ぴったり、を選ぼう。PITTALAB

サムネイル.jpg

LP制作(ランディングページ)の相場は?会社選びのコツや依頼事例も紹介

twitterでシェア
facebookでシェア
はてぶ
公開日: 2022.05.10
更新日: 2022.05.11

「LP制作を依頼したいが、どの程度の費用がかかるのかわからない」

「LP制作を依頼する場合の会社選びのコツや依頼事例を知りたい」

という方は多いのではないでしょうか。

本記事では、LP制作会社へ依頼した場合の費用相場や相場が決まる条件、注意すべきポイントなどについて解説します。また、基本的なLPに関する知識や依頼事例についても紹介していますので、LP制作を検討している方はぜひ最後までお読みください。

目次
目次

1.相場を見る前に確認しておきたい「LP制作(ランディングページ)」とは?

そもそも「LP制作ってなんなの?」と感じている方もいることでしょう。ここでは、LP制作の概要や特徴、メリットについて紹介します。

(1)LP制作の概要・特徴

LPとはランディングページの略であり、Web上で広告をクリックした際に表示されるページのことを指します。公式サイトやブログ記事などは、ユーザーが検索して表示されたサイトに訪れるケースがほとんどです。公式サイトやブログ記事を制作する目的として、製品やサービスの購入だけでなく、製品やサービスの特徴、さらに製品やサービスの存在自体を知ってもらうことが目的になっている場合が多くあります。LPは公式サイトやブログ記事とは異なり、広告に興味を持ったユーザーに対して、自社の製品やサービスを購入・利用してもらうことを目的としているのが特徴です。すなわち、製品やサービスを購入・利用してもらうことが1番の目的であるため、売り上げに直結する非常に重要なページであるといえます。

(2)LP制作のメリット

では、LP制作にはどのようなメリットがあるのでしょうか。

1番のメリットとして、ユーザーを1つの行動に誘導しやすいことが挙げられます。ホームページや公式サイトには多種多様な内容が書いてあるため、ユーザーはさまざまなページが気になり自由に飛んでしまいます。

しかし、LPは多くの場合1ページしか制作しないため、他のページに遷移する可能性がないことから離脱される可能性がかなり低くなると考えられるでしょう。さらに、購入・利用してもらうことを第一に考えたライティングやデザインを制作するため、通常よりもユーザーが購入・利用してくれる可能性が高まります。そのため、効果的なLPを制作することで、今までよりも大きく売り上げを伸ばすことが可能になります。

2.LP制作の費用相場を一覧で紹介

ここでは、LP制作の費用相場を紹介します。安くて10万円以下で作れるLP制作会社もあれば、作るのに50万円以上かかるLP制作会社もあります。それぞれの費用で制作できるLPの特徴を理解しましょう。

(1)10万円以下のLP制作の特徴

10万円以下のLP制作の特徴は、請け負う会社の大半がフリーランスであることです。品質には特にこだわりがなく、とにかく安く抑えたい場合に依頼する人が多いでしょう。作業してもらえる範囲としてはLP自体の作成のみで、販売戦略の選定、サイトの基本設計、原稿の作成、公開後のメンテナンスなどは、依頼している側で対応しなければならない場合がほとんどです。

さらに、原稿のみならず、LP内に含める素材も用意する必要がある場合が多いです。そのため、LPに関する知識がなく、どのように販売戦略を立てれば良いのか、またどのような原稿を作れば良いのかわからない方には、おすすめできません。

逆に、LPを形にするためのデザインの知識やコーディングの知識はないけれど、戦略設計や構成案の作成、さらにはライティングに自信がある場合は、これらの会社に依頼することで制作費用を抑えられるでしょう。

(2)10万円〜30万円のLP制作の特徴

続いて、10万円〜30万円のLP制作の特徴として、費用を安く抑えつつ他サイトと差別化を図れることが挙げられます。10万円以下のLP制作では、テンプレートに当てはめるだけという会社も見受けられますが、30万円程度支払うことで他サイトと比較した時に、デザイン面で差別しやすくなります。

また、先ほどと同様、販売戦略の選定、サイトの基本設計、素材を含めた原稿の作成、公開後のメンテナンスなどは自社で行う必要があります。制作会社とやりとりをしながら進める形になるため、LPに関する知識があまりない方でも、格安で頼みたい場合には有効的に活用していけるでしょう。

(3)30万円〜50万円のLP制作の特徴

30万円〜50万円のLP制作の特徴として、サイト設計や原稿作成なども制作会社と一緒に作っていくことが挙げられます。そのため、双方が理解を深めながら納得いく形での制作になるため、精度の高いLPを作れるでしょう。

また、LP制作に入る前に業界調査や競合分析を行ってもらえる場合も多く、自社との違いなどを把握できるため、より自社のカラーを出して差別化を図れますこのような制作会社は、多少お金をかけてでも効果のあるLP制作をしたい方におすすめです。とはいえ、話し合いながら綿密に戦略を立てていくため、その分制作期間が長くなる点においては注意が必要です。

(4)50万円以上のLP制作の特徴

50万円以上のLP制作の特徴は、ほぼ丸投げでも質の高いLPを制作してくれることです。50万円以上の価格でLP制作を受ける企業は、LPに関してはプロ中のプロが集まっている集団といえます。LPをどう使えば良いのか、どのようなLPが成果が出るのかも何もわからない、という場合は、このようなプロ集団に丸投げしてしまうのも一つの手です。

また、丸投げではないにしろ、プロと相談しながら非常に効果の高いLPを作りたいという場合においても同等の費用が必要になるでしょう。

さらに、LP制作会社には100万円を超える場合も多くあります。相当な費用をかけてLP制作をする予定の場合には、その制作会社に豊富なノウハウがあり、費用に見合ったLP制作ができるのかどうか、さらには広告運用をサポートしてくれるのかなどを見極めることが大切です。LP制作会社を選ぶうえでの注意点については、のちほどお伝えします。

3.LP制作の相場が決まる6つの条件

では、LPの相場は何によって決まるのでしょうか。ここでは、LPの相場が決まる6つの条件について解説します。

(1)作成するページのボリューム

1つ目の条件は、作成するページのボリュームです。

作成するLPによって、含まれている文字数や動画の数、長さが異なります。含まれている文字数や動画の数が多ければ多いほど、動画の長さは長ければ長いほど、作成するために多くのコストがかかるため、必然的に依頼費用は高くなります。

(2)広告運用を依頼するか

2つ目の条件は、制作会社に広告運用を依頼するかどうかです。

LPとは、冒頭でも紹介した通り広告をクリックしたユーザーに向けて表示されるページであるため、それ自体を制作しただけでは効果を発揮せず、そもそも広告をクリックされなければLPを読まれることはありません。広告をクリックしてもらうためには広告運用の知識が必要になりますが、広告運用のスキルを持っている会社はそう多くないでしょう。

そのため、LP制作と併せて広告運用も依頼することで、制作したLPの効果が発揮されやすくなります。もし広告運用も併せて依頼する場合は、LP制作だけを依頼したときよりも費用が高くなるため注意しましょう。

(3)納品形式・納期のスケジュール

3つ目の条件は、納品形式・納品スケジュールです。

LPを制作した後はLPデータをサーバーにアップしますが、制作会社に作ったLPをサーバーへアップしてもらうのか、制作会社からLPのデータをもらい自社でアップするのかによって費用が変わります。

また、納期のスケジュールがタイトな場合、制作会社に多くのリソースを割いてもらうことになるため、多くの費用がかかってしまいます。

(4)画像やイラスト素材が必要か

4つ目の条件は、画像やイラスト素材が必要かどうかです。

画像やイラスト素材の取得も含めて制作会社に依頼する場合には、その分費用が高くつきます。LPに入れる画像やイラスト素材は自分たちで集めることも可能です。しかし、どのような素材を使えば良いのかわからないのにも関わらず自分たちで用意してしまうと、素人感が満載になる可能性も否定できません。LPで使用する画像や素材についてあまり知見がない場合は、制作会社に依頼することでLP制作における失敗を防げるでしょう。

(5)LP制作のほかに広告を運用するかアフターサポートを利用するか

5つ目の条件として、LP制作のほかに広告を運用するかアフターサポートを利用するかが挙げられます。

第一に、LPは制作した後に定期的にメンテナンスをする必要があります。メンテナンスを自社で行える場合には問題ありませんが、メンテナンスのスキル、ノウハウを有していない場合は、制作会社へ依頼をすることになるでしょう。もし追加でサポートを依頼する場合には費用がかかるため、併せて確認しておきましょう。

(6)レスポンシブの対応

6つ目の条件は、レスポンシブの対応です。

レスポンシブとは、ページの表示をスマートフォンやタブレット、パソコンに合わせて最適化することを指します。スマートフォンの普及率が高まった現在では、レスポンシブへの対応は必須です。

そのため、レスポンシブの対応に関するスキルを持っていない場合は、制作会社に追加で費用を払い依頼することが必要になるでしょう。

4.LP制作の流れ

ここでは、LP制作の流れについて解説します。LP制作の流れを知っておくことで、依頼した際に円滑なコミュニケーションがとりやすくなるため、ぜひ参考にしてみてください。

(1)戦略設計

まずは、戦略設計で誰に向けたLPなのか、どの程度ニーズがあるのか、どんな競合がいるのかなど、LPや広告を制作する際に必要な情報をリサーチします。ここを曖昧に決めてしまうと、後から「やっぱり違う戦略が良いかも」とぶれてしまい、設計の変更をすることになってしまいます。この後に紹介する工程を全て一からやり直さなければならず、非常に手間がかかるため、まずは戦略設計を綿密に考えましょう。

(2)構成案作成

続いて、構成案の作成です。はじめに考えた戦略設計をもとに、どのような構成であればユーザーが購入・利用してくれるのかを考えます。

具体的には、どのような方法で訴求をしていくのか、コンテンツの順番はどうするのが適切かを検討していくことになります。構成案の作成はかなり重要であり、次のライティングの段階でどれだけ素晴らしい文章が書けたとしても、そもそも構成が悪ければユーザーには刺さりません。ユーザーに響かなければLPを制作した意味が薄れてしまうため、綿密に検討しましょう。

(3)ライティング

構成案が作成できたら、次の工程はライティングです。LP内のどこにどの内容を記すかは構成案ですでに決定しているため、それに沿ってライティングをしていきます。

具体的には、キャッチコピーの作成や原稿の執筆などが挙げられます。先ほど、ライティングを活かすためには構成が重要であるという話をしましたが、もちろんライティングも重要な要素の一つです。何も響かないようなキャッチコピーを書いても、構成を綿密に練り上げた意味がなくなってしまうため、テクニックを上手く使って書くことが求められます。また、LP内に画像やイラストが必要であれば、このタイミングで取得しておきましょう。

(4)デザイン

続いて、デザインを設計していきます。画像やイラストの取得も含め、ライティングまで終われば半分は完成したと言っても過言ではありませんが、デザインも非常に重要な工程であるためしっかりと設計していきましょう。単調なLPにするのか、適切な配色・レイアウト・フォントを使ったLPにするのかによって、効果が大きく変わることは想像に難くありません。むしろ、デザインがユーザーに刺さらないと、せっかく書いたキャッチコピーや文章を読んでもらえなくなる可能性もあるため、デザインは重要な要素といえます。

(5)コーディング

デザインが決まったら、実際にコーディングで形にします。コーディングとは、HTMLやCSS、JavaScriptなどのプログラミング言語を使って、決めたデザインをサイトに表示できるようにする工程のことです。コーディングをすることで、先ほど決めたデザインが実際に表示され、Web上でも動作する準備が整います。コーディングをするにはプログラミングに関する専門知識が必要になるため、知識がない場合には制作会社の方に依頼することになります。

(6)運用開始・修正

コーディングをし、LPが形にできたら実際に運用を開始します。ただ、運用を始める前にはLPがちゃんと表示されるか、誤字はないか、適切なリンクが置かれているかを必ず確認してください。

もし確認せず不十分な状態で世に出してしまうと、せっかく制作したLPの効果が薄れてしまうため注意が必要です。そして、確認ができたらいよいよ運用を開始しましょう。運用していく中で、効果測定を行い、正常に動作しているか、どの程度のクリック率や購入率があるのかを把握します。

また、LPは制作しただけで終わりではなく、常に最善解を探る必要があるため、修正が必要であれば適宜修正を行いましょう。新しい仮説を立て、その仮説に基づいて仕様を変更し、効果測定から再び新たな仮説を立てるといったサイクルをどれだけ素早く回せるかがカギとなります。

5.LP制作の依頼で注意すべき5つのポイント

ここからは、LP制作の依頼で注意すべき5つのポイントを紹介します。せっかく依頼して制作したLPを無駄にしないためにも、必ず確認しておきましょう。

(1)十分な実績があるか

1つ目は、制作会社に十分な実績があるかどうかです。実績のない会社に依頼すると、打ち合わせの段階では「良いLPにしてくれるはず!」と感じられたとしても、蓋を開けてみたらほとんど効果がなかった、となってしまう可能性もあります。そのような失敗を少なくするためにも、制作会社が今までどんなLPを制作してきたのか、その実績を確かめることが大切です。多くのLP制作会社はホームページや公式サイトで実績を公開しているため、必ず目を通しておくようにしましょう。

(2)サポートの有無や費用

2つ目は、サポートの有無や費用を確認しておくことです。メンテナンスやLPの修正などは、専門知識がないと適切に行うのは難しいため、LPを公開した後にもサポートを受けてくれる制作会社であれば、サポートを受けた方が良いといえます。ただ、サポートに対応していない制作会社もあるため、「サポートを受けられると思っていたのに、後になってサポートがないことに気づいた」と慌てないように、あらかじめ確認しておきましょう。また、サポートが別料金になっている場合が多いので、どのくらいの料金がかかるのかも併せてチェックしておきましょう。

(3)ヒアリングをしっかり行っているか

3つ目は、ヒアリングをしっかり行っているかどうかです。LP制作においては、PRしたい製品やサービスの内容を適切な形でユーザーに紹介することが大切です。ヒアリングを雑に行われた場合、制作会社は製品やサービスの内容をしっかりと把握することができません。

そのため、適切な商品紹介ができず、全く効果の出ないLPが完成してしまう可能性もあります。納品スケジュールががどれだけ窮屈だったとしても、この段階を雑に行ってしまう制作会社には、信頼して発注することは難しいでしょう。LP制作を依頼する際には、ヒアリングの対応も検討対象に加えることがおすすめです。

(4)料金プランが明確か

4つ目は、料金プランが明確かどうかです。LP制作にはさまざまな工程が含まれる分、料金プランが複雑になりがちです。どの工程にどの程度の費用が必要なのか、逐一把握することが難しい場合もあるでしょう。もし料金プランが不明確な会社に依頼した場合、気付かぬうちに必要以上の費用を支払っていたり、気づいたら予算をオーバーしてしまっていたりする可能性も否定できません。

特に、何が基本料金に含まれていて、オプションにはどの工程が含まれているのかを十分に確認しないまま契約すると、痛い目に遭う確率が高くなってしまうでしょう。したがって、LP制作を依頼する場合は、料金プランが明確で分かりやすい制作会社に依頼することがおすすめです。

(5)納品形式を確認する

5つ目は、納品形式を確認することです。LPが出来上がった後、LPを公開するまでには2つの方法があります。1つ目の方法は、完成したデータだけを納品してもらい、サーバーへのアップは自社で行うもの、2つ目の方法は、完成したデータをサーバーにアップしてもらうところまでを制作会社に行ってもらうものです。自社でサーバーにアップする方法が分からない方が前者の納品形式を選んでも、せっかく作ってもらったLPを公開できなくなってしまうでしょう。自社が求める納品形式はどちらかを決め、依頼を検討している会社がどちらの納品形式であるかをあらかじめ確認しておくようにしてください。

6.LP制作の依頼事例を紹介

ここでは、LP制作の依頼事例を4つ紹介します。事例を知ることでLP制作のイメージをつけ、実際にLP制作の成功につなげていきましょう。

(1)10万円以下のLP制作

まずは、10万円以下のLP制作の事例を紹介します。

例えば、PLuS Worksでは、通常プランが80,000円から、ライトプランが50,000円からでの利用が可能です。請け負う作業内容としては、通常プランがデザインとコーディングのみのランディングページ制作、ライトプランがテンプレートのデザインとなります。デザインとコーディングという専門的な内容をサポートしてくれる形のため、戦略の設計や構成案の作成、ライティング、実際の運用などは全て自社でまかなう必要がある点においては注意が必要です。分量としては、Word10ページ分程度を想定しています。

(2)10万円〜30万円のLP制作

続いて、10万円〜30万円のLP制作の事例を紹介します。

株式会社Ryuki Designでは、以下の3つのプランを用意しています。スタンダードプランでは、5,000pxまでの分量で、商品サムネイル1枚と有料素材の使用が3枚まで無償となっています。また、ライトプランでは、分量が2,000pxまでで、商品サムネイル1枚と有料素材の使用が1枚まで無償です。そして、ハイクオリティプランでは、分量が10,000pxまでで、商品サムネイル1枚と有料素材の使用が無制限に可能となっています。費用は、ライトプランが109,800円から、スタンダードプランが179,800円から、ハイクオリティプランが249,800円からとなります。

(3)30万円〜50万円のLP制作

次に、30万円〜50万円のLP制作の事例を紹介します。

株式会社ラヴィゴットは、市場調査、ターゲット分析などの戦略設計、構成案作成、ライティング、写真撮影、デザイン、コーディング、修正までを一貫して請け負っている制作会社です。また、オプションになってしまいますが広告運用なども提供しているため、予算に合わせて適切なLPの運用ができます。LPを制作して終わりではなく、戦略設計から一緒に行ってくれるため、お互いの認識をすり合わせながらより効果の高いLPを制作することができるでしょう。こちらの依頼費用は、340,000円からとなっています。

(4)50万円以上のLP制作

最後に、50万円以上のLP制作の事例を紹介します。

株式会社ポストスケイプ株式会社LIGなどが例として挙げられますが、それぞれの費用は600,000円からと、1,000,000円〜5,000,000円です。非常に高額ではありますが、ページのデザインやキャッチコピーのみならず、そもそもの戦略設計や、LPを公開した後の改善に重きを置いているため、成果にコミットしたプランとなっています。多くの費用をかけてでも必ず成果を出したい場合には、こうした会社に依頼するのがおすすめです。

7.最後に

今回は、LP制作を制作会社に依頼する場合の費用相場を一覧で紹介しました。また、相場が決まる条件やLP制作の流れや注意すべきポイント、LP制作の4つの依頼事例についても紹介したため、LP制作を依頼する際のイメージがついたのではないでしょうか。ぜひ今回の内容を参考にして、質の高いLP制作を行い、売り上げアップにつなげられるようにしていきましょう。


無料のご相談窓口はこちら!あなたに最適な業社選定致します
\最短1分!/今すぐ相談