ぴったり、を選ぼう。PITTALAB
記事サムネイル 動画制作会社 (2).png

【2023年最新】おすすめの動画制作会社19選!各社の比較ポイントも紹介

鎮目博道
この記事の監修者

92年テレビ朝日入社。社会部記者として阪神大震災やオウム真理教関連の取材を手がけた後、スーパーJチャンネル、スーパーモーニング、報道ステーションなどのディレクターを経てプロデューサーに。中国・朝鮮半島取材やアメリカ同時多発テロなどを始め海外取材を多く手がける。また、ABEMAのサービス立ち上げに参画。「AbemaPrime」「Wの悲喜劇」などの番組を企画・プロデュース。2019年8月に独立し、放送番組のみならず、YouTube制作、テレビ評論を主とした記事執筆、広報P Rコンサルタント、講演など多方面で活動。上智大学文学部新聞学科非常勤講師。公共コミュニケーション学会会員として地域メディアについて学び、顔ハメパネルをライフワークとして研究している。近著に『アクセス、登録が劇的に増える!「動画制作」プロの仕掛け52』(日本実業出版社)

twitterでシェア
facebookでシェア
はてぶ
公開日: 2021.03.12
更新日: 2023.01.11

スマートフォンや動画視聴サイト、デジタルサイネージなど動画コンテンツの普及により、以前と比べて動画を閲覧する機会が増えました。

これにより企業PRや商品宣伝などのプロモーションに動画を活用する事例が増加しています。

しかし、動画制作の依頼先を間違えると「思うような結果につながらなかった」という事態になりかねません。

そこで今回は、おすすめの動画制作会社をランキング形式で、選ぶポイントやメリットと共にご紹介します!

動画制作を検討中の方は是非参考にしてください。

目次
目次

【2023年最新】おすすめの動画制作会社19選!各社の比較ポイントも紹介

まずはじめに、おすすめの動画制作会社をご紹介します。

おしゃれな動画やYouTube動画を制作している会社から大手の会社まで、比較できるように一覧でご紹介します

1

WEBTRIBE株式会社

引用:公式サイトより

【ポイント】

二人三脚でお客様と共に成長するパートナー

最新のウェブマーケティングに基づいた戦略を提案

集客・売上げアップを図りたい方におすすめ

WEBTRIBE株式会社は北海道札幌市にオフィスを構え、インターネットメディアや映像を通じ、お客様の集客・売上アップを実現する。

同社の制作動画は商品・サービスを魅力的に見せる撮影テクニック、ウェブセールスの原則に基づいて制作するため、高い訴求効果が見込める

さらにYouTube、SNS、WEBサイトなど、あらゆるWEB媒体をお客様のビジネススタイルに合わせて効果的に融合させることにより、非常に効率的で強力な集客・売上アップを実現。

料金5万円〜
実績北海道大学/株式会社三五工務店/株式会社光駿輸送/ニコニコレンタカーなどの企業様の動画を500本以上制作
企画からの対応
得意ジャンル企業プロモーション動画/採用動画/Youtubeプロデュース
撮影スタジオの有無
長時間映像対応
動画撮影対応
キャスティング対応
2

奄美メディアステーションホールディングス株式会社

奄美メディアステーションホールディングス株式会社.png

引用:公式サイトより

【ポイント】

企業のブランディングムービーに強い

ロケーションコーディネートも可能

ドローン撮影など様々な技術があるため、提案力が高い

奄美メディアステーションホールディングス株式会社は、鹿児島県奄美市にある動画制作会社です。これまでの実績としては、テレビを媒体とした番組やCM制作、環境・地域創生など行政関係があります。企業向けのブランディングムービーに強く、見せ方や伝え方にこだわる方に対して高い提案力を持ち合わせています。

地形を生かしたドローンでの撮影は、奄美の広大な自然を撮影することが出来、映画からテレビ番組まで様々なロケーション・リクエストをサポートします。

ロケーションコーディネートも行っているので、奄美での撮影に興味がある方にもおすすめです。

料金-
実績-
企画からの対応-
得意ジャンル-
撮影スタジオの有無-
長時間映像対応-
動画撮影対応-
キャスティング対応-
3

TUKRITELLA

引用:公式サイトより

【ポイント】

製造業・モノづくり企業のブランディングに特化、企業PRや製品・技術者紹介動画の制作が可能

見た人への伝わりやすさを重視、依頼者との対話を通じてストーリー性のある動画を制作

各工程で依頼者がチェックできるので、要望を出しやすくイメージ通りに仕上がる

ツクリテラ合同会社は製造業・モノづくり企業のブランディングに特化した動画制作会社です。企業PRや製品、技術者を紹介する動画をメインに制作。製品の質や職人の思いを、視聴者へストレートに訴えかける動画作りが可能です。

同社のモットーは、ただ美しいだけでなく視聴者の心に響く動画を作ること。見た人への伝わりやすさを重視し、依頼者との対話を重ねながら唯一無二のストーリーを動画内で表現します。依頼者の「伝えたい」想いを形にするので、動画を見た人へ自社や製品・サービスの魅力を最大限に伝えることが出来るでしょう。

動画制作にあたっては、依頼者が各工程でチェックできるのが嬉しいポイント。形になっていくにつれて新しい要望が生まれたり、当初の制作意図とズレが生じてしまったりした場合はすぐに軌道修正できるため、理想通りの動画が完成するでしょう。全てを任せっぱなしにするのは不安、できるだけ制作に関わりたいという方におすすめの会社です。

料金35万円~
実績野口商事株式会社/ニューロング精密工業/ヤマヤ株式会社/西川株式会社など
企画からの対応
得意ジャンルブランディング/企業PR映像
撮影スタジオの有無
長時間映像対応
動画撮影対応
キャスティング対応◯(モデル/ヘアメイク/スタイリストなど)
4

株式会社ヴェン.カンパニー

無題.png

引用:公式サイトより

【ポイント】

実写からアニメーション、CG動画まで幅広く対応

独自の管理画面を用いて手軽で安く、多くの動画制作が可能

大手企業も多数利用・導入している

株式会社ヴェン.カンパニーは、東京都渋谷区に位置する動画制作会社です。株式会社ヴェン.カンパニーでは、独自のWEB管理画面により、制作にかかる時間や料金を大幅に削減することを可能としています。さらに、クライアントのストレスや業務を減らし、動画を円滑に作ることができます。独自の管理画面の活用により、ライトプランでは100,000円以内で制作が可能。低価格で依頼できることが特徴です。また、JTBやZARA、ドン・キホーテなどの大手企業に動画を提供していることも特徴のひとつです。

料金100,000円~
実績株式会社富士通ゼネラル 商品紹介動画、気象庁 危険度分布紹介動画など30,000本以上
企画からの対応
得意ジャンルSNS広告/インタビュー動画/How to 動画/セミナー動画
撮影スタジオの有無
長時間映像対応
動画撮影対応
キャスティング対応
5

株式会社トリニティ・ゲート

株式会社トリニティ・ゲート.png

引用:公式サイトより

【ポイント】

人材紹介業やセールスプロモーション、医療コンサルの経験を活かした提案に強み

企画・シナリオ作成、YouTubeやSNS配信、ホームページ制作まで支援

リクルート動画、患者さん向け案内動画、商品紹介・マニュアル動画を制作したい方におすすめ

株式会社トリニティ・ゲートは医療・科学分野に特化した映像(動画)制作会社です。

医師や看護師、大学教授を中心とした医療従事者とのお打合せを通して、お客様の目的を達成するための動画制作を提案しています。

同社では医師や看護師、薬剤師の人材紹介及び集患コンサル、WEBサイトや抄録集の制作なども手がけており、その経験から医療分野においては専門性を活かした提案と円滑な制作が可能です。

料金30万円~
実績東京大学/順天堂大学/浜松医科大学/和歌山県立医科大学/日本赤十字社/JA厚生連/学会/自治体/一般企業など多数
企画からの対応
得意ジャンルリクルート動画/手術動画/WEB広告TVCM/商品・サービス紹介/会社紹介/マニュアル/研修など
撮影スタジオの有無
長時間映像対応
動画撮影対応
キャスティング対応
6

株式会社東海岸

引用:公式サイトより

【ポイント】

動画配信やYoutubeなどクロスメディアの総合的なマーケティングサービス

最新技術を用いた動画コンテンツの制作から運用までワンストップで対応

クオリティ・スピード感・コストカットを求めている方におすすめ

同社は福岡・熊本を中心に活動する動画・映像制作会社です。YouTube動画や結婚式、企業PRプロモーション動画を中心にドローン撮影から航空写真撮影まで幅広い映像コンテンツ制作の対応が可能。企画から撮影・ナレーション・編集までワンストップでクオリティの高い動画を提案してくれます。創業から10年「営業ゼロ」で「紹介」からのみの制作をしているため、安心して任せることができます。

料金10万円~
実績古着屋 西海岸/日本ファイバー株式会社/花田歯科医院/株式会社春日丸水産
企画からの対応
得意ジャンルプロモーション動画
撮影スタジオの有無
長時間映像対応
動画撮影対応
キャスティング対応
7

株式会社Y-WAVE

株式会社Y-WAVEロゴ.svg

引用:公式サイトより

【ポイント】

地域企業を盛り上げる映像制作会社

ドローン撮影、CG等ワンストップでの映像制作が可能

「綿密に打ち合わせをしてほしい」「アフターフォローも行ってほしい」人におすすめ

株式会社Y-WAVEはさいたま市南浦和に拠点を置く映像制作会社です。

綿密な打ち合わせを通してお客様のご希望を明確にし、ニーズに合ったご提案をします。
実際に制作を手掛ける映像クリエイターがお客様のご相談に対応いたしますので、制作が初めての方でも安心してご相談ください。

フローごとにお客様への確認を行うので、イメージがずれることもありません。

また、制作した映像をDVDにして大量にコピーまたはプレスすることも可能。

3年間映像データをお預かりし、簡易的な修正作業を何度も行える「3年間保証」のオプションサービスもあり、アフターフォローが充実した会社です。

料金30万円~
実績埼玉県及び各官公庁/日本コロムビア/ユニバーサルミュージック/TOKYOMX
企画からの対応
得意ジャンル企業VP/イベント映像(CG) /MV/CM番組制作
撮影スタジオの有無
長時間映像対応
動画撮影対応
キャスティング対応
8

映像事業部BLAZE LEGION

無題.png

引用:公式サイトより

【ポイント】

お客様一人ひとりに担当が付く担当制の為、最後まで寄り添ってくれる

「4K RAW」や「8K RAW」による高品質撮影を激安で提供

内容の修正などにも対応してくれるため、完成イメージを近づけていきたい方におすすめ

同社の強みは年間200本以上の製作受注数を誇っているため「激安」で制作できることです。

他会社に比べ圧倒的な数の機材を保有しており、外部レンタル等に頼っていません。

また、スタッフは全員、商業作品にも参加しているスタッフの為、技術レベルも高いと評判です。

担当者が撮影のディレクションから編集など最後まで寄り添ってくれるため、要望や内容変更にもしっかりと対応してくれます。

料金2万円~(撮影時間制:2時間パック)
実績製作実績300本以上
企画からの対応
得意ジャンルMV・PV/生配信/ドラマ・映画作品
撮影スタジオの有無
長時間映像対応
動画撮影対応◯(スチールも可)
キャスティング対応◯(複数の芸能事務所と提携)
9

GEKIRIN

GEKIRINロゴ.jpg

引用:公式サイトより

【ポイント】

企業PVが最短1ヶ月、YouTube動画は24時間での納品も可能

1本1万円~の動画制作が可能

作った動画が視聴されるための導線のご提案、コンバージョンに繋がる動画制作が可能

株式会社GEKIRINは神奈川県平塚市にオフィスを構え、YouTube動画の編集に特化した動画制作会社です。

累計1,000社以上のYouTube制作実績・制作本数10,000本突破とYouTuberや大手芸能事務所からの依頼も多数とトップクラスの実績を誇ります。特に、高い品質の動画をどこよりも安く・早く、現役で活躍するYouTuberのノウハウを駆使した動画制作は魅力です。また、YouTubeの運用代行にも力を入れております。チャンネル開設からわずか4ヶ月で50,000回再生を達成されたり、半年間でチャンネル登録者数4万人を達成されたりと豊富な実績もございます。

現在はリモートでの無料カウンセリングを行っています。

動画編集やYouTube動画広告を検討中の方は、是非一度問い合わせてみましょう。

料金【1本あたり】 ショート動画      10,000円〜 YouTube動画     20,000円〜 YouTube広告動画   200,000円〜 PV/アニメーション等 600,000円〜 ご条件や納期、発注本数等によるディスカウントや+@のご提案も可能です。 お気軽にお問い合わせください。
実績学校法人東京電機大学 株式会社ベストセラーズ 株式会社サイトビジット 神戸都市開発株式会社 ベイヒルズ税理士法人 株式会社ダヴィンチインターナショナル その他大手YouTuber様など多数
企画からの対応◯ 制作目的にあわせた0ベースのご提案から、お客様の原案をベースに弊社でブラッシュアップをするご提案など、様々なニーズにあわせた企画のご提案が可能です。
得意ジャンルYouTube動画制作 YouTube運用コンサルティング 商品動画制作 企業PV制作 人材採用動画制作 上記に付随する広告運用、LP制作等の一括サポート
撮影スタジオの有無◯(提携スタジオ)
長時間映像対応
動画撮影対応
キャスティング対応◯(フリーモデル/一部インフルエンサー手配)
10

株式会社エレファントストーン

MicrosoftTeams-image.png

引用:公式サイトより

【ポイント】

企画から撮影、編集まで全ての作業を自社内で対応できるため、クライアントのご要望に柔軟に対応

SNSやYouTube上での動画広告運用もサポートでき、納品した動画の「使い方」までご提案できる

AI×アジアリソースを用い、限られた予算でクオリティの高い映像を希望する方におすすめ

株式会社エレファントストーンはお客様と併走しながら会社の理念やビジョンを掘り起こすことで、ブランディングを強化していくことを得意としています。

インタビューやアンケート、ワークショップを行うことで丁寧に本質を洗い出していき、共感を呼び起こす映像制作をしてくれます

そのため、お客様自身が自社の本当の魅力や目的に立ち返りながら制作できます。

共感を生み出すバイラル動画を制作するにはぴったりな会社です。

料金-
実績株式会社I&S BBDO、株式会社アサツー ディ・ケイ、株式会社朝日広告社、アライアンス・バーンスタイン株式会社、株式会社イセトー など
企画からの対応
得意ジャンル商品紹介/ブランディング/会社紹介/観光PR
撮影スタジオの有無
長時間映像対応
動画撮影対応
キャスティング対応
11

株式会社440Project

株式会社440Project.jpg

引用:公式サイトより

【ポイント】

緊急性の高い案件にも柔軟に対応

企画の立案、制作、納品から消費者反響までワンストップでカバー

会社規模・社歴に関係なく、多種多様な企業におすすめ

株式会社440Projectは東京都墨田区にある動画制作会社です。

同社の強みは、デザイン・写真・映像をベースにしたPRサポートです。

主な事業内容としてデザイン、写真・映像の制作、PR、キャスティング、広告業など。作品の企画から消費者反響までワンストップサービスを行っており、初回の打ち合わせから提案をもらうことができます。

デザイン・写真・映像の3分野に注力しており、エンターテイメント分野をはじめ様々な領域での実績を持つ経験豊富なクリエイターが制作してくれます。

写真・動画・デザインを一括で受けてもらえる月額プランもあるので、コストを抑えてお願いしたい方におすすめです。

料金7万円~(ご希望予算に応じて調整可能)
実績NTT docomo/KADOKAWA /ソニーミュージックアーティスツ/東京都議会議員選挙 墨田区ネット討論会(Web配信)
企画からの対応
得意ジャンル生産工程紹介動画 /CM制作 /採用・インタビュー動画 /アニメーション
撮影スタジオの有無△(提案手配可/ブツ撮りのみなら発送対応可)
長時間映像対応◯(中継配信も対応可)
動画撮影対応
キャスティング対応
12

ソルポート株式会社

ソルポート株式会社.png

引用:公式サイトより

【ポイント】

撮影から制作までワンストップで対応

ドローン空撮・360度動画撮影が可能

集客用動画・Webマーケティングに強い会社に依頼したい方におすすめ

ソルポート株式会社は広島県広島市にオフィスを構え、Web・デジタルマーケティングを通して、集客支援を行う会社です。

同社は「集客成果を目的としたマーケティング、その為の動画での継続的な情報発信」を最重要視しています。

ブランディングに特化した動画制作で、企業・商品・サービスのPRや集客をサポート。

企画・撮影・編集をワンストップで対応可能。

マターポートという4K3D360度対応の革新的カメラで空間をスキャン撮影し、「立体空間」「平面図」「空間移動」が見れる3D空間モデルデータを生成する、珍しいサービスも行っています。

料金5万円(短尺広告動画)〜
実績ブックオフコーポレーション株式会社/アメリカ上場会社日本法人半導体メーカー/ルノー広島/大成ハウジング中国
企画からの対応◯(撮影企画だけでなく、集客導線も設計して提案)
得意ジャンルwebマーケティングを含めたPR動画/SNS広告用動画/360度動画/Youtube運用動画
撮影スタジオの有無◯(基本は撮影内容によってレンタルスタジオを利用)
長時間映像対応◯(DVD販売用の長時間編集等にも対応)
動画撮影対応◯(低コスト撮影からテレビ向けの撮影まで対応)
キャスティング対応◯(ローカルから有名アーティストまで幅広く対応)
13

株式会社SOUND GARDEN

株式会社SOUND GARDEN.png

引用:公式サイトより

【ポイント】

音声の収録が可能

TV/CM制作多数

「企画から携わってほしい」「動画制作の全てを一貫してお願いしたい」という人におすすめ

企画打合せ~納品まで一貫して担当させていただきます。

イベントの撮影から本格的な TV、CM 撮影 PR 動画まで、ご要望に合わせて承ります
撮影特機 ( ジンバル、ドローン、スモークなど ) を用いて、自由な映像表現を可能にします。
スタジオにて、グリーンバックを使ったクロマキー撮影にも対応します。

映像に欠かせない音声の収録もお任せください。
プロオーディオ機材で、その場の雰囲気を余すことなく収録いたします。
本格的な楽曲制作・MAが可能なので、お客様が思いついたアイデアを実現しオリジナリティのある動画制作が可能です。

人物のクロマキー撮影や、商品のFF素材の撮影などにご利用いただけます。

料金5万円~
実績UNOHOTEL/地上波テレビ番組 「まっすんの熱くならずに いられない!」
企画からの対応
得意ジャンルTV番組制作/広告映像/ミュージックビデオ/プロモーションムービー
撮影スタジオの有無
長時間映像対応
動画撮影対応
キャスティング対応
14

合同会社ルノムービー

合同会社ルノムービー.png

引用:公式サイトより

【ポイント】

企業の強みを見つけ、動画を通して最大限に魅力を伝えることが可能

地域の中⼩企業のCM制作実績も豊富な映像制作会社

動画だけでなくWEBサイトと組み合わせたコンテンツ制作も可能

合同会社ルノムービーは地域の中⼩企業の「強み」を⾒つけ伝える映像制作会社です。

池袋を拠点に、都内だけでなく千葉・埼⽟・神奈川の中⼩企業の企業VPの企画制作を⾏うほか、ローカルテレビ局⽤のCM制作や番組制作を通じて、 地域の視聴者に企業の魅⼒を最⼤限に伝えています

実写映像を⽤いた会社紹介動画をはじめ、採用動画・オンラインでのライブ配信代行まで行っているため、様々なご要望に応えることが出来る企業です

料金30万円~
実績⼤⼿電機メーカー・⼤学から、地⽅テレビ局及び地域の中⼩企業まで多数
企画からの対応
得意ジャンル 企業動画の企画・制作全般
撮影スタジオの有無〇(提携スタジオ)
長時間映像対応
動画撮影対応
キャスティング対応
15

合同会社ミミック

引用:公式サイトより

【ポイント】

ヒアリングから運用までサポート

TVCMからPVまで幅広く制作可能

「動画制作がはじめて」「運用が不安」な人におすすめ

ヒアリングから運用まで一貫してサポートすることが合同会社ミミックの魅力の1つです。
届けたい人・伝えやすい思いをヒアリングしたうえで具体的なご提案をします

TVCMや、YouTubeなどでよく目にするWEB広告配信、営業ツール動画や社内用プレゼン動画、PVそしてアニメーションなど全ての動画、映像を制作することができます。

編集後の動画を確認していただき、ご指摘をいただいた修正内容を反映し、お客様が納得する動画を制作いたします。

また動画制作は制作するところまでがゴールではなく、その後の運用が重要となります。
ターゲットとする視聴者に見ていただき、お客様の目指す用途・ビジネスに最大限活用していただけるようにサポートも行います。

料金100,000円~
実績自治体、学会、一般企業など多数
企画からの対応
得意ジャンルTVCM、YouTubeなどのWEB広告配信、営業ツール動画、社内用プレゼン動画、PV、アニメーション
撮影スタジオの有無
長時間映像対応
動画撮影対応
キャスティング対応
16

株式会社プルークス

オフィス写真_ロゴ.jpg

引用:公式サイトより

【ポイント】

コンサル型のヒアリングによって効果がでる動画制作を提案

累計2,000社5,000本以上の業界トップクラスの制作実績

業種業界に縛られず高いクオリティでリーズナブルに制作してくれる為、幅広い方におすすめ

制作だけではなく、コンテンツの企画考案からYouTubeやSNS等への広告配信まで動画マーケティング全体をご支援しています。

動画制作において、豊富な実績とあらゆるアニメーション・実写・CG制作まで多種多様な動画に対応可能

近年話題のセルアニメの制作も対応可能で、多くの要望にも応えてもらえます。

料金30万円~
実績累計5,000本以上Sansan、freee、ベルフェイス、日本航空、NTTグループ、他
企画からの対応
得意ジャンル動画マーケティング、広告配信、WEB広告TVCM、サービス/商品紹介、会社紹介/ブランディング、採用、SDGs、マニュアル/研修、他
撮影スタジオの有無×
長時間映像対応
動画撮影対応
キャスティング対応
17

有限会社ベストウェイズ

引用:公式サイトより

【ポイント】

案件に適したクリエイターを集め提案

映画館や病院の待合室で動画を流したり、モニター搭載のトラックで街を走らせることも可能

予算や内容が決まっていない方・トータルでプロデュースしてほしい方におすすめ

有限会社ベストウェイズは愛知県長久手市にオフィスを構える会社です。

動画と言ってもテレビCMに使うものや自社サイトで見せるもの、展示会で使うもの、DVDにコピーして配るものなど用途は様々。作り方もスライドショー的に予算を抑えて作るもの、企業紹介・商品説明のような長尺なもの、アニメーションやCG、ドローン、360度カメラを使ったものなど様々です。同社はしっかりと話しを聞いた上で、数ある用途・手法の中から最適なものを提案してくれます。

また、動画を作った後の活用についても提案可能。映画館や病院の待合室で流したり、巨大モニターを搭載したボックス型のトラックで街を走らせる等もできます。

YouTubeチャンネルを作成し動画を流したり、動画広告を実施する場合の媒体選定や効果検証までをトータルでプロデュースしてくれます。

料金15万円~
実績要問い合わせ(食品、建設、大学、病院など多業種)
企画からの対応
得意ジャンル企業PV/商品説明等
撮影スタジオの有無
長時間映像対応
動画撮影対応
キャスティング対応
18

株式会社STEPONE

引用:公式サイトより

【ポイント】

WEB動画やスマホ動画を制作し、ホームページへのアップロード対応も可能

ホームページ制作やリサーチ業務全般にも対応

プロモーション動画を撮りたい方におすすめ

株式会社STEPONEは宮城県黒川郡の映像制作会社です。

東北各県を始め、関東地方にも撮影を行っています。定期演奏会や発表会の撮影から企業案件まで幅広く対応しており、YouTubeや自社サイトで使用する動画の制作やアップロードなども可能です。

WEB動画は5万円~と料金が安いのも嬉しいポイントです。企画・構成力も高いので、納得のいく提案が期待できます。

細かな料金設定となっているので、一度問い合わせてみましょう。

料金-
実績高等学校吹奏楽部など制作実績300本以上
企画からの対応
得意ジャンル演奏会動画/プロモーションビデオ
撮影スタジオの有無
長時間映像対応
動画撮影対応
キャスティング対応
19

株式会社ピノ

無題.png

引用:公式サイトより

【ポイント】

使用用途に合わせ、様々な手法・映像技術で対応

テレビ番組制作で培った映像クオリティ

人間性を描く動画を作りたい方におすすめ

在籍スタッフのほとんどが現役のテレビディレクターという株式会社ピノ。人間性を描く動画制作だけでなく、会社紹介や新入社員の退職を抑制する動画なども展開しています。少数精鋭のプロフェッショナルチームが、テレビの制作現場で培った技術により、ハイクオリティな映像をリーズナブルな価格で提供してくれます。配信やVRなどの最新技術も、提携の技術会社により確実な品質を保証しています。

料金15万円〜
実績株式会社スーパーポテト/アディダス/HSBC/板前寿司など
企画からの対応
得意ジャンル人物を扱う動画
撮影スタジオの有無
長時間映像対応
動画撮影対応
キャスティング対応

動画制作がなぜ効果的なのか?

次に動画制作をプロに依頼することがなぜ効果的なのか、そのメリットを解説します。

メディアの多様化と動画を見る機会の増加

これまでの動画を閲覧する方法といえばテレビが主流でしたが、2000年代後半になるとパソコンを使用しての動画閲覧が一般に普及しました。

この頃は動画の視聴をスムーズに行う為のインターネット環境や端末用意に高いハードルがありました。
しかし2010年代以降はインターネット回線の高速化やタブレット・スマートフォンといった動画の視聴に適した端末の普及により、誰でも手軽に動画を閲覧できる環境が整っています

これまではテレビ・新聞・ラジオがメディアの中心を占めていましたが、近年はインターネットやパソコン、スマートフォンの普及によってメディアが多様化しています。
スマートフォンやタブレットを使えば通勤・通学中や、入浴中などのいわゆる「スキマ時間」に手軽に動画が閲覧できるようになりました。

またスマートフォンの高性能化によって誰でも手軽に写真撮影や動画の撮影ができるようになったため、YouTubeやTikTokなどの動画投稿に特化したSNSも登場しました。
子供から大人まで、様々な人が動画を閲覧するようになり、今や動画を視聴するのが当たり前になっています。

さらに、液晶技術の進歩やモニターの低価格化により、社会のさまざまな場所にデジタルサイネージが掲示されるようになりました。

例えば、電車内の広告といえば「中吊り広告」が主流でしたが、近年は車内全体にデジタルサイネージを搭載した車両が普及してきています。
これにより写真やイラストと文字情報が中心だった電車内の広告掲載もデジタルサイネージに対応した動画広告に移行。

電車内広告ひとつを取っても動画化が進んでいるように、今やあらゆる場所での動画によるPRが普及しています。

短時間で多くの情報を伝えられるため

動画は文字や写真に比べて、短時間で多くの情報を伝えることができます。

1分間の動画で伝えられる情報量は数千ページのウェブページに匹敵すると言われており、短時間で効率的に情報を収集するツールとして有効といえるでしょう。
企業PRや商品説明など、より多くの情報をターゲットに伝えたい場合は、文字や写真よりも映像を使ったPRの方が高い効果を上げることができます。

動画は視聴者に対して共感やインパクト、親近感を抱かせることができます。

視覚情報だけに頼る文章や写真に比べると感覚に訴えやすく、音と映像を組み合わせることで高い広告効果を発揮できます。

動画は、最初から最後まで視聴される確率がウェブサイトに比べると高く、ウェブサイトが1つのコンテンツの全ページをユーザが見る確率が20%なのに対し、動画は、視聴者の約80%が視聴開始から最後まで全てを閲覧します。

このことからも、より高い確率でより多くの情報を伝えられる動画コンテンツは、短時間で効率的に情報発信できる有益な手法であると言えるでしょう。

動画制作のノウハウが不要

スマートフォンでも動画制作はできるようになりましたが、企業用として制作するとなるとやはり専門的な知識が必要です。

動画を撮影して編集するとなると、素人には難しいのが現状。

プロに依頼した場合の完成形を見るためにも、初心者の方は動画制作会社に依頼することをおすすめします。

ハイクオリティな動画制作をしてくれる

何と言っても動画制作会社の作る動画のクオリティは別格です。

動画制作会社には、企画者やディレクター・カメラマン・クリエイターなど各分野のプロがいます。

高い効果を出すためにも動画制作会社を有効活用しましょう。

動画制作会社を選ぶ際のポイント

数多くある動画制作会社ですが、実際に依頼先を選ぶ際に確認しておきたいポイントが複数あります。

ここでは、動画制作会社を探す場合や依頼する場合にチェックすべきポイントを解説します。

予算や納期の理解があるか

動画制作には企画や撮影、編集などさまざまな工程があるため予想以上に時間がかかると考えておきましょう。

撮影内容によっては制作に多額の費用を要する場合もあるため、費用や納期などを把握しながら動画を制作していかないと、スケジュールや予算に合致しない可能性もあります。

このような事態を防ぐために、予算や納期を正確に提示してくる事業者を選択する必要があります。

企画力や提案力があるか

動画制作においてはじめに確認しておきたいのが、どのような提案をしてくれるかです。
どんな目的でペルソナは誰か、どんな動画にしたいかということは依頼者が用意しておく必要があります。

そこから動画の構成や撮影シーン、キャスティングなど依頼側の意図を汲み取った上で最適な提案をしてくれる会社だと信頼できるでしょう。

また、制作した動画の活用方法についても相談することをおすすめします。
せっかくの動画なので、最大限効果を発揮させ、多くの方に届けたいものです。
ホームページでの公開なのかSNSでの配信なのか、動画のノウハウは動画制作会社側はたくさん持っています。

動画制作後の運用方法についてもあらかじめ相談してみましょう。

豊富な動画制作の実績があるか

依頼したい動画のジャンルが決まったら、チェックしなければならないのが「制作実績の有無」です。

動画制作は全て一から作るオーダーメイドといえます。
依頼する段階ではどんな映像に仕上がるかのイメージができません。

そこで、制作会社の実績動画をもとにどれだけのクオリティーに仕上がるのかをあらかじめ確認しておく必要があります。

動画制作会社は、実績があるほど過去の制作実績を積極的にアピールしてきます。

依頼を検討する場合には、作成して欲しい動画と近いジャンルの動画制作実績があるかどうかなど、事前に確認しておきましょう。

依頼したいジャンルの動画を取り扱っているか

一言で動画制作といっても、動画にはさまざまなジャンルがあり、アニメやCG、映画やドキュメンタリー、ニュースやCMなど、制作会社によって得意なジャンルが異なります。

例えばCMのように15〜30秒で必要な情報を伝える場合と、ドキュメンタリー番組のように30分や1時間という時間をかけて情報を伝える場合は、構成や演出などは同じではありません。
CMを得意とする会社にドキュメンタリーの制作を依頼するよりも、ドキュメンタリー専門の制作会社に制作を依頼した方がより高品質な動画が期待できるのは明らかです。

依頼したい動画のジャンルに合わせて制作会社を検討することが重要と言えるでしょう。

担当者との相性

担当者との相性も大事にしたいポイントです。

動画制作という1つのプロジェクトを進める中で、担当者とは密に連携を取ることになります。

ある程度の相性の良さや信頼関係がないとイメージ通りの動画制作が難しくなってしまいます。

逆に、依頼者側の目線で一緒に良いものを作ろうという担当者であれば、良い動画制作となる可能性が高くなるでしょう。

見積もり

見積もりは3社以上から出してもらうことをおすすめします。

複数の会社の見積もり書を見ることで、発生している費用の内訳を把握することができます。

動画制作の依頼前に決めておくべきこと

ここからは、動画制作会社の依頼前にあらかじめ決めておくべきことをご紹介します。

何もない状態からでは制作会社側も作るのが難しいですし、時間がかかってしまいます。

以下の項目は決めておくことをおすすめします。

動画制作の目的

まず絶対的に必要なのが「何のために」動画制作を行うのかです。

動画制作といっても、以下のように様々な目的があります。

  • サービス認知
  • 会社紹介
  • 知名度向上

どんな動画にするかによって、制作する動画の企画や構成も当然異なります。

動画制作会社と打ち合わせをする前に、ある程度の方向性はきめておきましょう。

動画を見てもらいたいペルソナ

動画を発信する上で、ペルソナの設定は重要です。

具体的には、性別・年齢・職業・役職・ライフスタイルなどより細かく設定しておく必要があります。

動画制作の目的同様、ペルソナによって動画の作りが異なってきます。

動画制作の予算

社内で予算の上限は決めておくべきでしょう。

どんな動画にするのか、キャスティングは誰にするのかなど、予算がなければどんどん高くなってしまいます。

制作会社側もどれくらいの金額の提案をしたら良いのかわからなくなってしまうので、ある程度の予算は把握しておきましょう。

参考動画

+αとして自社のイメージに近い参考動画を用意しておくと、制作会社との意思疎通が図りやすくなります。

参考動画を元に話を進めれば、「完成後、イメージと違った」となることを防ぐことができます。

動画制作で費用を抑える方法

動画制作は企画・撮影・編集・運用という4つの工程で成り立っています。

この工程の1つでも削減することができれば、費用を抑えることができます。

ここでは動画制作の依頼で費用を抑える為の方法を解説します。

動画のイメージを決める

「動画制作の依頼前に決めておくべきこと」でも記載しましたが、動画制作の目的を持ち、参考となる動画を用意しましょう。

企画のイメージがあれば、制作会社側の企画制作の時間を削減できるので、費用削減に繋がります。

スポットでの依頼にする

「撮影だけの依頼」や「編集だけの依頼」など自社でできない部分だけを外注すると、当然費用を抑えることができます。

予算を把握した上で、自社でできる部分と自社でできない部分はあらかじめ確認しておきましょう。

制作会社からするとスポットでの依頼は報酬額が少ないため、受けていない場合もあります。

スポットでの依頼に対応してくれるか、あらかじめ確認しておくことをおすすめします。

まとめて依頼する

1本のみの依頼より、複数本の依頼の方が値下げの交渉はしやすくなります。

定期的な動画配信などの予定がある場合は、毎回依頼するよりもまとめての依頼のほうが安くつく可能性があります。

担当者との相性にもよりますが、「複数本まとめて依頼したらお安くなりますか?」と率直にきいてみるのも良いかもしれません。

最後に

この記事では動画制作会社のおすすめをご紹介しました。

動画制作会社に依頼する際は、制作する動画の目的やターゲットを明確にすることが重要です。

それをもとに、制作したいジャンルを得意とする動画制作会社3社程度から見積もりと提案を受け比較しましょう。

PITTALAB(ピッタラボ)ではおすすめ動画制作会社をまとめて比較することができます。

激選してご紹介していますが、動画制作でお困りの際はお気軽にお問い合わせください。


動画制作を検討中の方におすすめ

動画マーケティングに強い動画制作会社はこちら

採用動画に強い動画制作会社はこちら

会社紹介動画制作に強い動画制作会社はこちら

CG制作に強い動画制作会社はこちら

ライブ配信に強い動画制作会社はこちら

CM制作会社はこちら

社内報に強い動画制作会社はこちら

格安の動画制作会社はこちら

VR映像制作会社のおすすめはこちら

Youtube動画に強い動画制作会社はこちら

アニメーション制作会社はこちら

セミナー撮影におすすめの会社はこちら

動画マニュアル向けの動画制作会社はこちら

研修動画制作会社のおすすめはこちら

実績が豊富な動画制作会社のおすすめはこちら

説明会動画に強い動画制作会社はこちら

大手の映像制作会社はこちら

ドローン撮影に強い動画制作会社はこちら

動画制作関連の知識を身につけよう

動画制作にかかる時間や依頼するまでの流れを知りたい方はこちら

動画制作の見積もりで確認するべきポイントはこちら

動画制作に利用できる補助金・助成金はこちら

動画制作の費用相場はこちら

映像制作依頼の流れはこちら

映像制作会社選びのポイントはこちら

エリアから選びたい方におすすめ

東京の動画制作会社をお探しの方はこちら

大阪の動画制作会社をお探しの方はこちら

名古屋の動画制作会社をお探しの方はこちら

札幌の動画制作会社をお探しの方はこちら

福岡の動画制作会社をお探しの方はこちら

京都の動画制作会社をお探しの方はこちら

神戸の動画制作会社をお探しの方はこちら

鎮目博道
この記事の監修者

Q1.発注のために事前に決めておくべきことは?

A.何よりも大切なのは、「自分たちはどんな動画を作りたいか」ということを決めておくことです。もちろん様々なアイディアや演出の方法などは、動画のプロに考えて貰えばいいのですが、基本的な「動画の柱」というか「どんなことのために制作する動画で、どんな人に見てもらいたいか。そのために使える予算と期間はどのくらいか」ということはキチンと決めてから依頼しないと、受注する制作会社もどんな動画を作って良いのかわかりません。

それから、もう一つ大切なのは、「どこまでを自分たちで決定するか」ということと、「この部分はプロのクリエイターに決めてほしい」ということの境界線をキチンと決めておくことです。例えば「弊社の製品を、必ずインフルエンサーに使ってもらい、その使い心地のレビューをしてほしい」という基本的なアイディアは自社で決めておき、「ではどんなインフルエンサーを起用するかとか、演出プランは考えて提案してほしい」などと決めておくとスムーズです。

また、動画にもし「必ず入れて欲しい」マスト案件があるとか、「絶対にこれはやめてほしい」というNG案件があるのであれば、それもキチンと伝えると良いでしょう。


Q2.失敗しない制作会社選びのためにどんなところをチェックしたら良いか?

A.これにはいくつものファクターがあると思うのですが、一番大切なのは制作会社と担当するプロデューサーやディレクターの実績だと思います。制作会社がこれまでにどのような仕事をしてきているか、ということと、これまでにトラブルを起こしていないかというのはまずは最低限チェックしておきたいところ。さらに、プロジェクトを実際に担当するプロデューサーにチームをまとめる能力やコンプライアンス的なチェック能力、予算・スケジュール管理能力があるかということと、ディレクターが依頼する案件に向いているかどうかを過去の仕事からチェックできた方が円滑に進むと思います。

また、動画制作はどうしても「人と人のコミュニケーションの上に出来上がる」ものですから、プロデューサーやディレクターとの相性も大切です。キチンとこちら側の要求を理解して反映させようとしてくれる姿勢を保ってくれる人で、多少のトラブルがあっても落ち着いて対応してくれるような信頼感があり、礼儀正しいプロデューサーが望ましいと思います。


Q3.動画制作の相場はいくらか?また、ナレーション、キャスティング、テロップなど小さな項目で金額が変わると思いますが、それぞれどのくらいの費用か。

A.これは本当に制作する動画によってまちまちです。ただし、いくつか予算を左右するファクターがありますので、ご紹介します。原則的には「動画の値段は人件費と機材・スタジオ料金、出演者のギャラ」の3つの要素で変わると思ってください。

1.ロケする人数と機材と撮影をどうするか

まず、撮影に使用するカメラをどうするか、ということと、ディレクターが撮影するのか、それとも専門のカメラマンに依頼するのか、あと照明や音声などはどのようにするのかによって大きく値段は変わります。制作会社から技術会社にどんな機材を借りて、何人スタッフを依頼するのか、かかる時間はどのくらいかによって値段が10万単位で上下します。また、ディレクターの人数やADの人数などは、増やせばそれだけ動画のクオリティは上がりますが、値段はやはり10万円単位で変わってきます。

2.編集・録音などの「ポスプロ」をどうするか

最近では編集はディレクターがパソコンで作業する「オフライン編集」のみで完成させる動画が増えてきました。しかし、綺麗に仕上げようとすれば「オフライン編集」の後に「本編集(「塗り直し」「VV」などとも言います)をした方がテロップなどのクオリティが格段に良くなります。ただし本編集をするスタジオは1時間あたり1万円以上の費用がかかるので、その分の費用が上乗せされます。

また、録音・整音などの作業を行って、動画の音声を完成させる「MA」という作業をパソコンで簡易的に行うか、プロがいるスタジオに依頼するかでナレーションやBGMなど音声のクオリティが大きく変わってきます。このMAスタジオにも1時間あたり1万円以上の費用がかかりますので、大きく費用が左右します。

3.キャスティング・ナレーターのランク

タレントやナレーター・声優などは、みなさんもご存知の通りその知名度やランクによって大きくギャラ水準が異なってきます。最低ランクなら数万円で出演が依頼できる人もおり、少し有名な人なら数十万単位の出演料が必要ですし、トップランクの人なら100万単位になることもあるので、ここで大きく制作費が上下します。また、動画の公開期間によってギャラが変わってきますし、公開期間を延長するときには延長料が必要な場合も多いので注意しましょう。

4.CGやデザイン・美術費など

結構馬鹿にならないのが、CGやセットデザイン、大道具や小道具などの美術費です。特注となるので、既製品よりも随分と高価になります。可能ならできるだけ既存のスタジオをそのまま使用するとか、既製品を使用するなどして費用を抑えましょう。


Q4.会社によって金額が大きく異なるのはなぜか?

A.会社によって大きく金額が異なるように思えるのは、実はその大部分は上でご説明したような「どのような機材を使い、どのくらいの人数で、どのような出演者をキャスティングして動画を制作したのか」ということの違いです。安い金額で制作を請け負ってくれる会社はそれだけ少ない機材や人員、出演者で動画を完成させている、ということです。

ただし、制作会社は「制作管理費」と呼ばれるものを請求してきますが、そのパーセンテージが会社によって若干異なります。「制作管理費」は、簡単にいうとその制作会社の利益になる部分で、制作費全体の5%くらいから25%くらいを請求するのが一般的です。大手で信頼性が高い会社ほどこの割合は高くなりがちです。

あと、「どれだけの工程を自社でまかなえるか」によっても金額は大きく違ってきます。自社で撮影機材やスタジオ、編集室などを持っている会社はそれだけ外注する費用が減るので、安価で動画制作が可能となります。このあたりの「内製率」と「制作管理費」の兼ね合いも、制作会社を選ぶ上での大切な指標となるでしょう。


Q5.できるだけ金額を抑えるために自社でできることは?

A.Q1で書いたようなことをできるだけ実践して、制作開始までの期間や作業をできるだけ少なくすると、費用は結果的に安くなります。また、前にも書いたように「動画制作費は結局は人件費と機材・スタジオなどのレンタル代と出演者のギャラ」ですので、どこか「妥協できるポイント」を決めておくと良いと思います。例えば「出演者の知名度にはこだわるが、画質にはそれほどこだわらない」とか、「綺麗な完成度にはこだわりたいが、出演者は自社の従業員でいい」など、妥協ポイントがあると安価に済ませることができる可能性が高くなります。

さらに、発注してから納品までの納期にできるだけ余裕を持たせることも大切です。「急ぎで仕上げて!」ということになると、その分人員をたくさん投入したり、借りる機材や編集室などが増えたりしますので、追加費用がかかることが多いです。


Q6.制作会社との最初の打ち合わせから、納品までの流れは?

A.動画の内容によっても異なると思いますが、ざっくりいうとこんな感じです。

最初の打ち合わせで動画の概要を決定→見積もりとチーム編成→企画案提案→企画決定→キャスティング→撮影・編集日程、納期決定→撮影→オフライン編集→オフラインチェック→本編集→本編集チェック→M A→完成試写→最終修正→納品


Q7.動画制作で押さえておくべき基本用語は?

A.それほど必要ないとは思いますが、プロデューサー・アシスタントプロデューサー・ディレクター・アシスタントディレクターなどの人物がどのような役回りをしていて、どの人にどんな話をすれば良いか(基本的にクライアントサイドはすべてプロデューサーに指示などすれば良いと思いますが)を把握するのは大切です。

また、Q6のところに書かせてもらった流れの各段階については、用語を把握しておくと良いと思います。


Q8.動画制作にはどのような種類があるか?

A.制作する動画の撮影のしかたによって、「ロケ動画」、「スタジオ収録動画」、「アニメーション動画」、「CG動画」などに分けられます。また、制作する動画の内容によって「CM(CF)」「VP(ビデオパッケージ)」「YouTube動画」「テレビ番組」「ミュージックビデオ」などのように分けることもできます。


Q9.どのくらいの尺の動画が良いとされているか?

A.動画の種類や目的によってまちまちです。一般的に、簡単な商品紹介やサービスの説明動画などであれば、現在の流行からすると1分〜3分程度。少し込み入った内容なら5分前後が適尺だと思います。

ストーリーがあって、出演者が出てくるような番組テイストのものであれば、10分程度が良いのではないでしょうか。ただし、ドラマ仕立て、旅番組仕立てなどでストーリー性が高いものであれば30分程度というケースもあると思います。


Q10.会社によって扱っている機材は異なるか?また、機材によって動画の質は変わるか?

A.会社によってというより、撮影の目的や種類によって異なります。最も簡易なものであれば、スマホ・GoPro・民生用ビデオカメラなどを使って撮影する低価格帯の機材もあります。その上に通常のプロ機材(ENGと言います)や一眼カメラを使用して撮影する「テレビクオリティ」の中価格帯の機材があります。さらに高画質にこだわる「シネマクオリティ」の高級機材を使用して撮影する高価格帯がその上で、いずれも使用する機材の価格帯が上がれば上がるほど、一般的には高画質になります。


Q11.動画制作会社の選定に困っている読者の方へ一言

A.動画制作会社には、このように様々なジャンルを得意とする、大規模から小規模までの会社がたくさんあります。発注する会社によって、かかる費用も完成する動画のクオリティも大きく変わってきます。多くの制作会社の中から「得意ジャンル」や「価格帯・クオリティレベル」がマッチして、しかも御社と相性の良い会社を選択するのは簡単ではないかもしれません。

しかし、動画の制作プロジェクトを立ち上げることになった時点から、適切なアドバイザーからアドバイスを受けつつ、何社かと面談をしつつ相見積もりを取るなどして選べばきっと最適の制作会社が見つかると思います。

映像制作の業界は、クリエイターの属人的な部分に左右されることが多い業界です。ぜひ、実際にお会いになったプロデューサーなどと話が合うか、信頼が置けそうな人物か、そのプロデューサーの人柄を見て判断するのも忘れないでください。できるだけ業界の事情に詳しい人に評判などを聞くのもトラブルを避ける良い方法だと思いますよ。


無料のご相談窓口はこちら!あなたに最適な業社選定致します
\最短1分!/今すぐ相談
ぴったり、を選ぼう。PITTALAB
BtoBに特化した情報比較サイト難しい情報をもっと分かりやすく徹底比較。
データをグラフで表示するので一目で情報の整理が可能に!