ぴったり、を選ぼう。PITTALAB

不動産業界の動画活用.png

不動産業界は動画を活用すべき!メリットと活用事例紹介

twitterでシェア
facebookでシェア
はてぶ
公開日: 2022.06.02
更新日: 2022.06.21

本記事では、不動産業界が活用している「動画」について解説、ご紹介します。

最近、多くのSNSが流行し動画広告や、宣伝をする企業が増えています。

その中で不動産業界では、動画を通して様々な方面に宣伝している企業が増えているのです。

本記事は、「どんなメリットがあるのか」、「どのように動画を活用するのか」を説明した後に、実際に動画活用している企業を15社ご紹介します。

不動産業界の動画の活用について詳しく知りたい方、動画を使って宣伝していきたいという方に役立つ記事ですので、最後までお読みいただければ幸いです。

目次
目次

1.不動産業界では動画を活用すべき!

最近、不動産業界では様々な方面に向けた動画を作成している企業が増えています。

現在はYouTubeやTikTok、など動画を主としたサービスが流行しています。他にもInstagramやLINEは元々動画を載せるコンテンツではありませんでしたが、現在は動画を拡散できるような機能もあります。これだけ、今の世の中は動画を載せるコンテンツが増えてきているのです。

そのため、動画での宣伝や広告は今となっては、非常に効果的なものです。お客様の信頼を獲得し、集客に繋げるために動画は活用すべきです。

その中で不動産業界は,

・お客様に向けた動画

・お客様以外にも向けている動画

主にこの2種類の動画を作成し宣伝しています。お客様以外とは、取引先の企業や入社を考えている人に向けての動画です。

この2種類の動画がどんなメリットがあるのか、具体的にどんな動画なのかを解説し紹介します。

2.不動産業界で動画を活用するメリット

不動産業界が動画を活用するメリットは、主に3つあります。

(1)写真より分かりやすく詳しく魅力を伝えられる

動画では写真と違って、物件の特徴や形を詳しくお客様に伝える事ができます。写真では複数枚もの写真を見ながら部屋の構造をイメージしなければなりません。また部屋の面積や間取りに関しては文字だけでは、なかなか分からないですよね。

それが動画だと歩きながらルームツアーをする感覚で物件の紹介ができます。間取り図だけでは分からない、複雑な構造の物件も分かりやすく伝えることができます。

今ではYouTubeも進化し、360°カメラで撮影した動画を視聴者が自らスマートフォンを回転させて部屋を見ることもできます。そうするとより、部屋の構造がイメージしやすくなり魅力を最大限伝える事ができます。

実際に部屋を動画で見せることは、部屋の雰囲気・日当たり・物件の周りはどんな場所なのかも伝える事が出来ます。日当たりや雰囲気の説明を文字や言葉だけで言われても想像がつかないですよね。その点においても動画で物件を紹介することは、非常に効果的です。

不動産業界において、物件を分かりやすく魅力を紹介できるというのは1番の企業の成長に繋がるので、これが最大のメリットです。

(2)言葉で説明できる

動画では、実際に部屋を見せながら部屋の説明もすることができます。実際にこの後紹介する事例では、スタッフ自らが部屋を歩きながら説明をしている動画もあります。部屋を見ながら説明を聞くことで、頭で考えなくても部屋のイメージが想像できるようになります。

物件の情報を文字だけでみても、全く想像がつかないですよね。また物件のプレゼンができるのはお客様の購買意欲も向上させるので、口で説明することは重要です。

不動産業界は、複雑な部屋の構造だけではなくサービスの内容も難しい印象があります。しかし、動画だとサービスの説明もアニメーションやグラフや図を使い分かりやすく説明することができます。

部屋を決める際には内見をしますが、実際に行かなくてもその部屋の特徴やキレイかどうか等、詳細まで知ることができます。

(3)他社との差別化ができる

もともと不動産業界では、物件を宣伝するときに紙のチラシを使っている企業が多くありました。その他にも看板やWEB広告もあります。しかし今はYouTubeやホームページ等に動画を載せることで、多くの人に分かりやすい宣伝をすることができます。また動画は他の媒体の宣伝よりも圧倒的に安心感があります。実際の人の声で説明、プレゼンすることで信頼を獲得することができます。

TikTokやInstagramのようなSNSでは、色んな層にターゲットを絞って紹介することができます。例えば、「女性の1人暮らしにおすすめな物件」や「物が多い人向けの収納が多い物件」などに絞ります。短い動画であれば誰でも編集ができるので、簡単にSNSで自社の物件を紹介することができます。SNSの動画が流行れば、他の企業よりも知名度も向上し、集客にも繋がります。ターゲットを明確にし、興味を引くような動画を他の企業より早く取り入れることで差別化に繋がります。

3.不動産業界での動画の活用方法

不動産業界では、主に4つの動画の活用方法があります。

(1)物件の紹介動画

物件の紹介動画は、部屋の中を撮影し、説明をしていく動画です。

物件の紹介では1つ目のメリットでも挙げたように、ルームツアーのような形で動画をとりながら説明をしていく動画が多くあります。物件を選ぶ人は、写真や文章で見るより動画で部屋を見た方が断然分かりやすいです。分かりやすいだけではなく、その物件の魅力を実際に部屋をみせながら伝えることができるので、情報が多く入りイメージをしやすくなります。また、面積や間取りの情報も合わせて入れることで立体的な情報を伝えることができます。

現在では360°カメラでの物件紹介もあるので、よりお客様に分かりやすく物件の魅力を紹介することができます。360°カメラでは全方向を動画で見渡すことができるので、物件の紹介動画では非常に効果的です。

ルームツアーのような動画の他にも、実際に入居した人へのインタビューの動画もあります。既にその物件に住んでいる人のリアルな声を聞けることは、お客様の不安要素をなくす重要な情報になります。動画でリアルの声を聞けることは、文章でのアンケートやレビューよりも信頼性があります。

どの方法でも、物件のより深い情報をお客様に伝えることができるので、物件の紹介動画は今の不動産業界にとって欠かせないものです。

(2)サービスの紹介動画

サービスの紹介動画とは、物件を紹介するのではなく、その企業が行っているサービスを動画でお客様に説明をするものです。サービスを動画で説明することで、文章で説明されるよりも確実に分かりやすいです。

不動産業界のサービスは知っている人が多くなく文章だと難しい内容になってしまい読む人からしても理解しにくいです。そのため動画を作成する際には分かりやすい図やイラストを使って編集する必要があります。

その動画をSNSや広告に投稿をすることで、紹介しているページの文章やスタッフの説明だけで理解できなかった人にも理解してもらえます。またそのサービスを知らなかった人も1回見ただけで理解することができます。

特に複雑なサービスは文章で伝えるのは非常に難しいです。どんなに分かりやすく文を書いても読み手が理解できないこともあるでしょう。手厚くサポートする点が多いのはお客様にとって良いことですが、多すぎてしまうと文字では伝わりにくくなってしまいます。

そのため、不動産業界でサービスを宣伝するとなると、サービスの紹介動画も欠かせないものになります。

(3)企業の紹介動画

企業の紹介動画では、その企業がどんな企業なのかということを、様々な人にイメージをしてもらいやすくなります。物件を探している人に対しては、企業を知ってもらう事ができます。企業の知名度が上がることで、物件を探す際にお客様に選ばれやすくなります。

またお客様がその企業がどんなところなのかイメージすることができます。これはお客様の信頼にも繋がる事です。不動産業界は信頼が非常に重要なので、信頼性を高めることもお客様に選んでもらえる要因になります。

企業の紹介動画はお客様だけではなく、取引先にも見てもらうことで、その企業がイメージしやすくなり、信頼に繋がります。企業同士での取引においての信頼はとても重要です。

その他にも、その企業に入社したい人にも見てもらう事で、その企業がどんな会社でどのような理念を持っているのかが分かります。今後働く人にとって、企業について知ることは必須であり、企業側からしても事前に理念を理解してる人が入社することはその後の社員の育成にも関係しているので、企業を知ってもらうことは大切です。

企業の紹介動画は、物件の紹介とは違い、様々な方に見てもらうためにあります。

そのため、企業の紹介をする際は、どこに向けて発信するのかを考えて動画を作成することが重要になります。

(4)採用動画

採用動画とは、採用に関する事を取り上げた入社を考える人向けの動画です。

採用動画は、不動産業界以外でも多く使われています。しかし、不動産業界ならではの採用動画もあります。

その企業で行っているサービスの説明も動画ですることによって、サービスについて理解したうえで入社をすることができます。

また採用動画には社員にインタビューする動画もあります。この動画により、どんな働き方をしているのか、どんな物件を取り扱っているのか等、働くイメージが湧いてきます。それは入社前と入社後でイメージが変化しないためにも重要です。イメージが違うと退職してしまう恐れもあるので、採用動画は企業にとっても入社した社員にとっても効果的です。

4.不動産業界の動画活用事例15選

では、不動産業界では実際にどんな動画があるのか、15社を紹介します。

(1)住友不動産

動画時間:6分55秒

再生回数:1.4万回以上

この動画は物件の紹介動画です。最初に紹介するマンションがある土地の住みやすさを紹介し、物件の前に場所の良さを伝えています。また駅からマンションに向かう道のりや物件の外周を歩きながら動画に映すことで、場所の雰囲気が分かりやすく伝わってきます。

スタッフの説明では、付近の公園やその場所に関する歴史にも触れています。

部屋の中ではなく、物件の土地自体の紹介をすることで、住みやすいのかが分かります。

(2)BRUNO不動産

動画時間:6分13秒

再生回数:3.5万回以上

この動画は物件の紹介動画です。マンションの入口から主観視点で歩きながら喋って説明をしています。

実際に部屋の中に入り、収納スペースを実際に開けたり、面積もテロップで出しているので部屋の構造が行かずとも分かります。

隅々まで紹介した後に間取り図を見せることで作りがイメージしやすいです。

(3)ミライテラス株式会社

動画時間:3分14秒

再生回数:2000回以上

この動画は物件の紹介動画です。言葉での説明はありませんが、間取り図と部屋を順番に見せることで構造を分かりやすく伝えています。

短い時間にも関わらず、部屋のイメージが湧くような動画になっています。

あまり詳細には触れておらず、物件を見せて興味がでるような紹介です。

(4)リノベる株式会社

動画時間:4分12秒

再生回数:2.1万回以上

この動画は物件の紹介動画です。360°カメラを使用して物件紹介をしています。全方向が見える事で、構造がイメージしやすく、部屋の広さまで伝わってきます。

女性がフランクに説明しリアクションをすることで、見やすい動画で最後まで楽しみながら見ることができます。

(5)サンヨーホームズ株式会社

動画時間:2分59秒

再生回数:200回以上

この動画は物件の紹介動画です。言葉での説明はなく、主観視点での部屋紹介をしています。主観視点では、玄関から部屋までがどんな構造なのかが分かりやすいです。

部屋の端から左右に向くことで部屋の広さも伝わってきます。

(6)LIFULL HOME'S

動画時間:39秒

再生回数:201万回以上

この動画はサービスの紹介動画です。39秒と短い動画ですが、CM感覚で見ることができます。プロの編集が施されたような非常に凝った動画なのでとても分かりやすいです。

30秒程度で、新しいサービスを紹介できるのは動画のアニメーションや図があるからだと感じます。誰が見ても分かるような動画になっています。

(7)サンフロンティア不動産株式会社

動画時間:6分47秒

再生回数:700回以上

この動画は企業の紹介動画です。企業理念や企業の強みをスマートな編集と図やグラフを使い分かりやすくかっこよく伝えています。

お客様が見ることも想定しながら、信頼性を向上させるような説明があり安心できる企業だと思わせてくれます。また行っている事業や働き方を伝えることで、就職を考えている人や取引先企業の信頼も得られる動画です。

(8)株式会社メディアフェイス

動画時間:3分3秒

再生回数:300回以上

この動画は企業の紹介動画です。主にオフィスの紹介をし、お客様向けに作成されていることが分かります。お客様がオフィスに足を運びやすくなるように紹介をしています。

また管理している物件の紹介もすることで、どんな物件を扱っているかも明確にしていて分かりやすい動画です。

(9)あおぞら不動産

動画時間:46秒

再生回数:1.7万回以上

この動画は企業の紹介動画です。こちらの動画は企業のなりたちや事業の説明をしています。

言葉で説明しながら物件の動画を背景に流しているため、良い物件があると思わせてくれる動画になっています。またYouTubeで今後どのような動画を載せていくかも説明しチャンネル登録を促すことで、他の動画も見てほしいということが伝わります。

(10)三好不動産

動画時間:2分27秒

再生回数:800回以上

この動画は企業とサービスを同時に紹介している動画です。

最初に企業の概要を説明し、その後にサービス内容を説明することで、安心できる企業だということが伝わってきます。お客様を信頼をさせ、利用したくなるような動画です。地域に寄り添ってることが伝わる優しい動画になっています。

(11)ASIAGROUP

動画時間:2分2秒

再生回数:900回以上

この動画は採用動画です。企業の紹介動画でもあり、入社を考えている人に向けた動画です。

社員の1人の働き方をピックアップし、どのような働き方をしているか具体的なイメージができるような動画になっています。企業の良い所を伝えることで信頼ができ、安心できる企業だと思わせてくれます。

(12)森住建

動画時間:3分2秒

再生回数:5300回以上

この動画は採用動画です。働いている姿をリアルに動画で見せることで、入社後にどのような働き方をしているか具体的にイメージができます。

また社員の実際の声も入っていて、良い印象が残る動画です。不動産のお堅い仕事というイメージを払拭するような動画になっていて入社する人の安心に繋がります。

(13)東京建物不動産販売株式会社

動画時間:59秒

再生回数:6800回以上

この動画は採用動画です。映像と文字のみで企業の理念を説明しています。短い時間でこの企業が大事にしている事が伝わります。

社員の笑顔が良く目立つ動画になっていて、楽しい仕事だと思わせてくれる動画です。不動産の働き方が分からず不安な新入社員に安心を与えてくれます。

(14)東急不動産

動画時間:4分6秒

再生回数:1.9万回以上

この動画は企業の採用動画です。この動画は短いドラマのような感覚で見ることができる動画になっています。

新入社員のミスから始まる動画で、最後には働くことが楽しいと感じている場面があり、不安に感じている人も安心して働ける環境だと伝わってきます。

(15)積水ハウス不動産関西株式会社

動画時間:1分39秒

再生回数:2700回以上

この動画は採用動画です。映像と文字とBGMで構成された動画は、かっこよく働く社員の姿が伝わります。

今後どのような信念をもって働けばいいか、自分の信念を築ける動画になっています。出社から仕事の様子までを映しているので、不動産はどんな働き方をしているのか分からない人もイメージがつきやすくなります。

5.最後に

本記事では、不動産業界の動画の活用について、メリットと具体的な活用方法を説明した後に事例をご紹介しました。

不動産業界での動画の使い方は様々であり、「誰に向けて発信するのか」と「目的」を明確にして作成することが重要です。

また動画の活用事例15選に共通しているのは、動画を見る人に信頼を与え安心させている事です。信頼を獲得することは不動産業界にとって最も重要な事です。

動画を作成する際は、どのような動画でも魅力を最大限に伝え、信頼と安心を与えるということを意識しましょう。


無料のご相談窓口はこちら!あなたに最適な業社選定致します
\最短1分!/今すぐ相談