ぴったり、を選ぼう。PITTALAB

unnamed (7).jpg

採用動画の費用とは?相場や費用を抑える方法もご紹介

twitterでシェア
facebookでシェア
はてぶ
公開日: 2022.05.10
更新日: 2022.05.10

高齢化社会、また少子化が進む日本において、優秀な人材を採用するのは容易ではありません。またせっかく採用した人材が、ミスマッチにより転職してしまうことも防ぎたいものです。

そこで企業の業務内容や企業理念、社員のインタビューなどを動画で伝えることによって、ミスマッチを減らすことができます

また採用動画を使ってホームページやSNSなどで拡散させることによって、情報を広めることができるのもメリットといえるでしょう。

採用動画は10万円〜200万円以上と幅広くなっています。撮影時間、関わった人数、撮影する場所、動画の長さなどによって価格が決まります。そのため費用を抑えるためには、これらを少なくするとよいでしょう。

目次
目次

採用動画とは?

高齢化社会、少子化社会において人材の確保が難しくなっています。そこで求職者に会社を紹介して動画をみせて、会社をアピールするケースが増えています。コンテンツと画像だけでは伝わらないことも、動画だと伝わることが格段に多くなります。

採用動画の基本情報

経営者や社員が、会社の理念や企業内容、業務内容などを動画で説明するのが基本的な採用動画です。そのほかにも社員の一日の仕事内容を撮影したり、ブランドイメージを動画で伝えたりとテキストや画像では伝わらない内容まで、動画で求職者に伝えます。

求職者の立場でも、動画で見ることで企業の様子をより理解しやすくなり面接の準備、また終業後の自分を想像しやすくなるでしょう。

このように採用側にも応募側にもミスマッチがなくなることが大きなメリットです。

また動画はSNSで拡散しやすく、多くの人に知ってもらえる媒体でもあります。逆に悪いイメージも伝わりやすいので注意が必要です。近年商品紹介なども動画広告が増えてきましたが、採用においても導入されています。

採用動画の種類

採用動画には、以下の3種類があります。

  • ブランドイメージ動画
  • 企業紹介
  • 社内インタビュー

企業概要や経営理念、事業内容やブランドのイメージなどを求職者に伝えるのが大きな目的です。それぞれ目的が異なるため、使い分ける必要があります。

ブランドイメージ動画

良質な内容の動画コンテンツを作ることにより、企業のブランドイメージを上げられます扱う商品やサービスの内容がわかりやすく伝えられる他、社内の様子も含めたブランド力のアピールになります。

また求職者に対してだけではなく、BtoB企業においても認知を上げるなどさまざまなメリットがあります。

ブランドイメージ動画を作成するときは、ブランドイメージやターゲティングを明確にすることが重要です。例えば最先端のサービスを提供している会社であれば、スタイリッシュな動画にするべきでしょう。

またターゲットが不明確だと、結果的に視聴者に伝わらないことになってしまいます。求職者向けなのか、サービスを紹介したいのかわかりづらい動画にならないようにしましょう。

企業紹介

企業の概要や企業理念、企業が扱っている商品やサービスなどを動画を通して伝えていきます。テキストと画像だけではなかなか伝わらないようなことでも、例えば実際に商品を見せることによって、イメージがわきやすくなります。

説明している人の雰囲気からも、会社のイメージが伝わることも少なくありません。企業概要や紹介はテキストで書くと、他社との差別化をしにくいのですが、動画にすることにより、求職者に伝わりやすいメリットがあります。

テキストだけだと読むのが面倒という方でも、動画なら見たいという場合も少なくありません。会社の紹介も言葉だけで説明するよりも、情報量の多い動画の方が伝わることが多くあります。

あまり長い時間だと飽きてしまうので、2分くらいでまとめていることが一般的です。

社内インタビュー

経営者から、社長、役職者、従業員など社員のインタビューを求職者に伝えることによって、どのような会社なのか、職場環境はどうなのかなどをアピールします。求職者にとっても、テキストだけで判断するよりも社員の様子を見ることで、会社をイメージしやすくなります

最も動画のコストを抑えられるのは社内インタビューです。場所は社内、登場する人物は社員が1〜2名、時間は2分ほどとシンプルながらも伝わりやすい動画を作ることができます。

いろいろ凝った動画もありますが、動画の質に意識がいってしまい実際の企業の内容が入ってこない場合があります。その点社内インタビューの方が相手に伝わりやすいことがあります。

特にこれから一緒に働くメンバーの声が効果的です。

採用動画の相場について知ろう

採用動画の相場ですが、10万円から200万円以上と幅広くなっています。制作会社によっても異なり一概にはいえないのですが、一般的な相場に対する制作内容をご紹介してきます。

予算を立てるときの目安にしてください。

  • 10~30万円
  • 40~80万円
  • 90~150万円
  • 200万円以上

10~30万円

まず10万円〜30万円の相場ですが、一般的に簡単なインタビュー動画になります。動画の長さは2〜3分、出演できるのは社員1〜2名、カメラは1台、ロケをできる場所は1か所といった具合です。

シンプルな動画になるため、撮影日は半日が一般的です。しかし編集などの制作期間を含めると3〜4週間程度かかることが多くあります。

主にコストを抑えて採用動画を作りたい企業、説明会などで流す動画を作りたい企業、他にも急ぎで動画が必要な場合などに向いています。

撮影する日数が1日以下のため、最も業務に支障がでにくい動画撮影方法でもあります。

40~80万円

40万〜80万円の動画の場合、インタビューだけではなく、社内の様子や就業中の様子などをおさめたイメージカットを追加することができます2分のインタビュー動画にイメージカットが1分というのが一般的です。

インタビューをする場所と、現場の2か所でロケをすることができますが、イメージカットを追加するだけなので出演者は1名です。40万円〜80万円の動画を利用する企業は、企業の特徴や魅力を伝えるだけでなく、事業内容を押し出したい場合に利用するケースが多くなります。

閲覧している求職者にとってみると、採用されたあとにどのような雰囲気でどのように仕事をするのか想像できるのがおおきな魅力です。あとはわからない部分を面接で聞けばミスマッチが少なくなります。

90~150万円

90万円〜150万円の採用動画は、社員に密着した1日の様子などを撮影することが一般的です。インタビューを含めないことが多いので、すでに企業概要は把握している求職者に対して、より詳しく業務内容や職場の雰囲気などを伝えたいときに導入するケースが多くなっています。

出演者は社員がメインですが、プロのモデルを採用するケースもあります。撮影日数は3日ほどで、最終的に動画が出来上がるまで2ヵ月ほどかかります。

求職者の中には仕事内容だけでは、実際どのような業務なのか想像できない人もいるでしょう。そういう人の中で実際に就職してから、イメージが違ったと退職するケースは少なくありません。

そこで仕事内容を伝えることにより、ミスマッチ、離職率を下げる効果があります。

200万円以上

200万円以上の採用動画は、ドラマやコマーシャルのような採用動画になります。ストーリーの中に応募者が興味をもつような、企業の理念につなげている内容です。

動画の長さはストーリーの内容や予算によっても変わります。動画の長さにあわせて映像素材が多く必要であることから、撮影日は3日以上かかると考えてよいでしょう。

200万円以上の採用動画は、応募者に対してまず会社への関心をもってもらうことからスタートします。ストーリーが自分の境遇と似ている、もしくは共感できるようであればより頭にイメージが残りやすくなります。

この採用動画をみたあとは企業に関心を持つ人が増えることが予想され、会社のホームページや紹介動画などのリンクを設定するとより効果的です。

採用動画の費用を安く抑える方法

ここまで説明したように費用がかかる採用動画ですが、以下のように費用を安く抑える方法があります。

  • 撮影日数を増やさない
  • 人も場所も自社で用意
  • 動画時間を短くする

撮影人数や、かかわる人数、動画時間が増えれば増えるほど費用が高くなる仕組みとなっています。

撮影日数を増やさない

採用動画は撮影日数が増えれば増えるほど、費用が高くなります。それは撮影機材のレンタルや人件費は、利用した日数分だけ費用が発生するためです。そこで撮影日数をできるだけ減らすことで、費用を安く抑えられます

長い時間撮影したからといって、必ずしもいい動画になるとは限りません。そのためできる限り短い撮影日数で、効果的に撮影をするようにしましょう。

また、効率的に撮影できるような採用動画制作会社を選ぶようにしてください。ただ撮影するだけでなく、マーケティング戦略のノウハウを持っている採用動画制作会社を選ぶことをおすすめします。

上記で説明したように、動画の内容にあわせた適切な撮影日数があります。一概には言えませんが、参考にしてください。

人も場所も自社で用意

撮影場所をレンタルすると、その分の費用がかかり移動費を含めるとさらに高額になります。そこで自社で撮影をすることで、撮影場所代が不要になります。

自社オフィスを使うことで、良く知っている場所であることからスムーズに撮影が進む点や、見ている人にとって自社オフィスの方がイメージがつたわりやすいといったメリットもあります。

さらに、代表インタビュー動画など、出演者も自社の人間が行うことによって人件費を最小限に抑えることができます。採用動画は会社の特徴や良さ、ブランド、仕事場の環境、企業理念などを伝えることが目的であり、芸能人などプロを依頼する必要はありません。

採用動画の目的によって、撮影場所や出演者などが異なります。詳しくは制作会社と相談するとよいでしょう。

動画時間を短くする

企業の良さを伝えたくて、いろいろな動画を作ろうとするとそれだけ費用が高くなります。動画作成の費用は、動画時間にも比例します。

そこで予算の中で、効果的なシーンを選ぶことが重要なのです。また、動画が長いと、見ている人にとって頭にはいってこないといった面もあります。費用面以外でも、必要な部分を凝縮することによって動画時間を短くすることが効果的な動画につながります。

特にSNSで拡散する場合、2分くらいまでの方が目に入りやすくなります短い時間でどうやって効果的な動画にするかを考えるようにしましょう。

しかし、一日密着など目的によっては、動画時間を短くしたら効果が下がる場合もあります。社内インタビューの場合は2分までで作られることが多く、動画の目的によって適切な動画時間は異なります。

採用動画を作成するメリット5つ

採用動画を作成するメリットは、以下の5点が挙げられます。

  • SNSを用いて拡散できる
  • 会社について正確にアピールがしやすい
  • ミスマッチを減らすことができる
  • 企業を身近に感じられる
  • イメージが印象に残りやすい

デメリットまで把握して、採用動画の導入をしてください。

SNSを用いて拡散できる

TwitterやInstagramなどSNSに掲載することができます。バナーに動画を載せることもできますが、社内公式アカウントに動画を載せて、拡散してもらうとコストをかけずに企業の宣伝ができます。

SNSの普及率は年々あがっており、見ている人が多ければすぐに拡散されます。しかし良い評価だけでなく悪い評価も拡散されやすいので注意をしてください。

TwitterやInstagram、Facebookなど、それぞれのSNSによって年齢層が異なります。そのためどのような人材を採用したいかによって、利用するSNSを使い分けるとよいでしょう。

会社について正確にアピールがしやすい

テキストや画像だけの説明だと、人それぞれ理解の仕方が異なります。間違って解釈されると、かえって逆効果になる危険性があります。そこで採用動画を作ることで、テキストや画像と比べて情報量を増やすことができ、求職者に正しく企業の内容を伝えられる可能性が高くなります

採用動画は会社の公式ホームページに載せたり、リンクさせることが一般的です。そのため企業の概要や会社理念の言葉を使って、より詳しく伝えることにより視聴者に共感してもらいやすくなるでしょう。

採用動画はテキストだけでは誤解されやすいことを、言葉で説明することによって正確に理解してもらえるメリットがあります。

ミスマッチを減らすことができる

企業の雰囲気や理念、また求めている人材を動画で伝えることによってミスマッチを減らすことができます。これまでだと求職者は求人情報や会社の公式ホームページを見て企業を理解し、面接に臨むことがほとんどだったでしょう。

面接の場でも緊張してしまい、必要なことが聞けない可能性もあります。そのままの状況で入社をすると、思っていたイメージが違った理由から離職するケースが少なくありません。

また、テキストの説明だけだと、間違って理解をすることも少なくはありません。そこで動画で説明をしたり、実際に仕事内容を見せることでより企業を理解しやすくなり、ミスマッチを減らしていけるでしょう。

企業を身近に感じられる

企業の様子を動画にすることで、より企業を身近に感じられます例えば会社員の一日の様子を流している動画であれば、自分が採用された場合どのような仕事をすればいいのか、またどのような環境で仕事をできるのか想像しやすくなります。

想像ができているので、面接の場でも面接官との温度差が少なくなり質問をしやすくなるでしょう。

面接で「採用動画をみたのですが」と切り出すことにより、面接官にも何を伝えたいかがすぐに伝わります。

また採用動画により、どのような雰囲気の人が働いているのかもわかります。社員の写真がホームページなどに載っていることがありますが、実際に会うとイメージが全然違うことがあるため、動画を活用するメリットは大きいといえます。

イメージが印象に残りやすい

テキストや画像と違う動画だと直感的に相手に伝えることができるため、イメージが印象に残りやすいメリットがありますたとえばテキストで書くと冷たく伝わるようなことでも、動画にすることにより人柄も伝わるため、より素直に受け取れることもあります。

また仕事場の様子を動画で見せることができると、どのような環境で仕事をできるのか想像しやすくなります。

離職する人の中で、「最初にえがかれていたイメージと違った」と答える人は少なくありません。しかし動画でイメージをつかむことができるので、ミスマッチ、離職を防ぐことができます。

採用動画を作成するデメリット4つ

採用動画を作成する場合、以下のようなデメリットもあります。

  • 悪い印象を与える可能がある
  • 動画時間が長いと伝わりにくい
  • 動画編集スキルが必要
  • 通信制限を気にする人に敬遠される

動画の内容によっては、いい印象も悪い印象も与えることができます。さらに動画時間が長いとそれだけで悪い印象になる場合もあります。

悪い印象を与える可能がある

採用動画はテキストや画像よりも情報量が多く相手に伝えやすい反面、悪い印象を与える可能性もあります。動画の印象が悪い、もしくは動画でいい印象をもったのに実際に面接にいくとイメージとちがったなど、悪い印象を持ってしまうと悪い評判が広がりやすいと考えてください。

普段会社情報を読まない人でも、動画であれば見る可能性があります。そのため採用動画を作成するときは、必ず正しい情報を伝えることが重要です。さらに上から目線になってしまうと、視聴者の反感をかってしまいます。

視聴者目線の動画を作ることが、企業の様子を正しく伝える効果的な方法です。

動画時間が長いと伝わりにくい

あまりに動画が長いと見ている人が飽きてしまいます。また最終的に何を伝えたかったのかわからなくなるケースも少なくありません。最も必要なことを短い時間でまとめることが大切です。

短い動画といっても、要点は必ず抑えておく必要があります。視聴者が動画を見終わった後にどんな内容だったか、すぐに頭に残る動画が理想的です。

また動画時間が長いと費用が高くなり、デメリットが大きくなります。無駄な動画時間は費用対効果が悪くなるだけなので注意しましょう。

動画の構成自体は制作側とよく話し合いをするようにしてください。また自社が思うような動画を作れる制作会社を選ぶことも重要です。

動画編集スキルが必要

自力で動画を作る場合は、動画編集スキルが必要になります。同じように撮影した動画でも、編集スキルによっては全く違う動画になります。

文字入れや動画のカットなど基本的な技術はもちろんですが、視聴者が見やすいように配慮できるスキルも求められます。そのためには採用動画を中心に、いくつもの動画を見ることが大切でしょう。

また動画に対して、視聴者がどのような感想をもっているかコメントをチェックできると,

よりよい動画を制作するための参考データとなります。制作者が自信を持った動画でも、視聴者が満足しなければ、動画作成の意味がなくなってしまいます。

動画の編集は時間がかかるため、自社でする場合は人件費が必要になることを押さえておきましょう。

通信制限を気にする人に敬遠される

動画はテキストや画像と比べて情報量が多い分、通信制限を気にする人にとってはマイナスなイメージになる場合があります特にホームページを開いたらすぐに動画が流れるような場合、データ量を一気に費やしてしまうことになります。

動画はどうしてもテキストや画像と違い、データ量が多く必要になります。例えば通信制限になっていても、テキストなら開けても動画は開けないこともあります。

しかし近年ではデータの容量は使い放題のプランが安くなっており、それほど注意する必要がある点ではありません。

対処法をあげるとしたら、テキストでの説明部分とページをわけることでしょう。

採用動画作成で気をつけること

ここまで採用動画作成の説明をしてきましたが、以上のことから、採用動画作成で気を使うことは以下の4点です。

  • 自社の魅力をきちんと伝える
  • 客観的な視点を持つ
  • 採用したい人の像を具体化する
  • ライバル社の採用動画を確認

自社の魅力をきちんと伝える

採用動画の一番の目的は、 求職者に対して自社の魅力を正しく伝えることです。特に動画ではテキストや画像では伝わらないような、会社の雰囲気や職場の様子などを伝えることが一般的です。

また社員インタビューを取ることによって、どのような人が働いているのかイメージしやすくなるのも求職者にとってはメリットになります。

ただありきたりな会社概要や企業理念を読みあげるだけの動画では、相手につたわりづらく誤解を与えてしまう可能性があります。採用動画は、テキストや画像よりもよりわかりやすく伝えることが大きな目的です。

視聴者の立場になって、自社の魅力が伝わっているかどうか何度も確認をしてください。ちょっとした言葉の使い方でも、伝わり方が変わってしまう点に注意が必要です。

客観的な視点を持つ

企業を紹介したいあまり、観ている人の立場に立っていない動画があります。見ていて不快になったり、見にくいと感じてしまったりすると、採用動画や企業そのものの印象は悪くなります。

ただ一方的に企業の説明をしているだけだと、視聴者の共感を得ることはできません。求職者の共感を得てこそ、就業してからのミスマッチングを減らすことができます。

そのため求職者の立場にたって、動画を何度も見返すことが大切です。特に業界用語を連呼すると、何を話しているのかわかりにくくなります。業者のことを知らない人に対しても、わかりやすい動画を作るようにしましょう。

視聴者の立場に立って動画を作るためには、客観的に自社の強みや弱みを知ることが大切です。

採用したい人の像を具体化する

企業の特徴はもちろんですが、採用したい人の像を具体化することが重要です。求職者にとって企業の特徴を知ることはもちろんですが、 どのような人材を必要としてるかを確認するために採用ページを見ている人がほとんどでしょう。

あまりに凝った企業紹介の動画を作ってしまうと、せっかくのスキルを持った人材であっても自分には合わないと思われてしまう可能性があります。

企業の紹介をしたあとに、どんな人が活躍しているのか、どんな人が評価されるのかを明確にしてください。いくら頑張っていても、なぜ評価されないかわからないとモチベーションを上げるのが難しくなります。

スキルや人間性、経験など過去に採用した人を紹介するのもよいでしょう。

ライバル社の採用動画を確認

同業他社の採用動画は必ず確認するようにしてください。同じ業界での採用動画は十分に参考になりますし、 応募者にとって評判の良い動画であればSNSなどで拡散されるはずです。

SNSの投稿内容やコメントを見ることで、求職者がどのようなことを求めているのかが分かります。少子化が進む現在において、消費者のニーズを掴むことも重要な採用活動となります。

ライバル社がどのように会社や商品、サービスを紹介しているかも参考にするとよいでしょう。

またライバル社の採用動画を見ると、ライバル社がどのような人材を必要としており、どのような方向に進もうとしているかもわかります。競合他社の動向分析は重要であり、採用動画も一つの参考材料になります。

最後に

高齢化社会や少子化が進む日本において、働き手が減っている現状です。さらに働き方改革において、終身雇用が崩壊しつつある今必ずしも正社員を目指すとは限らず、学生の間から独立して仕事をしてる人も少なくありません。

そのためこれまで以上に、優秀な人材を採用するのが難しくなっています、また企業もこのような状況に対応するために、WEBにおいて採用活動をしています。今までのようなテキストと画像だけでは、会社の良さが求職者には伝わりづらい時代となっています。

より明確に業務内容や会社の雰囲気を求職者に伝えることによって、ミスマッチングが減ることになり採用側の企業にとっても採用動画は大きなメリットがあります。SNSで拡散されやすいのも特徴の一つです。


無料のご相談窓口はこちら!あなたに最適な業社選定致します
\最短1分!/今すぐ相談