ぴったり、を選ぼう。PITTALAB

動画制作をフリーランスに依頼するメリット.png

動画制作をフリーランスに依頼するメリットを解説!注意点や選び方も紹介

twitterでシェア
facebookでシェア
はてぶ
公開日: 2022.04.26
更新日: 2022.06.16

「フリーランスに動画制作を依頼するメリットは?」

「動画制作をフリーランスか動画制作会社に依頼するか迷っている」

動画制作の依頼を検討している方の中には、このような疑問を持っている方も多いでしょう。フリーランスの動画制作者とは、会社に属さず個人で活動をしている人のことです。この記事では、フリーランスに動画制作を依頼するメリットについて詳しく解説します。動画制作をフリーランスに依頼する際の選び方や注意点についても紹介するので、動画制作をどこに依頼するか迷っている方に必見の内容です。

目次
目次

フリーランスの動画編集者とは

フリーランスの動画編集者とは、どのようなものなのか解説します。動画制作を依頼する際に、動画制作会社かフリーランスに依頼するかで迷う方も多いでしょう。フリーランスの動画編集者とは、会社に属さず個人で仕事を受注している人のことです。

フリーランスの動画編集者には、下記のような特徴があります。

  • 対応できる仕事内容が個人によって異なる
  • 人によって専門分野が異なる

それぞれ具体的に紹介します。

対応できる仕事内容は個人によって異なる

フリーランスの動画編集者が対応できる仕事内容は、個人によって異なります。

動画制作には下記のようなさまざまな工程があります。

  • 撮影
  • 映像編集
  • テロップ挿入
  • シナリオ作成
  • ナレーションなどの音入れ

動画制作会社では、一連の工程を全て担当していることがほとんどです。しかし、フリーランスの動画編集者は、作業の一部に特化している方も多くいます例えば、動画編集だけを行う・シナリオの作成だけを担当しているなどです。

人によって専門分野が異なる

フリーランスの動画編集者は、人によって専門分野が異なります。例えば、求人動画・商品紹介動画・YouTube動画・結婚式のサプライズムービーなどがあります。フリーランスの動画編集者は個人で活動しているので、どうしても得意不得意があるのは仕方がないのです。

動画制作をフリーランスに依頼する際の料金相場

動画制作をフリーランスに依頼する場合の料金相場は、5〜15万円です。フリーランスであれば基本的に1人で撮影や編集を行うので人件費が抑えられるため、動画制作会社に依頼するよりも安く依頼できます。編集だけ・テロップ挿入だけといった動画制作の一部の工程だけを依頼すると、より費用が抑えられます。

動画制作をフリーランスに依頼するメリット

動画制作をフリーランスに依頼するメリットには、下記のようなものがあります。

  • 費用が抑えられる
  • コミュニケーションがスムーズに取れる
  • 柔軟な対応ができる
  • 依頼したい作業だけ頼める

それぞれのメリットについて詳しく解説します。

費用が抑えられる

動画制作をフリーランスに依頼すると、費用が抑えられるというメリットがあります。フリーランスは基本的に、撮影から編集・納品まで全ての工程を一人で対応するため、動画制作会社に比べて人件費が抑えられるからです。また、動画制作の一部の工程だけの依頼もできるので、さらに費用が安く抑えられます。

コミュニケーションがスムーズに取れる

コミュニケーションがスムーズに取れるのも、フリーランスに依頼するメリットです。動画制作会社では多くの人が携わっているので、要望や修正を伝えても対応までに時間がかかることがあります。フリーランスであれば基本的に1人で作業を行っているので、スムーズなやりとりが可能です。修正や要望に対しても、スピード感のある対応が期待できます。

柔軟な対応ができる

納期や修正などの柔軟な対応ができるのも、フリーランスに依頼するメリットです。動画制作会社の場合は、ある程度スケジュール通りに動くので変更は難しいでしょう。また、無料でできる修正回数が決まっていることも多いので、場合によっては追加料金がかかる可能性もあります。その点フリーランスであれば、ある程度柔軟に対応してくれます。

依頼したい作業だけ頼める

フリーランスに動画制作を依頼するメリットとして、依頼したい作業だけを頼める点が挙げられます。動画編集・テロップ挿入・音入れといった必要な作業だけを依頼できるので、費用が抑えられます。例えば、映像は自分で撮影するので編集だけして欲しい・編集とテロップ挿入だけお願いしたいといった依頼ができるのです。

動画制作をフリーランスに依頼するデメリット

動画制作をフリーランスに依頼する場合、下記のようなデメリットがあります。

  • 信用面においてリスクがある
  • クオリティーに差が出る

それぞれのデメリットについて詳しく解説します。

信用面においてリスクがある

フリーランスは個人で活動しているので、体調不良やけがなどによって納期が遅れたり、納品できないなどのトラブルが起こる可能性があります。また廃業のリスクも高いので、後日修正や追加をお願いできないかもしれません。特にクラウドソーシングを利用して動画制作を依頼した場合、途中で突然連絡が途絶えてしまう可能性もあります。このように信用面でリスクがあるのが、フリーランスに動画制作を依頼するデメリットです。信用できるフリーランスに依頼するためには、過去の取引実績などを確認してから依頼しましょう。

クオリティーに差が出る

フリーランスに動画制作を依頼するデメリットとして、頼む相手によってクオリティーに差が出てしまう点です。クオリティーは個人の能力次第なので価格で判断しづらく、質のよくない動画ができあがってしまう可能性があります。実績作りのために安価で依頼を受けているフリーランスもいるので、注意が必要です。フリーランスに動画制作を依頼する場合は、過去の制作物を見て実力を判断してから依頼しましょう。

動画制作を依頼するフリーランスを探す方法

フリーランスに動画制作を依頼する方法は下記の2種類あります。

  1. クラウドソーシングで探す
  2. SNSで探す

それぞれの探し方について詳しく解説します。

クラウドソーシングで探す

フリーランスの動画制作者を探すのに利用しやすいのが、クラウドソーシングです。クラウドソーシングには多数のフリーランス動画製作者が登録されていて、プロフィールをチェックして作りたい動画に合う人が見つけられます一方で、依頼するフリーランスによって、クオリティーやスキルに差が出やすいデメリットがあります。過去の取引実績や相手からへの評価をチェックしてから依頼するとよいでしょう。

SNSで探す

2つ目は、SNSで探す方法です。フリーランスの動画制作者は、TwitterやFacebookといったSNSで仕事を募集していることがあります。過去の実績を発信しているフリーランスもいるので、クラウドソーシングに比べて質の高い動画制作が依頼できる可能性が高いです。

動画制作会社かフリーランスかを選ぶポイント

動画制作を動画制作会社に依頼するか、フリーランスに依頼するか悩む方も多いでしょう。ここでは、選ぶ際のポイントを下記の3つ紹介します。

  1. 動画の制作目的で選ぶ
  2. 依頼する内容で選ぶ
  3. マーケティング目的の有無で選ぶ

それぞれの選ぶ際のポイント方を詳しく解説します。

動画の制作目的で選ぶ

選び方の1つ目は、動画の制作目的で選ぶ方法です。動画制作の目的には下記のようなものがあります。

  • 商品紹介動画の制作
  • 求人用の会社紹介動画
  • 企業のブランド価値を高めるための動画制作

まずは、依頼する前に動画制作の目的を明確にしましょう。動画を制作してどのような効果を得たいかで依頼する先が異なります。ブランディングやマーケティング視点を入れたいのであれば、豊富な知識や経験がある動画制作会社に依頼するのがおすすめです。一方で結婚式のサプライズムービーやYouTubeのオープニングムービーなどのように、演出を重視したいのであれば、比較的費用が安いフリーランスに依頼するとよいでしょう。

依頼する内容で選ぶ

選び方の2つ目のポイントは、依頼する内容で選ぶことです。動画制作には企画・シナリオ作成・絵コンテ作成・撮影・編集・音入れといったさまざまな工程があります。企画から撮影・編集まで一貫して依頼したいのであれば、動画制作会社に依頼するのがおすすめです。編集だけ・テロップ挿入だけといったように一部の作業だけ依頼したい場合は、フリーランスの動画制作者に依頼するとよいでしょう。動画制作会社では基本的に全ての工程を担当しますが、フリーランスの場合は必要な工程だけ依頼できるので費用が抑えられます。動画制作会社に企画や撮影を依頼して、フリーランスに編集を頼むといったやり方で費用を安くする方法もあります。

マーケティング目的の有無で選ぶ

動画制作にマーケティング視点を入れたいかどうかも、依頼先を選ぶ方法の一つです。売上アップのための動画を作りたい・採用活動のための動画を作りたいなどの目的の場合、マーケティング視点が入っていることが重要です。ただ動画を作っただけでは、目的とする効果が得られません。ターゲットや配信場所・配信期間などの、制作後の運用についても考える必要があります。目的によっては動画を制作することと、ターゲットに届けることを考えないといけないので、その場合は経験豊富で知識を持っている動画制作会社に依頼するのがおすすめです。特にマーケティング視点が不要で、動画制作だけ依頼したい場合はフリーランスの動画制作者に依頼するとよいでしょう。

動画制作をフリーランスに依頼する際の注意点

動画制作をフリーランスに依頼する際には、下記にような注意点があります。

  • 過去の制作物や取引実績を確認する
  • 相性が合う人を選ぶ
  • 複数人に依頼する

それぞれの注意点について詳しく解説します。

過去の制作物や取引実績を確認する

フリーランスに動画制作を依頼する場合は、必ず過去の制作物や取引実績を確認しましょう。過去の制作物を確認することで、自分が作りたい動画のイメージに合う担当者を見つけやすくなります。また、取引実績を確認することで実績が豊富にあるのか、依頼者からどのような評価を受けているのかをチェックできます。取引実績を見ておくことで、信頼性の低い動画制作者に依頼してトラブルになるのを防げるからです。

相性が合う人を選ぶ

フリーランスの動画制作者を選ぶ際には、自分と相性が合う相手を選ぶことも重要です。例え実績が豊富でスキルが高くても、相性が合わなければスムーズに制作が進まずストレスになってしまいます。費用や実績・スキルを確認するのも重要ですが、最終的には人柄で選ぶとよいでしょう。

複数人に依頼する

フリーランスの動画制作者に依頼する際には、一人だけではなく複数人に頼むのがおすすめです。動画制作会社に依頼する際も同じですが、相手によって費用やクオリティー・制作できる動画の種類が異なるからです。比較せずに一人に決めてしまうと、イメージと違う動画ができあがってしまうといったトラブルの可能性があります。必ず複数人に依頼してクオリティーや費用を比較したうえで、自分が作りたい動画イメージに近い担当者を選びましょう。

最後に

ここまでフリーランスの動画制作者について解説してきましたが、いかがでしたか?フリーランスに動画制作を依頼する場合、費用が安い・柔軟な対応ができるといったメリットがある一方で、クオリティーに差が出るなどのデメリットもあります。クオリティーが保証されていて、マーケティング視点が入った動画を制作したいのであれば、動画制作会社に依頼するのがおすすめです。


無料のご相談窓口はこちら!あなたに最適な業社選定致します
\最短1分!/今すぐ相談