ぴったり、を選ぼう。PITTALAB
社内報に対応可能.png

社内報に強い動画制作会社おすすめ8選!選び方やメリットも解説

twitterでシェア
facebookでシェア
はてぶ
公開日: 2021.09.29
更新日: 2022.08.17

「おすすめの社内報動画制作会社が知りたい」
「社内報制作を依頼する会社って、どういう観点で選ぶべきなのだろう?」

と悩んでいるのではないでしょうか?

そんな方に社内報向けのおすすめ動画制作会社や動画を用いるメリットなどをご紹介します。

この記事を読めば、理想の社内報作りが可能になります。

重要視したいニーズに注目しながら、依頼したいと思える企業を見つけていってください。

目次
目次

社内報の動画制作を依頼するときに発注者が見るべきポイント

おすすめの会社を紹介する前に、まず優良な動画制作会社を見極めるポイントをチェックしておきましょう。

  • 実績が豊富
  • WebやYouTubeなど様々な媒体に対応
  • 短納期で依頼できる
  • サポート内容が充実している
  • 格安で依頼できる

社内報という性質上、実績が豊富であることは大きなポイントです。

社内の空気感を良好にすることや、ビジョンを共有することなど一般的な動画とはまた違った特性のある動画制作ができる会社である必要があります。

どんな媒体に対応しているのか、サポート体制はどうなっているのかについても確認しておきましょう。

また、コスト面や納期についても撮影・編集等企業によって大きく差が出てくるポイントですので、リサーチしたうえで依頼する必要があります。

社内報に強い動画制作会社おすすめ8選!比較項目も紹介

実際に、社内報向けの動画制作会社のおすすめを紹介していきます。各社の特徴を表にまとめたので、ぜひご覧ください。

1

ムビハピ

header_logo.png

引用:公式サイトより

【ポイント】

TVの情報番組やドキュメンタリーのように、わかりやすい動画が作れる

在籍するのが元TVの制作スタッフの方々のため、反響の出やすい動画のノウハウや実績が多数

丸投げOKで安心、企画~納品まで全てワンストップのため柔軟に対応可能

株式会社アジアピクチャーズエンタテインメントは東京都港区にオフィスを構え、元TVディレクターによるTVのノウハウを活かした企業動画制作会社です。

同社は「企業のファンを増やす」「エントリー数を増やす」「コンテンツ力の高い」動画制作会社部門で3冠を達成しています。「ガイアの夜明け」「スッキリ」といったドキュメンタリーや情報番組を制作してきた実績があり、TVのようにわかりやすく、反響の大きい動画制作を得意としています。

ベンチャーから大手企業まで実績が豊富で、企業ブランディングや自社商品・サービスの価値や魅力をわかりやすく伝えたい場合にオススメの制作会社です。

料金50万円~
実績株式会社NTTドコモ/株式会社三井住友銀行/株式会社サントリー/東京都港区/株式会社カインズ/株式会社ベネッセコーポレーション/エムスリー株式会社/DHLジャパンなど
企画からの対応◯(丸投げOK。元TVディレクターが企画から担当)
得意ジャンル企業PR動画/採用動画/商品サービス紹介動画/研修動画
撮影スタジオの有無◯(都内にスタジオ有、ライブ配信なども対応可能)
長時間映像対応〇(TV番組を制作してきたディレクター陣で構成されているため)
動画撮影対応◯(ドローン撮影なども対応可能)
キャスティング対応◯(相場より安価での対応可能)
2

ウィズワークス株式会社

引用:公式サイトより

【ポイント】

紙、アプリ、Web、動画と幅広い種類の社内報作成に対応

社内報専門会社で創業20年以上の実績

企画から運用、運用後のアフターサポートも充実なので安心感を持って社内報を依頼したい方におすすめ

ウィズワークス株式会社は東京都新宿区にある社内報動画制作会社です。

社内報専門会社として、創業20年以上の実績を誇ります。

社内報の作成にあたっては、紙、アプリ、Web、動画と幅広い種類の媒体で対応可能となっており、希望する媒体での社内コミュニケーションを実現してくれます。

また、毎年全国規模の社内報企画コンクール「社内報アワード」を実施している会社であり、蓄積したノウハウや好事例の知見を最大限に活かした企画・提案から制作まで依頼できる会社となっています。

そもそもどんな社内報が読まれるのか、また、社内報はどういったものであるべきなのか…といった社内報に関するセミナーも無料で開催しているため、依頼前のインプット・アウトプットにも活用できます。

社内報の作成からリニューアルまで、イメージが漠然としている状態であっても最高の結果にコミットできるような媒体と伝え方が実現できることでしょう。

料金
実績青山商事株式会社、味の素AGF株式会社、関西電力、OLYMPUSなど
企画からの対応
得意ジャンル社内報(紙、Web、アプリ)
撮影スタジオの有無
長時間映像対応
動画撮影対応
キャスティング対応
3

CREEK & RIVER

引用:https://www.cri.co.jp/

【ポイント】

ゲームのアニメーション動画制作を得意としている

各種ソーシャルメディア対応の動画制作可能

新規制作からリニューアル、更新まで一環しておまかせしたい方におすすめ

株式会社クリーク・アンド・リバー社は東京都港区にある動画制作会社です。

アニメーションを得意としてますが、TV番組制作やCM制作実績も多く、たくさんの映像作品を世にリリースしています。

新規制作はもちろん、リニューアルや更新にも対応しているので、中長期的に社内報で社内の空気の改善を行いたい方におすすめです。

また、アニメーションを活用して社内報を制作したい方におすすめです。

料金-
実績-
企画からの対応
得意ジャンルアニメーション動画
撮影スタジオの有無
長時間映像対応
動画撮影対応
キャスティング対応
4

有限会社クロカワ創商

引用:http://sousyou.net/company

【ポイント】

社内報制作に力を入れた会社で20年以上の歴史がある

社内報をニュース番組風のテロップやBGMで演出

飽きがこないコンテンツを定期的に配信したい方におすすめ

有限会社クロカワ創商は東京都新宿区にある動画制作会社です。

映像制作のなかでも社内報制作に力を入れており、歴はなんと20年以上。

紙媒体で培った社内報のノウハウを映像に活かし、15分以内の映像社内報はBGM、テロップ付きでニュース番組風にして仕上げてくれます。

料金は明確に表記されており、70万円から。

企画から台本作成、そして取材や撮影、編集まで一括してやってもらえます。

自社の強みを活かしつつ、毎月面白く見られるニュース番組風の社内報を制作したい方におすすめです。

料金70万円から
実績株式会社セディナ
企画からの対応
得意ジャンル社内報
撮影スタジオの有無×
長時間映像対応×
動画撮影対応
キャスティング対応-
5

株式会社スタメン

引用:https://stmn.co.jp/

【ポイント】

エンゲージメント経営プラットフォームをリリース

組織が抱える問題を抽出し解決に向けた運用支援を作っていくサービス

規模によって異なる適正価格で安定的に社内コミュニケーションを維持したい方におすすめ

株式会社スタメンは愛知県名古屋市にある社動画制作会社です。

組織が抱える様々な問題や課題を「社内制度」を通じて解決に導くという発送で、「エンゲージメント経営プラットフォーム TUNAGU」をリリースしています。

料金形態は組織の人数によって変化し、100名規模でも10万円程度といわれており大変導入しやすい価格帯といえます。

ただシステムを導入するだけではなく、組織が抱える問題を解決できるようなコンテンツを随時作りだしていくカスタマーサクセス担当が伴走してくれるのも大変心強いです。

定着させること、そしてそれを用いて利用促進に向け伴走してほしい方におすすめといえるでしょう。

料金-
実績青山商事株式会社、味の素AGF株式会社、関西電力青山商事株式会社、味の素AGF株式会社、関西電力、OLYMPUSなど、OLYMPUSなど
企画からの対応
得意ジャンルプラットフォーム導入、支援
撮影スタジオの有無×
長時間映像対応×
動画撮影対応×
キャスティング対応×
6

株式会社ソフィア

引用:https://www.spha.co.jp/

【ポイント】

様々なニーズに対応したコンテンツ制作が可能

動画についての「共感度」を重視して制作してくれる

しっかり効果を出したい人、効果を出すためにきめ細やかなサポートを受けたい方におすすめ

株式会社ソフィアは東京都港区にある動画制作会社です。

インターナルブランディングとインターナルコミュニケーションの2つを重視している会社で、社内報制作に大変強いのが特徴です。

離職低下からモチベーションアップ、事業変革など様々なニーズに対応したコンテンツ制作が可能です。

動画に「共感度」を重視しており、見る従業員の意識や行動の変化にまで気を使い、感情にどう働きかけているのかについてまで調査をし洗いだししてくれます。

ただ動画を作るのではなく、社内報でしっかり効果を出したい人、効果を出すためにきめ細やかなサポートを受けたい方におすすめです。

料金-
実績エコラボ合同会社コーポレートコミュニケーションズなど
企画からの対応
得意ジャンル採用、社内報、PR動画
撮影スタジオの有無-
長時間映像対応-
動画撮影対応
キャスティング対応-
7

株式会社Channel J

引用:https://www.channelj.co.jp/

【ポイント】

動画制作からメディアコンサルティングまで提供

大企業の取引先も多く、動画制作後のコンサルティングが魅力的

ワンストップで動画制作ができ、かつコンサルティングを受けたい方におすすめ

株式会社Channel Jは東京都港区にある動画制作会社です。

プロジェクト運営、メディア運営、動画制作、WEB制作、メディアコンサルティングの5つの柱で活動しています。

なかでも動画制作では多くの実績があり、撮影から編集、納品までワンストップで行ってもらえます。

また、メディアコンサルティングを行っていることもあり、そのコンテンツが制作意図からズレていないか、効果的に作用しているかといった指導も受けることが可能です。

作成した動画が本当に効果的に機能しているのかどうかを確認したいという方には最適なサポート体制といえるでしょう。

料金-
実績トヨタ自動車株式会社、東日本旅客鉄道株式会社、独立行政法人 国際観光振興機構など
企画からの対応
得意ジャンルドキュメンタリー、企業・自治体PR動画
撮影スタジオの有無
長時間映像対応-
動画撮影対応
キャスティング対応-
8

株式会社プロスト

引用:https://www.prost.co.jp/

【ポイント】

多種多様な媒体に対応した動画制作が可能

明瞭な価格設定で安心感がある

多くの媒体で活用可能な社内報をワンストップで依頼したい方におすすめ

株式会社プロストは東京都江東区にあるデザイン・動画制作会社です。

デザイン全般と動画撮影、印刷の3つを柱としています。

社内報については職場紹介から、先輩社員インタビュー動画、経営者メッセージ等多くの実績があります。

対応している媒体としてはYoutube、InstagramなどのSNS、デジタルサイネージにも投影可能となっています。

基本の納期は1~2ヶ月以内とう納品の早さも魅力的。

また、ロケ、スタジオ撮影可能でかつナレーションやBGMの手配もワンストップとなっています。

たくさんの伝え方を考えており、かつワンストップで依頼したいという方におすすめです。

料金15万円から
実績金属部品メーカー企業概要、ヘアサロンインタビュー映像、飲食店様イメージPV
企画からの対応
得意ジャンルPR動画、企業関連動画
撮影スタジオの有無
長時間映像対応
動画撮影対応
キャスティング対応

社内報で動画を使うメリット

ここでは社内報で動画を使うメリットを解説します。

コスト削減

紙媒体と比較し、写真撮影・文章執筆・印刷・配布という工数を削減することができます。

動画であれば、何度でも使用・修正ができるため、汎用性が高いと言えます。

印刷などの工数が必要なくいつでもアクセスできるため、研修やプレゼンテーション、お客様への共有など、様々な面で活躍するでしょう。

すぐに伝えられる

動画は共有までの時間をほとんど要しないので、素早く共有することができます。1人1人に配布する手間なく、全社員に配信することができます。

リアルタイムの伝達ができるため、イベントごとなどでも利用することができます。

情報の可視化

動画社内報であれば、「誰が」「どのくらい見ているのか」というエンゲージメントを可視化することができます。

特に、テレワークが普及してきた今日、コミュニケーション改善や社内情報の共有に役立ちます。

エンゲージメントを分析すれば、「どのように改善していくか」というPDCAを回すことも可能となります。

動画を用いた社内報に適したネタとは

ここでは、動画を用いた社内報におすすめなネタをご紹介します。

表彰式

表彰式などのイベントごとは動画社内報におすすめのネタです。

月間や4半期表彰、年間表彰など大々的な表彰の場合は記録に残せると思い出にも社員のモチベーションアップにも繋がります。

社員のインタビュー映像などを盛り込めば、良い作品に仕上がるでしょう。

代表メッセージ

定番ではありますが、代表メッセージも効果があります。

企業理念や経営信条、今後の方針など代表の想いを共有すれば、社員への意思継承はもちろん、新卒採用、外部者へのイメージ定着に繋がります。

会社の根底となる代表の想いとして動画で共有することは社内外問わず、良い影響があります。

部署や部門ごとの情報共有

普段あまり関わることのない方を知るための情報共有として活用するのも良いでしょう。

他部署の新しい取り組みや雰囲気を知ることができれば、対面でコミュニケーションを取る

きっかけの1つとなります。

また、他部署の新サービスなどを把握しておけば社内クロスセルなど営業の協力を募ることもできるかもしれません。

日頃からの情報共有もぜひお試しいただきたいネタです。

最後に

今回は社内報向けのおすすめ動画制作会社やメリット、社内報動画のネタをご紹介しました。

社内報に動画を取り入れることは、情報の可視化やコスト削減に役立ちます。

気になった方はぜひ動画制作会社を活用し、取り入れてみて下さい。

最適な社内報動画制作会社に依頼できるよう、自分が大事にしたい部分に注目しながら会社選定を行って下さい。

PITTALAB(ピッタラボ)ではおすすめの動画制作会社をまとめて比較することができます。
激選してご紹介していますが、動画制作でお困りの際はお気軽にお問い合わせください。


動画制作を検討中の方におすすめ

  • 全国でおすすめの動画制作会社はこちら
  • 格安の動画制作会社はこちら
  • 実績が豊富な動画制作会社のおすすめはこちら
  • 大手の映像制作会社こちら

動画制作関連の知識を身につけよう

  • 動画制作にかかる時間や依頼するまでの流れを知りたい方はこちら
  • 動画制作の見積もりで確認すべきポイントこちら
  • 動画制作に利用できる補助金・助成金こちら
  • 動画制作の費用相場こちら
  • 映像制作依頼の流れこちら
  • 動画制作会社の選び方こちら

無料のご相談窓口はこちら!あなたに最適な業社選定致します
\最短1分!/今すぐ相談
ぴったり、を選ぼう。PITTALAB
BtoBに特化した情報比較サイト難しい情報をもっと分かりやすく徹底比較。
データをグラフで表示するので一目で情報の整理が可能に!