ぴったり、を選ぼう。PITTALAB
コンセプトムービー.png

コンセプトムービーとは?活用方法や事例も紹介

twitterでシェア
facebookでシェア
はてぶ
公開日: 2022.05.31
更新日: 2022.10.12
  • コンセプトムービーを制作する目的がわからない
  • コンセプトムービーのメリットを知りたい
  • コンセプトムービーの事例を知りたい

本記事では、上記のような悩みや疑問を解決していきます。

これからコンセプトムービーを作りたいと考えている企業は多いでしょう。
しかしながら、どのようにしてコンセプトムービーを作れば良いのか分からない企業も多いはずです。

そこで本記事では、コンセプトムービーを作る際のコツ手順や作成する際のポイントについて解説しました。

それだけでなく、コンセプトムービーのメリットや活用する目的、動画を制作する際に費用を抑えるためのポイントについても解説していきます。

これからコンセプトムービーを作りたいと考えている人は、是非最後までご覧ください。

目次
目次

コンセプトムービーとは?

コンセプトムービーとは、企業理念やビジョン、商品・サービスに込められた想いなど、言語化することが難しいコンセプトを伝えるための動画です。

言語化することが難しい概念を動画にすることによって、ユーザーに対して共感を与え、アクションを起こしてもらうことが目的であるため、より共感を得やすい実写が多用されています。
しかしながら、アニメーションは、現実味が薄れてしまうため、利用されることが難しいです。

よくコンセプトムービーとブランデッドムービーの違いが分からないという人が多いですが、明確な違いがあります。

ブランデッドムービーは、ブランディング構築を目的としており、コンセプトムービーとは違い、商品やサービスをアピールすることはありません。

動画を作る目的が大きく変わってくるため、コンセプトムービーを作成したいのかブランデッドムービーを作成したいのか明確にしましょう。

コンセプトムービーを制作する目的

コンセプトムービーを制作することで、言語化しにくいコンセプトを伝えられるようになります。

ここでは、コンセプトムービーを制作する目的についてご紹介します。

ブランディング

コンセプトムービーを制作することで、ブランディングの効果を期待することができます。

コンセプトムービーで商品やサービスについて詳しく宣伝することで、ユーザーの信頼や共感を得ることができ、ブランド力を高めることができます
コンセプトムービーは、ブランドの世界観や細かなニュアンスまで伝えることができるため、ブランディングに有効な手段です。

商品のブランディングをうまく行うことができれば、ブランドの知名度を向上に繋がり、売上の拡大が期待できます。

商品やサービスのプロモーション

コンセプトムービーは、商品やサービスの魅力や世界観を伝えることができるため、視聴した人のアクションを促進する効果が期待できます。

商品やサービスをどのようにして制作したのか、問題を解決するためにどのような工夫をしたのかをアピールすることが可能です。
企業のコンセプトや想いに共感してもらうことで、ユーザーの信頼性などを高めることができます

コンセプトや想いに共感してもらえることができれば、ユーザーのロイヤリティを高め、リピートを獲得することも可能です。

採用活動の促進

コンセプトムービーでは、企業理念やビジョンなどの言語化することが難しいことを伝えることができるため、採用活動で新卒や中途に問わず自社の魅力を伝えることができます

コンセプトムービーを利用することで、企業の考え方が明確に伝わりやすいため、求職者自身で企業の考え方に共感ができるか考えて判断しやすく、会社とのミスマッチを防ぐことができます。

また、インタビュー形式で従業員の声を伝えることや、ドラマ形式で日常業務を具体化するなど、求職者に対して様々な方言方法でアピールすることができます。

コンセプトムービーを作るメリット

コンセプトムービーを作成することで次のようなメリットを得ることができます。

  • 競合と差別化できる
  • 複数の媒体で配信することができる
  • 言語化いにくいことも表現することができる

これらのメリットについて詳しく解説します。

競合と差別化できる

コンセプトムービーを作成する一番のメリットとも言えるのが、競合と差別化できるということです。

技術が発達している現代は、どのサービスに関しても一定のクオリティには達しているため、自社を選んでもらうためには、競合と差別化することが重要になってきます。

コンセプトムービーは、様々な表現方法で商品やサービスの魅力や世界観を伝えることが可能です。
自社の商品やサービスの特異性をアピールし、最大限に魅力を伝えられるコンセプトムービーの制作を心がけましょう。

複数の媒体で配信することができる

コンセプトムービーを作成すると、様々な媒体で情報発信することができるため、アピールする幅を広げることができます。

また、コンセプトムービーを制作するためにコストがかかりますが、複数の媒体で配信を行うことで、費用対効果を高めることが可能です。

例えば、自社の運営するサイトやInstagram、TwitterなどのSNS、YouTubuのような動画配信プラットフォームでコンセプトムービーの配信を行うことができます。

上記のような、様々な媒体でコンセプトムービーの配信を行うことで、多くの見込み顧客にリーチすることができ、商品やサービスの認知拡大や売上拡大を目指すことができます

言語化しにくいことも表現することができる

動画は、写真やテキストの5000倍の情報量を持つと言われており、ブランドのコンセプトや魅力などの抽象的で言語化することの難しいことも表現できる特徴があります。

また、動画ならではの、インタビュー形式やドラマ形式、CGの活用など様々な表現方法ができるため、ユーザーの共感を得られるコンセプトムービーの制作が可能です。

このような特徴を活かし、商品やサービスの魅力や強みが伝わるコンセプトムービーの制作を心がけましょう。

コンセプトムービーの活用方法

先述した通り、コンセプトムービーは自社の運営するサイトやSNSなどで配信することができます。

ここでは、活用方法を詳しく解説していきますので、コンセプトムービーを制作した際の活用方法の参考にしてみてください。

自社サイト

コンセプトムービーは、自社サイトに掲載するコンテンツとしても活用することができます。

サイトを訪れた人は、商品やサービスに少なからず興味を持っている可能性があります。
そのような人たちにコンセプトムービーを視聴してもらうことで、商品の購入やサービスについてのお問い合わせに繋げることができます

また、抽象的な内容も表現ができるため、商品やサービスの魅力や強みをさらに理解してもらうことができます。

SNS

コンセプトムービーをSNSで配信することで、視聴者から直接リアクションがもらえたり、興味を持ってもらった時には動画を拡散される可能性があります

ただ、それぞれのSNSでユーザーの属性や配信方法が異なるため、特徴を理解した上で配信を行わなければいけません。

さらに、配信媒体によってアップロードできる動画の尺の長さやサイズに決まりがあるので、制作する際はどの媒体に配信するのか検討した上で動画を制作することをおすすめします。

広告配信

コンセプトムービーは広告配信としても活用することができます。

広告配信先としては以下のようなものがあります。

  • インストリーム広告:YouTubuなどの動画中で流れる
  • アウトストリーム広告:Webサイトのバナー、SNSなどのフィードに表示される

広告として配信するためには、コストが発生するものの、広告の効果測定がしやすく、多くの見込み顧客にアプローチをかけることができます

コンセプトムービーの種類

コンセプトムービーと言っても、様々な種類のコンセプトムービーがあるため、それぞれのコンセプトムービーについて解説します。

インタビュー

まずは、インタビュー形式のコンセプトムービーであり、ユーザーが疑問に感じるであろうことを、インタビュー形式で答えることによって、ユーザーの疑問を解消することができます。商品やサービスについて詳しく知ることによって、信頼感が上がるため、購買意欲を掻き立てることが可能です。

ドラマ

ドラマ形式のコンセプトムービーは、実際にありそうな状況で商品やサービスを宣伝することで、より共感を得ることが可能ですまた、ドラマが面白いと、商品やサービスに興味を持っていない人でも興味を持つようになるため、ターゲット層ではない層からのユーザーを獲得する可能性もあります。

CG

CGはコンセプトムービーで使用されることは少ないですが、コンセプトムービーで使用することによって、興味をひくことはできます。ターゲット層にもよりますが、対象年齢が低い商品・サービスであるならば有効な手段でしょう。

アニメーション

アニメーションもCGと同じでコンセプトムービーに使用されることは少ないですが、対象年齢が低い商品・サービスであれば有効な手段でしょう。アニメーションの種類にもよりますが、現実味のあるアニメーションであれば、SNSなどで拡散されていることもあるため、現実味のあるアニメーション動画を作成するようにしましょう。

コンセプトムービーを作成する際のコツ

コンセプトムービーを作成する際には、いくつかのコツがあるため、紹介します。

動画で伝えたいことを絞る

企業は商品やサービスにこだわっているため、動画で伝えたい情報が多くなってしまうことがありますが、できるだけ情報を絞るようにしましょう。情報を詰め込むことで、商品を押し付けているような印象を与えてしまう可能性があるため、絶対に伝えたい情報だけ伝えることを意識して下さい。

また、伝えたい情報を詰め込むことで、動画の時間が長くなってしまうため、簡潔に印象に残るような動画作りを心掛けると良いです。伝えたい情報をまとめると、コンセプトムービーの構成もしやすくなるため、最初にどの情報を伝えるのか決めるようにしましょう。

ターゲットに合わせた動画を作る

商品・サービスには、必ずターゲットがいるため、コンセプトムービーを作成するのであれば、ターゲットに合わせた動画を作るようにしましょう。

例えば、子供用の商品を販売したいのに、クールな印象のコンセプトムービーを作成してしまうと、商品を購入したいと思う人は少なくなってしまいます。そのため、商品やサービスのターゲット層にあったコンセプトムービーを作成することが重要です。ペルソナを設定することで、ターゲットに寄り添ったコンセプトムービーを作成することができるため、まずはペルソナを設定してみましょう。

シンプルな設計にする

ただでさえ動画が人に与える情報は多いため、コンセプトムービーはできるだけシンプルな設計にするようにしましょう。シンプルな設計にすることによって、伝えたいことだけをわかりやすく伝えることができるため、印象に残りやすいです。もっと、商品・サービスの良いところを伝えたいと思う人も多いですが、ユーザーが理解できなくなってしまうため、我慢しましょう。

予定を明確にする

長すぎる動画は人によっては、見る気がなくなるという人もいるため、できるだけ動画を簡潔にするためにも、予定を明確にするようにしましょう。予定を明確にすることによって、動画時間を短くまとめることが可能であり、少ない時間でアピールすることができるため、予定を明確にすることが重要です。予定を決めてカット割などを多用することによって、コンセプトムービーにメリハリをつけることもできます。

外注を使う

コンセプトムービーを制作することは難しいため、外注して質の高いコンセプトムービーを作成してもらうということも一つのコツです。コンセプトムービーを作成する案件を受注している人は、コンセプトムービーをこれまでに何度も作成しているため、質の高いコンセプトムービーを作成してもらうことができます

参考になるコンセプトムービーの動画事例14選

実際に作成されたコンセプトムービーの動画事例を見ることで、イメージしやすくなるため、参考になるコンセプトムービーの動画事例14選を紹介します。

株式会社トヨタシステムズ

株式会社トヨタシステムズのコンセプトムービーは、2分と見やすい動画になっています。車の将来や車に乗ることによって、どのような景色を見ることができるのか気になるワクワクするようなコンセプトムービーです。将来はどのようになっているのか問いかけているような動画であるため、これからの車の進化も期待できるような構成になっているのもポイントとなっています。

動画時間:2分

再生回数:2.1万回以上

JR東日本

JR東日本のコンセプトムービーは、3分11秒と少し長めですが、BGMに合わせた細かなカット割や美しい映像などで魅せられる映像となっています。「東日本エリアの地域に根ざし、発展に貢献する」というJR東日本のビジョンが現場で働く従業員によって支えられていることがよく分かる構成のコンセプトムービーです。採用活動の一環として作成されているため、旅情を誘うような作りになっているのもポイントであり、構内・車内アナウンスの効果的な使い方も参考にすることができます。

動画時間:3分11秒

再生回数:54万回以上

熊本市役所

熊本市役所のコンセプトムービーは、ドラマ形式になっており、一人の女性にフォーカスした動画となっています。当たり前のように過ごしている映像が流れていますが、一つ一つの行動を支えている人がいるということを訴えかけるようなコンセプトムービーです。

動画時間:5分3秒

再生回数:1000回以上

KINTO

KINTOのコンセプトムービーは、電気自動車の魅力をアピールする動画となっています。KINTOとは、車のサブスクのような会社ですが、その活動を通じて車の素晴らしさをコンセプトムービーを通じて伝えています。基本的には、文字のみの映像であり、問いかけるような映像になっていますが、要所要所で車と綺麗な映像を挟むことで、車に乗りたいという欲を高めることが可能です。

動画時間:4分8秒

再生回数:300回以上

東京経済大学コミュニケーション大学

東京経済大学コミュニケーション大学のコンセプトムービーは、「コミュニケーション」の重要性をアピールしている動画となっています。メディアを通じて、グローバルな世界に触れることが当たり前になっている現代では、コミュニケーションが重要になってくるということを理解できるコンセプトムービーです。東京経済大学コミュニケーション大学の学部も紹介されており、コンセプトムービーを見た人が入学したいと思うような構成になっています。

動画時間:5分2秒

再生時間:2000回以上

大丸ゆうし保育園

大丸ゆうし保育園のコンセプトムービーは、「生きる力と心」が育つということをアピールしている動画となっています。インタビュー形式であり、保育園で働いている人にインタビューすることで、自然の凄さや食材のありがたみが理解できるようなコンセプトムービーです。

動画時間:5分48秒

再生回数:600回以上

大阪・関西万博

大阪・関西万博のコンセプトムービーは、最初は動画にあまり特徴がなく、問いかけるような動画になっています。徐々に輪が広がっていくような様子を表したアニメーションのコンセプトムービーです。

動画時間:2分7秒

再生回数:9000回以上

株式会社USEN

株式会社USENのコンセプトムービーは、CGも活用されており、将来はこうなっているのではないかという気持ちにさせてくれる動画となっています。ITをアピールしすぎている動画ではなく、普段の生活でITが溶け込んでいる様子を表しているコンセプトムービーです。

動画時間:1分34秒

再生回数:7000回以上

株式会社フジワラテクノアート

株式会社フジワラテクノアートのコンセプトムービーは、実際に働いている従業員の方の様子を写している動画となっています。様々な作業をしている人が写されており、多くの人が協力することで、商品・サービスが出来上がっているという様子を表したコンセプトムービーです。

動画時間:2分11秒

再生回数:1.1万回以上

株式会社中外製薬

株式会社中外製薬のコンセプトムービーは、地球などの壮大な映像や薬の研究をしている方の映像が合わさった動画となっています。医師や医療機関で苦しんでいる人の手助けになるような薬を開発しており、「創造で、想像を超える」ということを表してるコンセプトムービーです。

動画時間:7分32秒

再生回数:600回以上

株式会社富士フィルム

株式会社富士フィルムのコンセプトムービーは、近未来的な映像となっており、最後には研究員の方を写すことで、様々な方のおかげで便利な世の中になっているということを表した動画となっています。これからも発展していく技術を活用することで、より便利な世の中になるということをアピールしているコンセプトムービーです。

動画時間:1分35秒

再生回数:150.3万回以上

岡山交通

岡山交通のコンセプトムービーは、実際に働いている様子を詰め込むことで、信頼性を高めることができる動画です。また、座席のシートがデニムなどの、岡山交通ならではの魅力もアピールしているため、働いてみたいという意欲が掻き立てられるコンセプトムーだと言えます。

動画時間:5分30秒

再生回数:900回以上

株式会社コマニー

株式会社コマニーのコンセプトムービーは、働いている様子や企業理念を詰め込んだ動画となっています。笑顔で働いている描写が多く、楽しく働くことができる会社だということをアピールしているコンセプトムービーです。

動画時間:2分43秒

再生回数:1000回以上

最後に

本記事では、コンセプトムービーを作る際の手順や作成する際のポイントについて解説しました。

コンセプトムービーを作成することで、マーケティングを有効活用できたり、表現の幅を広げることができるため、活用してみましょう。

コンセプトムービーを作成する際のコツなども紹介しているため、コンセプトムービーを作成したいと考えている人は是非参考にして下さい。


無料のご相談窓口はこちら!あなたに最適な業社選定致します
\最短1分!/今すぐ相談
ぴったり、を選ぼう。PITTALAB
BtoBに特化した情報比較サイト難しい情報をもっと分かりやすく徹底比較。
データをグラフで表示するので一目で情報の整理が可能に!