ぴったり、を選ぼう。PITTALAB
デジタルサイネージ向け.png

【2022年最新】デジタルサイネージ向けの動画制作会社おすすめ15選!メリットや費用も解説

twitterでシェア
facebookでシェア
はてぶ
公開日: 2022.05.19
更新日: 2022.10.18

「デジタルサイネージを導入したいけど、どこに頼めばいいのだろう」
「広告としてきちんと効果を出したい」

このように思っている方はいませんか?

デジタルサイネージは、不特定多数に向けて訴求ができ、思わず立ち止まって見入ってしまうような広告が打てるツールとして、マーケティング手法でも欠かせません。

自社でも導入を考えているという方も多いと思いますが、その良さを活かすにはデジタルサイネージについて理解を深めなければなりません。

この記事では、デジタルサイネージ向けの動画制作会社をご紹介します。デジタルサイネージの種類から導入のメリット、動画を制作する際のポイントなども合わせて解説するので、参考にしてください。

目次
目次

デジタルサイネージ向けの動画制作会社おすすめ13選

デジタルサイネージを導入する準備を整えても肝心の動画がなければ、意味がありません。

しかし、自社で動画制作をするのは難しいと思います。

ここではデジタルサイネージの動画を制作したいと考えている方におすすめの動画制作会社を紹介します。

検討の際はぜひ参考にしてください。

1

株式会社CREATIVE PARTY

スクリーンショット 2022-05-19 143637.png

引用:公式サイトより

【ポイント】

上場企業から個人まで幅広いクライアントを持つ

企画から撮影・編集までをまとめて任せられる

リーズナブルな費用感でご案内

株式会社CREATIVE PARTYでは、企画・撮影・編集・スタジオ・キャスト込みで一本10万円から動画制作が可能です。

納品も最短3週間という短納期で、動画制作だけでなく、動画を活かした戦略を練ることを得意としています。

制作体制を最適化しており、お客様の目的や課題、予算に合わせた提案ができることも強みです。

そのため、デジタルサイネージにかけるコストを抑えつつ、きちんと効果を出したいという人におすすめの会社となります。

料金100,000円~
実績住友重機械工業株式会社、株式会社みずほ銀行など
企画からの対応
得意ジャンル幅広い分野に対応
撮影スタジオの有無
長時間映像対応
動画撮影対応
キャスティング対応
2

KEY-MOVIE

引用:公式サイトより

【ポイント】

ロープライス・ハイクオリティな動画制作が可能!

Youtubeに関するノウハウもあるので、動画コンテンツの企画・集客も対応

映像制作の企画立案から充実したサポートを業界最低水準の価格で受けたい方にオススメ

For,Freelance株式会社が運営しているKEY-MOVIEでは、「動画制作をもっと身近に」をコンセプトに独自の動画制作体制によってロープライスかつハイクオリティな動画制作を実現することができます。動画制作をはじめとし、Yotubeチャンネルの企画立案からアカウント運用まで行っている「Youtubeグロース事業」や動画をメインに活用した「動画広告運用代行」などでもトータルサポートが受けられます。

企業名にもある通り、厳選されたフリーランスと提携を行っている為、幅広いジャンルでの動画制作やご相談に対応することができます。動画の内容が決まっていない段階でもお気軽にお問い合わせ可能ですので、是非お問い合わせしてみてください。

料金要問い合わせ
実績株式会社CyberZ様/イオン・シグナ・スポーツ・ユナイテッド株式会社様/ベルエポック美容専門学校様
企画からの対応
得意ジャンルサービス紹介動画/Youtubeコンテンツ動画/ブランディングムービー
撮影スタジオの有無-
長時間映像対応
動画撮影対応
キャスティング対応要問合せ
3

WEB動画プロダクション

スクリーンショット 2022-05-19 163151.png

引用:公式サイトより

【ポイント】

わかりやすく親身な対応

短納期と柔軟な修正

上場企業をはじめとする取引実績

WEB動画プロダクションは、株式会社ビーヘルシーが運営する企業向けの動画制作サービスです。

上場企業から中小企業まで幅広い制作実績があり、ハイクオリティの動画制作と納期を必ず守ることで高い評価を得ています。

そのため、高い満足度やリピート率を誇っています。

丁寧にわかりやすく提案してくれるため、はじめて動画制作を依頼する方でも安心して頼むことができます。

料金ライトプラン:15〜30万円 スタンダードプラン:50~100万円 プレミアムプラン:100万円~
実績-
企画からの対応
得意ジャンル-
撮影スタジオの有無
長時間映像対応-
動画撮影対応
キャスティング対応
4

株式会社Creha

スクリーンショット 2022-05-19 161906.png

引用:公式サイトより

【ポイント】

大手企業との取引実績がある

圧倒的なクオリティ

企画構成から納品まで一気通貫

Crehaは、ムダなコミュニケーションを省くことでスムーズな制作進行を可能にする映像制作会社です。

実写だけでなくアニメーションやCG、ドローンを使った動画など幅広い映像表現を得意としています。

打ち合わせの中でお客様の潜在的な要望を見つけることで、より効果の高いデジタルサイネージを制作してくれます。

考えがまとまっていなかったり、イメージは持っているけれど具体案がなかったりする方に最適です。

料金編集deかんたんPR動画プラン:10~20万円 ベーシック映像制作プラン:30万円~ プロフェッショナル映像制作プラン:70万円~ 受注生産型:要問い合わせ
実績千葉テレビ 放送株式会社、株式会社Innovation IFA 、Consulting 公益社団法人東京労働基準協会連合会、株式会社おやつカンパニー など
企画からの対応
得意ジャンル実写、アニメーション、CG、ドローンなど様々なジャンルを得意とする
撮影スタジオの有無-
長時間映像対応-
動画撮影対応
キャスティング対応
5

HFV-Studios

スクリーンショット 2022-05-19 155536.png

引用:公式サイトより

【ポイント】

課題やビジョンをヒアリングすることで本質的な課題解決を実現

アフターサポートが充実

編集可能のプランあり

HIGHFIVEは、「心おどる映像を提供し、心おどる人生を後押しする」をミッションに掲げている映像制作会社です。

企画構成から撮影編集まで全て一貫して行っているため、丸投げの依頼でも対応してくれます。

お客様の目的は何かを問い続け、常にその目的に立ち返りながら動画制作を行うことで、人の心を動かし、最大の成果を創出します。

そのため、お客様からの評価も高く、安心して依頼することができます。

料金22,000円~
実績クレディセゾン、BALLEGGS、未来来来など
企画からの対応
得意ジャンル旅行業、宿泊施設運営コンサル業など
撮影スタジオの有無-
長時間映像対応
動画撮影対応
キャスティング対応
6

動画ココカラ

B.PNG

引用:公式サイトより

【ポイント】

SNS対応可能

テレビ番組、CMのクリエイターが動画を制作

低価格で依頼可能な動画制作会社をお探しの人におすすめ

動画ココカラは1本3万円〜動画制作が依頼でき、動画のことならなんでもお任せできる動画制作会社です。

エコノミープラン、スタンダートプラン、ビジネスプランがあり、予算に合わせて動画制作を依頼できます。

企業ブランディングや人材採用、サービス紹介・社内イベント、表彰式、会社総会など、各種動画制作も可能!

テレビ番組、CMのクリエイターが動画を制作するのでニーズに合った動画制作が可能です。

またYouTube、SNSにも対応していて編集、テロップ作成、効果音入れなどの編集代行も行っています。

料金エコノミープラン:3万円 スタンダードプラン:60万円 ビジネスプラン:120万円
実績株式会社Office Concierge様 BALENA JOURNAL 小松社長インタビュー動画制作、ワウテック株式会社様 「WowTalk」タクシー広告60秒Ver. 動画制作
企画からの対応
得意ジャンル企業
撮影スタジオの有無-
長時間映像対応
動画撮影対応
キャスティング対応
7

株式会社プレスティージュ

スクリーンショット 2022-05-19 152351.png

引用:公式サイトより

【ポイント】

経験豊富な制作実績

TV業界で活躍するプロ集団と連携

低価格であってもワンランク上の提案

PRESTIGEは、企業動画をテレビ番組のプロが制作する映像制作会社です。

ディレクション、撮影、音声、照明など全てをプロが手掛け、ハイクオリティの映像制作を実現します。

テレビ番組制作で培ったノウハウを活かして心を動かす動画を制作し、お客様のビジネスを動かします。

お客様の目的に沿った動画を制作することを徹底的に考えているため、効果の出る提案が得意です。

TVで流れるCMのようなデジタルサイネージの動画を制作したい方はぜひお問い合わせください。

料金-
実績アクサ生命保険株式会社、本田技研工業株式会社、株式会社ワールド、株式会社フジテレビジョン、株式会社テレビ東京など
企画からの対応
得意ジャンル飲食業界
撮影スタジオの有無
長時間映像対応
動画撮影対応
キャスティング対応
8

株式会社ブルーオーシャンスターズ

スクリーンショット 2022-05-19 151121.png

引用:公式サイトより

【ポイント】

企画、撮影、編集、納品までワンストップでの映像制作

お客さまの本音を引き出すインタビュー

完全非対面の映像制作可能

株式会社ブルーオーシャンスターズは、東京都足立区にある映像制作会社です。

テレビ顔負けのドキュメンタリー映像制作や映像表現を含めた総合的なイベント企画を行い、セミナー用映像、店舗PR用映像なども対応しています。

ビデオグラファー集団、デザイナー、アナウンサーなどの豊富なネットワークを持ち、通常ではできないハイクオリティを実現します。

感動的な映像制作を得意としているため、視聴者の心を揺さぶる映像を作りたいと考えている方にぴったりです。

料金-
実績株式会社At Film、千株式会社、AbuStudio など
企画からの対応
得意ジャンル周年記念映像、会社史・自分史映像や、大切な方へのメッセージ映像
撮影スタジオの有無-
長時間映像対応
動画撮影対応
キャスティング対応-
9

株式会社スタジオサンダンス

スクリーンショット 2022-05-19 150330.png

引用:公式サイトより

【ポイント】

キャラクターデザインの企画、制作可能

ハイクオリティー&ローコストがモットー

アニメーション動画制作をお考えの人におすすめ

株式会社スタジオサンダンス(アニメーション事業部)は1986年創業の東京都渋谷区にある動画制作会社です。

事業内容はアニメーション動画の企画、作画、編集、イラストレーション制作(印刷媒体、Web、TV CMプレゼンテーションワーク)、キャラクターデザインの企画、制作等を行っています。

サンダンスという会社名はネイティブ、アメリカンの伝統的な儀式の1つである「Sundance」に由来。

「すべての存在と繋がっている」という生き方に基づきそのような心思を大切にし、企業活動を行いたいと考えて名付けられています。

多くのアニメーション動画の実績があり、ウエディング撮影サービス説明動画、新サービス説明動画、ヘルスケアのプロモーション動画等があります。

アニメーション動画の制作料金は10〜30万で制作可能。アニメーション動画を活用してTV、Webサイト、SNS、トレインチャンネル、デジタルサイネージ、バナー広告、ゲーム等ローコストで様々なユーザーにPRを行えます。

料金エントリー:10万円〜 スタンダード:30万円〜 プレミアム:50万円〜
実績株式会社りゅうごヘルスケア様 医療総合商社PRアニメ制作、東都生活協同組合様 会員募集 TV CM制作
企画からの対応
得意ジャンル医療、アニメーション
撮影スタジオの有無
長時間映像対応
動画撮影対応
キャスティング対応
10

株式会社アストロサンドウィッチ・ピクチャーズ

スクリーンショット 2021-09-28 23.01.02.png

引用:https://astrosandwich.com/

【ポイント】

全国対応可能

俳優育成の演技ワークショップ運営

企画からキャスティング、撮影、編集、ナレーション収録、仕上げを一貫して依頼できる動画制作会社をお探しの人におすすめ

株式会社アストロサンドウィッチ・ピクチャーズ(ASP)は平成19年創業の東京都新宿区にある動画制作会社です。

事業内容はCM、TV、映画、プロモーションビデオ、イベント、舞台、ライブ、ミュージックビデオ、その他映像に関する企画、制作、上映、販売、配給及び配信等を行っています。

また株式会社アストロサンドウィッチ・ピクチャーズでは西新宿に自社撮影スタジオを持ち、俳優育成の演技ワークショップなども運営しています。

映画のスタッフで動画を制作をするので、フィルムの様な上質な映像制作が可能。タレント事務所と深いパイプがあり、独自のキャストリストも持っています。

最新の高画質な4Kで納品も可能。企画からキャスティング、撮影、編集、ナレーション収録、仕上げを全て一貫して行えるので、短納期が可能な動画制作会社です。

料金-
実績三井アウトレットパーク 木更津 CM制作、「株式会社アトラシアン」会社紹介動画制作
企画からの対応
得意ジャンルCMから映画までオールメディアに対応
撮影スタジオの有無
長時間映像対応
動画撮影対応
キャスティング対応
11

Off Beat

スクリーンショット 2022-05-19 145324.png

引用:公式サイトより

【ポイント】

あらゆるジャンルに対応可能

顧客満足度97.3%

企画から制作までを依頼可能

Off Beatは、クリエイティブを通して人々に「唯一無二の感動体験」を提供し続けるというミッションで、月間1000本以上の豊富な制作実績を持つ会社です。

1本3万円から動画制作が可能で修正費・特急費などは一切かからないのが特徴です。

300名以上のプロクリエイターが在籍しており、あらゆるジャンルに精通しています。

質の高い動画を制作することで、顧客満足度は97.3%と高い評価を得ています。

料金・3万円~20万円 ・20万円~50万円 ・50万円~
実績株式会社CyberZ、株式会社PIALA、株式会社D2C R、株式会社アイモバイル、株式会社ディー・エル・イーなど
企画からの対応
得意ジャンル実写撮影、コミック / 漫画動画、2D / 3D、ドローン / 360℃撮影など、多種多様なジャンル
撮影スタジオの有無-
長時間映像対応-
動画撮影対応
キャスティング対応
12

株式会社オールムービー・ジャパン

おるむ.png

引用:https://www.allmovie.jp/

【ポイント】

3000社以上の制作経験があり実績豊富

中小企業に特化した動画制作

全工程を内製化しているからこそできる短納期

ALL MOVIE JAPANは、中小企業専門に映像制作およびWeb制作をおこなう会社です。

挑戦と創造で株式会社オールムービージャパンを日本一の会社にするというビジョンを掲げており、中小企業における制作実績は3000社と圧倒的な実績数を誇っています。

そのため、中小企業ならではの課題や悩みを的確に解決することを得意としています。

株式会社オールムービー・ジャパンで制作したコマーシャル映像をメディアミックスする事で「ブランディング」「プロモーション」「リクルーティング」の三位一体を実現。

自社で企画提案、商談、制作進行を一気通貫で行っているため、他ではできない短納期を実現しています。

料金デジタルサイネージの料金プラン ・静止画 プラン:42,000円 ・静止画+動画 プラン:84,000円 ・動画編集 プラン:150,000円 ・動画プロ プラン:480,000円
実績under five(アンダーファイブ) ハンドクリーム 動画制作、慶應受験専門塾 慶應個別指導学院 動画制作
企画からの対応
得意ジャンル教育、中小企業のPR動画
撮影スタジオの有無
長時間映像対応
動画撮影対応
キャスティング対応
13

京葉広告社

G.PNG

引用:公式サイトより

【ポイント】

ワンストップで対応可能

時間があまりない案件でも相談できる

教育動画の制作実績が豊富な動画制作会社をお探しの人におすすめ

株式会社京葉広告社は1968年創業、千葉県柏市の老舗広告会社として「地元密着・地域貢献」を掲げ半世紀を迎えた動画制作会社です。

また対応範囲は営業エリアを関東一円に拡大し、千葉県・東京都・埼玉県・茨城県・神奈川県と幅広くカバーしています。

企画から納品までワンストップで対応。制作実績にはミュージックビデオやライブイベント動画等多くの作品を手掛けている動画制作会社です。

株式会社京葉広告社はでは短納期にも対応可能、時間があまりない案件でも相談できます。

またイベントの動画作成専用のプランも用意されていますのでぜひイベント動画を依頼する際は参考にしてみてください。

料金イベント記録動画制作プラン ¥250,000~
実績城所葵 Birthday Dinner Show 2018.12.16 @恵比寿 MLB café TOKYO動画作成、神奈川県最大級の家具イベント動画制作
企画からの対応
得意ジャンル教育、会社紹介、商品PR動画、求人募集
撮影スタジオの有無-
長時間映像対応
動画撮影対応
キャスティング対応-

そもそもデジタルサイネージとは?

デジタルサイネージとは、映像による電子看板・掲示板のことです。

屋外・家電量販店などの店頭・商業ビルの壁面などの公共空間・駅や空港といった交通機関など、様々な場所に設置することができるため、より多くの人に情報を届けられるという強みがあります。

ポスターなど従来の広告と比較して、デジタルサイネージはディスプレイを使用することで、複数のパターンの広告を同じ場所で流せたり、迫力のある広告を高画質で流せたりと、表現の幅が大きく広がりました。

そのようなことから、現在多くの企業で導入されており、デジタルサイネージの設置場所も増加しています。

デジタルサイネージの種類

「デジタルサイネージ」とひとことで言っても、世の中で使用されているデジタルサイネージは全て同じではありません。

デジタルサイネージの種類には、以下の3つの種類があります。

  • スタンドアローン型
  • ネットワーク型
  • インタラクティブ型

順に説明します。

(1)スタンドアローン型

スタンドアローン型は、USBやSDカードなどを使用し、ディスプレイにそのままデータを取り込んでコンテンツを表示する方法です。

そのため、ディスプレイとパソコンなどがあればすぐに設置できます

スタンドアロン型は、上記のように導入が簡単、かつ低コストで始めることができるため、デジタルサイネージを初めて導入しようと思っている方や広告に割ける予算や人が少ない個人店や小規模施設での利用におすすめです。

(2)ネットワーク型

ネットワーク型のデジタルサイネージは、インターネットを通じてコンテンツを読み込み、広告を表示させるタイプのデジタルサイネージです。

そのため、コンテンツの差し替えが容易で、どこからでも操作ができるので、複数の場所でデジタルサイネージを設置している場合、コンテンツを一度に更新することができます

現在ではこのネットワーク型が主流となっており、複数の場所にデジタルサイネージを設置していて、コンテンツの更新頻度が高い大型チェーン店や大規模施設に向いています。

(3)インタラクティブ型

インタラクティブ型とは、ディスプレイにタッチパネルやセンサー機能を搭載しており、コミュニケーションが取れる最新型のデジタルサイネージです。

ユーザーがディスプレイに触れることでコンテンツの内容を変更が可能なため、ユーザーにとって必要な情報をすぐに届けられ、より高い広告効果が期待できます。

インターネット型同様、インターネットに接続可能なのでどこからでも操作ができ、簡単にコンテンツを更新することが可能です。

しかし、最新機能を搭載しているため上記2つのデジタルサイネージよりもコストが高くなってしまうことも覚えておきましょう。

インタラクティブ動画について知りたい方はこちら

デジタルサイネージのメリット

デジタルサイネージを導入することで、実際どのようなメリットや効果が得られるのか、具体的なイメージを持っている方は少ないと思います。

それでは、デジタルサイネージを使用することで得られる以下3つのメリットについて紹介します。

  • 多くの人の目に留まる
  • 場所を選ばない
  • 広告の入れ替えが簡単

順に解説します。

(1)多くの人の目に留まる

デジタルサイネージの最大のメリットは、人の注目や関心を集めやすい点です。

あらゆる場所で設置されるデジタルサイネージは、不特定多数の人に訴求ができます。

また、デジタルサイネージは高画質の動画や音声を使用するため、動きのある広告が可能になり、静止しているポスターなどの広告よりも人目を引きやすく、情報を的確に伝えることが可能です。

しかし、多くの人の目に留まる分、想定していたターゲット層以外にも広告を表示することになり、イメージダウンなどといった逆効果の恐れもあるため、ターゲットにきちんと訴求できるような工夫が必要です。

(2)場所を選ばない

デジタルサイネージは様々な場所に設置が可能な広告です。

上段でも説明しましたが、屋外・家電量販店などの店頭・商業ビルの壁面などの公共空間・駅や空港といった交通機関などに設置が可能となっており、ディスプレイも大型モニターから液晶テレビまでサイズ展開が豊富で、自由度がかなり高いです。

また、時間帯に合わせて表示する動画内容を変更することもでき、ピンポイントに届けたいユーザーだけに訴求が可能な点もメリットとして挙げられます。

(3)広告の入れ替えが簡単でコストが抑えられる

デジタルサイネージでは広告の入れ替えが容易で、コストも低く抑えられる点もメリットの一つです。

ポスターなど紙の媒体を広告として使用する場合、掲載場所に合わせた印刷のコストや張り替えの工数が発生します。

一方で、デジタルサイネージは、パソコンで内容を書き換え、USBやインターネットからディスプレイに読み込むだけで広告の入れ替えが可能です。

また、印刷する必要もなく、データさえあれば広告を表示できるため、長期間の運用で低コストを実現できます。

デジタルサイネージの動画を制作する際のポイント

上段ではデジタルサイネージのメリットについて解説してきました。

さまざまなメリットがあるデジタルサイネージですが、その効果を最大限に引き出すためには、広告動画を制作する際に注意するポイントがあります。

思っていたよりも効果が出なかったということがないように、下記で説明する6つのポイントに気を付けましょう。

  • 注目を集める工夫をする
  • 端的にわかりやすく
  • 設置場所に注意する
  • ターゲットに刺さる動画を作る
  • サイズや仕様に配慮する
  • 質にこだわる

順に説明します。

(1)注目を集める工夫をする

デジタルサイネージの動画を制作する際は、人の目を引く工夫をしましょう。

デジタルサイネージはあらゆる公共の場所に設置されるため、広告を見てもらうには、通りかかった人の足を止める必要があります。

そのためにはインパクトを付ける必要がありますが、インパクトを付ける方法として、デジタルサイネージの最大の特徴である動きを大きく付けることが挙げられます。

また、大きく字幕を付けたり、目立つ配色を意識したりと、見る人にとって視覚的な刺激を与えることも有効です。

(2)端的にわかりやすく

ただ単に目立たせればよいというわけでもなく、視聴者にきちんと内容が伝わるコンテンツを作る必要があります。

通りかかった人の目に留まったとしても、情報が伝わらなければ覚えてもらえず、効果が出ないからです。

わかりやすいデジタルサイネージを制作する方法として、映像の視認性や可読性を上げたり、覚えてもらうためのキャッチコピーも考えたりしなければなりません。

一般的なデジタルサイネージでは、画面を分割して1つの画面には映像、もうひとつの画面には補足する情報のテキストを入れて制作します。

このように、動きのある映像と文字情報を同じディスプレイで表示することにより、効果的なデジタルサイネージになります。

(3)設置場所に注意する

デジタルサイネージは設置場所に適した内容でなければ、高い効果は期待できません。

場所が変わればターゲットの属性も変わるため、設置する場所に応じて、通りがかる視聴者層に焦点を当てながら、コンテンツを考える必要があります。

例えば、若い人が集まる場所には、若者に人気のある有名人をキャスティングしたり、外国人観光客が集まる場所には、多言語対応の動画を作成したり工夫しましょう。

(4)ターゲットに刺さる動画を作る

せっかく動画を流しても、ターゲットに刺さらず効果が出なければ意味がありません。

デジタルサイネージの動画を制作する際は、ターゲットだけでなく、ペルソナも明確にしておきましょう。

ペルソナを作成し、その人の生活をイメージすることで、抱えている悩みや問題点を発見しやすくなり、ターゲットに共感を生むようなメッセージを考えることができます。

そしてターゲットにあった訴求ポイントを動画に盛り込むことで、高い効果を得ることができます。

(5)サイズや仕様に配慮する

ディスプレイのサイズや仕様によって動画コンテンツを変える必要があります。

ビルの壁に設置されている大型ディスプレイから、駅構内にあるようなポスターサイズなど、サイズや仕様は様々です。

例えば、ショッピングモールでよく見られるタッチパネルディスプレイでは、ユーザーが欲しい情報をすぐに届ける必要がありますが、どのように操作したらいいのかわからないと思われてしまうとユーザーの役に立ちません。

ユーザーがタッチすべき場所を理解できるように直感的な画面にしたり、タッチした際に画面が反応してタッチしたと分かるようにしたりすることが重要です。

このように、どのディスプレイを使うかで内容も変えなければなりません。

(6)質にこだわる

デジタルサイネージの動画を制作するなら、質にこだわりましょう。

デジタルサイネージは大画面かつ高画質であるため、細部まではっきりと映ります。

そのため、クオリティが低ければ、マイナスな点が目立ってしまい、良い効果は期待できません。

また、多くの人の目に留まるため、その会社のイメージに直結する可能性が高いです。

高い質を担保できれば効果が出るだけでなく、会社のイメージアップにも繋がります。

デジタルサイネージにかかる費用は?

新しくデジタルサイネージの導入を考えている方の中には、デジタルサイネージにはどのくらいの費用がかかるのかと導入コストについて不安を感じる方もいることでしょう。

ここでは、ディスプレイ本体にかかるコストとデジタルサイネージの運用にかかる費用の2つを見ていきます。

(1)ディスプレイにかかる費用の相場

ディスプレイはサイズや用途、設置方法によって変わります。

それぞれのディスプレイ費用は以下の通りです。

  • 屋内用:10万円~20万円
  • 屋外用:20万円~40万円
  • スタンドアローン型:10万円~150万円
  • ネットワーク型:20万円~250万円
  • タッチパネル型:45万円~150万円

また、デジタルサイネージ導入には、ディスプレイのほかにもSTBの費用、CMSの費用、工事費用がかかります。

  • STB:1万円~3万円
  • CMS:月額4,000円~1万円(1端末につき)
  • 工事費用:条件次第

(2)デジタルサイネージの運用にかかる費用の相場

導入した後はデジタルサイネージを運用していかなければなりませんが、その場合にも

電気代、保守・サポートの費用、サーバー使用料が発生します。

それぞれの費用は以下の通りです。

  • 電気代:月2,000円程度(42型ディスプレイ)
  • 保守・サポート費用:月3,000円~5,000円
  • サーバー使用料:月5,000円以上

最後に

デジタルサイネージのメリットに加えて、動画制作のポイントやデジタルサイネージにかかる費用、おすすめの動画制作会社を解説しました。

デジタルサイネージの動画制作を検討される方は、ぜひ本記事を活用ください。


関連記事

  • 全国でおすすめの動画制作会社こちら
  • 動画マーケティングに強い動画制作会社はこちら
  • CG制作に強い動画制作会社はこちら
  • 格安の動画制作会社はこちら
  • アニメーション制作会社はこちら
  • 実績が豊富な動画制作会社のおすすめはこちら
  • 大手の映像制作会社こちら
  • デジタルサイネージ動画について詳しく知りたい方こちら
  • 動画制作にかかる時間や依頼するまでの流れを知りたい方はこちら
  • 動画制作の見積もりで確認すべきポイントこちら
  • 動画制作に利用できる補助金・助成金こちら
  • 動画制作の費用相場はこちら
  • 映像制作依頼の流れこちら
  • 映像制作会社選びのポイントこちら

無料のご相談窓口はこちら!あなたに最適な業社選定致します
\最短1分!/今すぐ相談
ぴったり、を選ぼう。PITTALAB
BtoBに特化した情報比較サイト難しい情報をもっと分かりやすく徹底比較。
データをグラフで表示するので一目で情報の整理が可能に!