ぴったり、を選ぼう。PITTALAB
記事サムネイル サイト売買会社.png

【2023年最新】サイト売買会社おすすめ24選!選び方のポイントも解説

twitterでシェア
facebookでシェア
はてぶ
公開日: 2021.03.31
更新日: 2023.01.26

WEBサイトやアプリの売買が世界中で注目されています。

収益性の高いサイトや利用ユーザー数が多いアプリは資産として人気を集め、利回りの良い案件の購入を試みる法人・個人が増えているのが現状です。

そこで今回は、

  • サイト売買の3つのメリット
  • サイト売買で注意すべき点
  • おすすめのサイト売買会社

を紹介します。

手数料の違いや仲介サポートの質に違いはあれど、売却も購入も可能なサービスが大半を占めるので、それぞれの会社が提供するサービスを比較しながら検討してみてください。

目次
目次

サイト売買の3つのメリット

1.高額な売却益の獲得

何らかの理由によってサイトを停止する場合に、サイトを売却することによって売却益を獲得することができます。

通常、サイトは管理人による定期的な手入れが必要ですが、サイトを売却することによってサイト運営から開放されます。
それに加えサイトを精算する場合、通常何年分かの営業利益を見越して売却することが可能であるため、高額な金額で売却することができます。

例えば、1ヶ月10万円の営業利益を生み出しているサイトの2年分であれば240万円で売却することが可能です。

あくまで取引なので相手との交渉次第になりますが、場合によっては高額な売却益を手にすることも可能です。

2.構築済みのサイトを短期間で獲得可能

サイトを購入とは、自分で諸般の面倒な立ち上げをすることなく、すでに成長しているサイトを手に入れることができるというものです。

通常、一定額以上の利益を生み出すサイトを作り上げるためには、人、金、時間といったリソースをつぎ込まなければいけません。
中でも時間はサイトを育成するために重要な要素です。
最低でも1年ほどは時間をかけないと毎月安定した利益を生み出し続けることは不可能に近いでしょう。

無論、その間サイトを成長させるために試行錯誤を続けなければいけませんし、その結果努力が実を結ぶとは限りません。

しかしサイトを購入することによって、それらのリソースをつぎ込まなくて済み、リスクを回避することもできるのです。
さらに、元サイト運営者から運営に関してのノウハウも教わることも可能です。

3.高い相乗効果を生み出せる

サイトを購入することで既存の事業と掛け合わせて高いシナジー効果を生み、大きな結果を実現することができます。
つまり「1+1=2」ではなく「1+1=10」を生み出すことが可能な場合もあります。

例えば、青汁という商品を店舗のみで販売している会社が健康関連の情報サイトを購入することで、ネットでも健康に良い青汁ということで商品を販売することができ、売上向上が期待できます。
すでに一定のPV数がある上に健康に興味のある層が読者として存在しているため売上が伸びる可能性は高くなりますし、青汁を購入したい層が定期的にサイトに訪れてサイト自体の売上も伸びるようになります。

このように、個々のビジネスでは実現できない結果も実現できるようになるのです。

サイト売買で注意すべき点

サイト売買で注意すべき点は「会社が仲介してくれるかどうか」です。

仲介してもらえれば、お金を受け取れずにサイトを持ち逃げされる、サイトを受け取れずにお金を持ち逃げされる、というようなトラブルに発展する可能性が低くなります。

もちろん直接取引のほうが仲介会社に払う手数料はかからない分、金銭的負担は少なくなります。
しかしその反面、予想以上に取引に時間がかかったり、危険性が増えたりするということを覚えておきましょう。

他にも、サイト運営に必要なノウハウを自発的に提供しないサイト運営者もいます。
仲介会社によってはそういった面もサポートしてくれるので、サイト売買経験が浅い方には仲介会社の利用がおすすめです。

サイト売買会社おすすめ24選

おすすめのサイト売買会社を紹介します。

売買サイトによって取り扱っているサイトや規模などが違うので、8つの比較項目で比較しながら自社に適したサイト売買会社を見つけてください。

1

Awesome

Awesome.png

引用:公式サイトより

株式会社ユービジョンが運営するWEBサイトM&Aサービス「Awesome」は、完全非公開、完全審査制、完全成果報酬でコンサルティングやM&A仲介を行っています。

仲介だけでなく、企業価値を最大限に高めるサポートを行い、数億円規模を目指せる売却ノウハウを提供します。

主な売買サイト規模1億円以上
サポート
会員登録の有無
実績-
無料査定
査定基準運営期間、月間売上、月間営業利益など
発信メディア
取り扱いサイトアフィリエイトサイト、通販サイト、会員制サイト など
2

かえでファイナンシャルアドバイザリー株式会社

かえでファイナンシャルアドバイザリー株式会社.png

引用:公式サイトより

かえでファイナンシャルアドバイザリー株式会社は、さまざまな業種・業界のM&Aを支援している会社です。

相談からクロージングまで手数料がかからない完全成功報酬制となっているため、相談料・着手金がかかりません

主な売買サイト規模-
サポート
会員登録の有無
実績90件以上
無料査定◯ ※無料相談
査定基準
発信メディア
取り扱いサイトECサイトなど
3

株式会社ビザイン

株式会社ビザイン.jpg

引用:公式サイトより

株式会社ビザインは、M&Aに関連する一連のアドバイスと契約成立までの取りまとめを行ってくれる会社です。

相談料・着手金は一切かからず成功報酬のみ定められています。

主な売買サイト規模-
サポート
会員登録の有無-
実績-
無料査定
査定基準-
発信メディア
取り扱いサイト-
4

株式会社スプリングフィーリング

引用:公式サイトより

株式会社ウィルゲートは買い手と売り手を繋ぐ仲介サービスを提供しています。

累計6,200社にWEBマーケティング支援を行っていたことにより、企業との繋がりが深く、最適な買い手先を見つけることができます。

主な売買サイト規模40万~300万
サポート
会員登録の有無×
実績要問い合わせ
無料査定
査定基準要問い合わせ
発信メディア×
取り扱いサイトECサイト、アフィリエイトサイト、アプリ等
5

株式会社トランビ

引用:公式サイトより

株式会社トランビのTRANBIは、日本最大級の案件数を誇っている売り手と買い手をマッチングさせるプラットフォームです。

売り手は期日までに成約報告手続きを行うことで手数料無料となり、買い手は成約額の3%(最低金額30万)かかります。

主な売買サイト規模200万~1億
サポート
会員登録の有無
実績ネットショップ売却、アプリ売却など
無料査定×
査定基準×
発信メディア
取り扱いサイトECサイト等
6

ラッコ株式会社

引用:公式サイトより

ラッコ株式会社のラッコM&Aは、お取引に必要な「売買交渉チャット」「弁護士相談チャット」「契約書生成」「電子契約開始処理」を全て行うことができるサイトM&A仲介サービスです。

売り手は完全無料で利用できるのに加えて、安心して取引できるように「無料弁護士サポートサービス」「エスクローサービス」の2つのサービスが利用できます。

主な売買サイト規模5万~200万
サポート
会員登録の有無
実績要お問い合わせ
無料査定
査定基準売上/営業利益、PV/UU、直近のサイト運営状況など
発信メディア×
取り扱いサイトアフィリエイトサイト、ECサイト、ブログ等
7

エニーワークス

引用:公式サイトより

エニーワークスのWEB EXCHANGは、従来の運営が売買を仲介する仕組みとは異なり、売主と買主が直接交渉可能なサイトM&Aサービスです。

マージン価格は売却価格の3%お支払のみとなりますが、直接の取引に不安を感じる方には「オプション」も用意してあるので安心して利用することが可能です。

主な売買サイト規模1万~100万
サポート
会員登録の有無
実績要問い合わせ
無料査定
査定基準要問い合わせ
発信メディア×
取り扱いサイトアプリ、WEBサイト等
8

株式会社ウィルゲート

引用:公式サイトより

株式会社ウィルゲートは買い手と売り手を繋ぐ仲介サービスを提供しています。

累計6,200社にWEBマーケティング支援を行っていたことにより、企業との繋がりが深く、最適な買い手先を見つけることができます。

主な売買サイト規模-
サポート
会員登録の有無
実績買い手企業500社、成約自責13件、10億円以上の成約
無料査定
査定基準-
発信メディア
取り扱いサイトキューレーションサイト、マッチングサイト、ECサイト等
9

AIGATE株式会社

引用:公式サイトより

AIGATE株式会社のGrowth M&Aは、経験豊富なコンサルタントが在籍しており、買い手ニーズに合わせたオペレーション支援を行いバリューアップを前提とした高額売却を実現するサイトM&A仲介サービスです。

仲介プランと直接プランの二つのプランが用意されているのでユーザーにとって最適なサービスを利用することが可能。

主な売買サイト規模要問い合わせ
サポート
会員登録の有無
実績年間マッチング数150件以上、買い手数5,000人以上
無料査定
査定基準純資産、営業利益など
発信メディア×
取り扱いサイトECサイト、ポータルサイト等
10

株式会社ストロボ

引用:公式サイトより

株式会社ストロボのサイトM&A運用移管エスクローサービスは、売り手と買い手との情報非対称性を解決するサービスです。

適正価格でのスムーズな売買成立が期待できます

主な売買サイト規模要問い合わせ
サポート
会員登録の有無×
実績要問い合わせ
無料査定×
査定基準×
発信メディア
取り扱いサイト要問い合わせ
11

チェンジ

引用:公式サイトより

株式会社ワンのチェンジは、脱毛、酵素ドリンクなど複数のジャンルで1~2位を獲得しており、M&Aの仲介サービスを提供しています。

サイト購入後につまづきやすい企業や個人のために「無料」と「有料」のコンサルティングサービスも提供しています。

主な売買サイト規模10万~300万
サポート
会員登録の有無×
実績副業完全ガイド掲載
無料査定
査定基準要問い合わせ
発信メディア
取り扱いサイトアフィリエイトサイト、ECサイトなど
12

株式会社Adfox

引用:公式サイトより

株式会社AdfoxのsmartM&Aは、メディアに特化したM&A仲介サービスです。

メディア運営経験豊富なアドバイザーによるサポートに加え、成約手数料しか発生しないので基本無料で利用可能です。

主な売買サイト規模50万~500万
サポート
会員登録の有無
実績要問い合わせ
無料査定
査定基準要問い合わせ
発信メディア
取り扱いサイトキュレーションサイト、アフィリエイトサイトなど
13

株式会社パラダイムシフト

引用:公式サイトより

株式会社パラダイムシフトは、M&A仲介サービスを提供しています。

10,000社強のIT企業と繋がりを持っているためIT業界の知識や情報量が豊富な点が強みです。

主な売買サイト規模要問い合わせ
サポート
会員登録の有無×
実績年間30~40件M&Aサポート
無料査定要問い合わせ
査定基準ウェブサイトの規模、ユーザー数など
発信メディア
取り扱いサイト要問い合わせ
14

サイトバリュー

引用:公式サイトより

留学JP株式会社のサイトバリューは、WEBサイト買取・サイト売買仲介サービスです。

サイトバリューで買い取れないサイトを手数料無料で仲介することも可能です。

ただし買主が仲介サービスを利用する場合は、売買金額の5%が手数料として発生します。

主な売買サイト規模運営期間が長いサイト(3年以上が望ましい)、取引顧客数あり(赤字でも可)
サポート
会員登録の有無×
実績要問い合わせ
無料査定
査定基準売上など
発信メディア
取り扱いサイトブログ、アフィリエイトサイトなど
15

株式会社サイトバンク

引用:公式サイトより

株式会社サイトバンクのサイトバンクは、サイト売却案件をまとめた日本最大級のサイト売却案件情報ポータルサイトです。

掲載・商談・売買成約まで完全無料で利用することができます。

主な売買サイト規模10万~100万
サポート×
会員登録の有無
実績要問い合わせ
無料査定×
査定基準×
発信メディア
取り扱いサイトキュレーションサイト、ECサイトなど
16

ビジョナル・インキュベーション株式会社

引用:公式サイトより

ビジョナル・インキュベーション株式会社のビズリーチサクシードは、完全審査・会員制のM&Aプラットフォームです。

譲渡対価5億円以下の場合、着手金、中間報酬、成功報酬が一切かかりません。

主な売買サイト規模要問い合わせ
サポート
会員登録の有無
実績売り手登録2,830件、買い手登録5,911件
無料査定×
査定基準×
発信メディア
取り扱いサイト要問い合わせ
17

株式会社GEAR

引用:公式サイトより

株式会社GEARは、サイト売買を仲介するサービスを提供しており、自社でも売却・購入を300サイト以上行っているサイトM&Aの知見が豊富な会社です。

主な売買サイト規模30万~1,000万
サポート
会員登録の有無要問い合わせ
実績仲介にて月商250万の金融系サイトを約1.3億で売却など
無料査定要問い合わせ
査定基準要問い合わせ
発信メディア
取り扱いサイトアフィリエイトサイト、ポータルサイトなど
18

UREBA

引用:公式サイトより

株式会社フォーイットのUREBAは、サイトの売り手の買い手をマッチングするプラットフォームです。

売却金額が高額な場合のみ、コンサルタントが売却戦略の立案から営業までサポート

UREBAのみと独占契約することで売り手の手数料は0になります。

主な売買サイト規模10万~500万
サポート
会員登録の有無
実績2020年成約数№1(2020年1Q時点UREBA調べ)
無料査定
査定基準月間売上、営業利益、月間PVなど
発信メディア×
取り扱いサイトアフィリエイトサイト、ECサイト、アマゾンアカウントなど
19

サイト売買Z

引用:公式サイトより

株式会社サイトM&Aパートナーズのサイト売買Zは、成約率が50%を超えるサイトM&A仲介サービスです。

サイト運営者自身がサイトM&Aの経験者であり、その経験から得た知見を生かして仲介を行っています。

主な売買サイト規模10万~300万
サポート
会員登録の有無
実績累計成約額10億円突破
無料査定
査定基準要問い合わせ
発信メディア
取り扱いサイトAmazonアカウント、ブログなど
20

TRENDIX株式会社

引用:公式サイトより

TRENDIX株式会社は、国内で唯一、インターネット・メディア分野に特化したM&Aソリューションを提供しています。

幅広い知見とトレンドに対する深い洞察からのアプローチにより、成果へと導きます。

主な売買サイト規模要問い合わせ
サポート
会員登録の有無×
実績要問い合わせ
無料査定要問い合わせ
査定基準要問い合わせ
発信メディア
取り扱いサイトインターネットメディア
21

株式会社ゼスタス

引用:公式サイトより

株式会社ゼスタスのサイトレードは、仲介実績が豊富なサイト売買専門アドバイザー集団が強みとなっているサービスです。

2,000件以上の相談実績もあるため、適正価格の査定が可能です。

主な売買サイト規模100万~4,000万
サポート
会員登録の有無
実績数百件の仲介
無料査定
査定基準月間売上高、月間営業利益、月間PV数など
発信メディア
取り扱いサイトポータルサイト、アフィリエイトサイトなど
22

エベレディア株式会社

引用:公式サイトより

エベレディア株式会社のサイトマは、サイト売買のアドバイス、無料査定、面談のセッティング、契約書作成、エスクローサービスなど全てを代行している仲介サービスです。

着手金3万円(税別)仲介手数料15%(税別)最低成果報酬30万円(税別)と少々割高のように思えますが、全て代行可能でサイト売買時のリスクがなく、安心してサイト売買を行えるので決して高い金額ではありません。

主な売買サイト規模50万~500万
サポート
会員登録の有無×
実績バスレーシングアプリ850万売却、Googleサービスの情報ポータルサイト390万売却
無料査定
査定基準月間の平均営業利益など
発信メディア
取り扱いサイトアプリ、アフィリエイト、ブログ等
23

株式会社 Easy Communications

引用:公式サイトより

株式会社 Easy CommunicationsのWEBサイト買取サイノツノはサイト買取専門のサービスです。

経験豊富なスタッフが将来を見据えて買い取り査定を行い、3営業日程度で概算査定終了、最短2週間で買取完了とスムーズに売却することができます

主な売買サイト規模5万~5,000万
サポート要問い合わせ
会員登録の有無×
実績要問い合わせ
無料査定要問い合わせ
査定基準ページビュー、売上、営業利益など
発信メディア×
取り扱いサイトブログ、ポータルサイト、WEBサービス
24

株式会社サイトストック

引用:公式サイトより

株式会社サイトストックは2007年から運営しており、各メディアから取り上げられるほどの運営実績を誇っています。

数千社のネットワークに加えて、数千万円もの非公開案件を多数保有してことがサイトストックの強みです。

主な売買サイト規模10万~1,000万
サポート
会員登録の有無
実績ワールドビジネスサテライトなどのメディアに掲載
無料査定
査定基準システム資産、情報資産、収益力など
発信メディア
取り扱いサイトAmazonアカウント、ECサイト、アフィリエイトサイトなど

この記事を読んだ方におすすめ!

資金調達をお考えの方はこちら!

資金調達の方法は3つ!経営者が必ず押さえておきたい方法とは

WEBマーケティングに興味がある方はこちら!

【2つの軸で紹介】WEBマーケティングに強いおすすめなWEB制作会社

LPOとは?LPOで収益向上を図ろう!

Webマーケティングの軸となるLPOとは?仕組みや活用方法を解説

最後に

サイト売買会社を利用することで、円滑にサイトを売却することも購入することも可能になります。

便利な半面、着手金や成約手数料はかかりますが、手数料が安い会社や手数料が一切かからない会社も存在します。

会社によってはクロージングまで支援をしてくれる会社も存在するので、ぜひ自社に適したサイト売買会社を見つけてください。


無料のご相談窓口はこちら!あなたに最適な業社選定致します
\最短1分!/今すぐ相談
ぴったり、を選ぼう。PITTALAB
BtoBに特化した情報比較サイト難しい情報をもっと分かりやすく徹底比較。
データをグラフで表示するので一目で情報の整理が可能に!