成するのか考えてみましょう。

動画構成を考える

テーマや目的を決めたら、動画の構成を考えます。

撮影がスムーズに進むように、動画の時間や演出、台詞などを決めなければなりません。

たとえば、以下のような項目を決めて、動画撮影の計画を立てましょう。

  • 動画時間
  • 撮影場所
  • 動画のストーリー
  • キャスティング
  • 台詞
  • 必要な道具

動画を撮影する

動画構成に従って撮影を始めていきます。

何度かリハーサルを行い、満足のいくクオリティに仕上がったら、本番の撮影をしましょう。

ちなみに、安定した動画になるように三脚など機材を使って撮影することをおすすめします。

編集の幅を広げるために、いくつかのパターンを撮影しておきましょう。

動画を編集する

動画撮影が終了したら、最後に編集をしてクオリティを高めていきます。

動画編集ソフトを使えば、トリミングやカット、テロップ付けなどが可能です。

初心者でも使いやすいものもあれば、プロのように本格的な編集ができるものなどたくさんの種類があります。

その中でも特におすすめの動画編集ソフトは、「PowerDirector 365」です。

初心者でも簡単に使えるように直感的な操作性になっています。

音声やエフェクトも追加できるので、テーマに沿った動画に仕上げましょう!

PR動画を作るコツ

PR動画を作るコツ

PR動画を作るコツについてご紹介します。

特に気をつけるべきポイントは以下の3つです。

  1. PR動画制作の目的を明確にする
  2. ターゲットに寄り添った内容にする
  3. 伝えるメッセージを1つに絞る

それぞれご説明するので、PR動画を作るときの参考にしてみてください。

PR動画制作の目的を明確にする

PR動画制作の目的を明確にすることは重要です。

目的を明らかにすることで、目標が可視化できるようになります。

商品の購入や資料請求、来店客の増加などさまざまな目的があるはずなので、最終的に目標が達成できるように、訴求効果を意識しましょう。

ターゲットに寄り添った内容にする

ターゲットに寄り添った内容にすることも意識する必要があります。

閲覧者がどのような悩みを抱えているかイメージして、その悩みを解消できる内容にしなければ、訴求効果が期待できません。

閲覧者が自分とは無関係の動画であると悟られると、離脱される可能性が高いです。

動画離脱率を抑えるために、最初に問題提起をして閲覧者に動画を見る価値があると思ってもらえる内容にしましょう。

伝えるメッセージを1つに絞る

動画で伝えたいメッセージは1つに絞りましょう。

たくさんの情報を伝えられるのがPR動画の特徴ですが、最終的に伝えたいメッセージにブレが生じると、何を言いたい動画なのか分からなくなってしまいます。

ターゲットを明確にし、1つの悩みに対して1つの回答を提示するように心掛けましょう。

PR動画作成を外注する場合の費用相場

PR動画作成を外注する場合の費用相場

最後に、PR動画制作を外注する場合の費用相場についてご紹介します。

今回は、以下の3つのPR動画の費用についてまとめました。

  1. 簡易的な企業PR動画
  2. インタビューや商品紹介PR動画
  3. 特殊機材や3DCG技術を使ったPR動画

該当する動画の費用をチェックして、外注するか検討してみてください。

簡易的な企業PR動画

簡易的な企業PR動画であれば、一般的には20万円~35万円前後で依頼できます。

1日で撮影が可能で、1~2人のスタッフで編集ができる内容であれば、相場は低めです。

高度な編集技術が必要なく簡単に作れるため、動画制作の予算を抑えたい方は、必要な情報を押さえつつ、シンプルな動画にしましょう。

インタビューや商品紹介PR動画

インタビューや商品紹介PR動画は、撮影や編集に一手間かかるので、40万円~80万円前後が一般的です。

特に複数日にまたがって撮影を行う場合は、費用が高くなります。

撮影場所や人員の確保が必要で、情報量の増加からカット割も多くなるため、少なくとも40万円程度は想定しておきましょう。

特殊機材や3DCG技術を使ったPR動画

特殊機材や3DCG技術を使った動画にする場合は、60万円~100万円はかかります。

ドローンや撮影用クレーン、セグウェイなどの機材を使ったり、3DCGを取り入れたりすれば高くなりがちです。

また、動画の尺や内容によっては制作費100万円を超えることがあるため、ある程度予算に余裕がある方は、特殊技術が使われた動画制作を検討してみてください。

最後に

最後に

PR動画は、マーケティングにおいて今最も熱い宣伝ツールです。

商品やサービスの魅力を最大限に伝えて、消費者の悩みに訴えかけることができます。

PR動画の宣伝効果を高めるためには、動画の目的を明確にし、ターゲットを絞ることが重要です。

独自にPR動画を作成する場合は、今回紹介した作り方とコツを参考に、納得のいく動画を作りこみましょう。

もし動画制作に手間を割けられない方は、動画制作会社に委託することも検討してみてください。


無料のご相談窓口はこちら!あなたに最適な業社選定致します
\最短1分!/今すぐ相談