ぴったり、を選ぼう。PITTALAB

自治体動画.png

自治体動画の制作事例15選!制作費用や失敗しないためのコツも解説

twitterでシェア
facebookでシェア
はてぶ
公開日: 2022.06.01
更新日: 2022.06.21

各地方自治体では、国内外から観光客や移住してくる人を呼び込むために、さまざまなPR動画を出しています。特産物や土地の良さ、風景など、言葉ではうまく表せないようなものであっても、動画ではより分かりやすく伝えることができます。

また、地元の人たちに動画撮影に参加してもらったり、モデルなどプロに依頼してストーリーやドラマ風にしているPR動画も少なくありません。

本記事では、自治体動画についての概要やメリット・デメリット、動画制作におけるコツ、制作事例などについて紹介します。

自治体動画の制作を検討している方や、地域復興のためのPR活動を成功させたい方はぜひ記事をご覧ください。

目次
目次

自治体動画とは?

自治体動画とは、市町村や都道府県がそれぞれの地域の魅力を伝えるために配信している動画です。一般的な動画の長さとしては、1分未満のものから、長くても10分までの動画であることが多くなっています。

自治体動画は毎年公開本数が増えており、2018年のデータによると1年間で約700本の公式自治体動画が配信されています。

(1)自治体動画の概要・目的

自治体動画の最大の目的は、市町村や都道府県の魅力を伝えていくうえで、観光に来てもらったり、移住してもらったりすることです。

動画が効果的と言われるようになったきっかけは2つあり、2015年から総務省により助成金が交付されるようになったことと、スマートフォンの普及が広まり、年齢に関係なくスマートフォンを持つようになったためです。

また、自治体動画はオリジナルのチャンネルで配信している場合と、大手メディアのチャンネルで配信している場合の2つのケースがあります。オリジナルのチャンネルはコストが抑えられるメリットがあり、一方で大手メディアのチャンネルは集客率(閲覧数)を稼げるメリットがあります。

動画内容についても、風景や街の様子などを映してナレーションを入れているパターンや、ストーリー仕立てにしてドラマ風にしているパターン、連載物にしているパターンなど、動画によってさまざまな工夫がされています。

(2)自治体動画の制作にかかる費用

動画の長さやスケールによっても大幅に異なりますが、外注する場合の費用としては200万〜300万前後から、芸能人に出演してもらう場合には1,500万〜2,000万円を見ておくとよいでしょう。

補助金を受けることで金額を抑えられますが、高い金額をかけたからといって、再生数が伸びるとは限りません。

さらに注意したいのが、制作会社はそれぞれの地域に関しての魅力を知らないため、きちんと事前に打ち合わせをしておかないと意味のない動画となり、無駄にコストがかかってしまうことです。

地方自治体は企業とは違い、自社が費用を賄うわけでなく税金が主体であるため、少しでも費用は抑えるに越したことはありません。そのため、できるだけ自治体自らがオリジナルの内容を考えて、動画作りに必要な撮影や編集などのスキルの部分だけ業者に依頼しているケースが多くなっています。

もし制作内容から外注する場合には、制作会社に地域の良さを十分に理解してもらうことが重要です。

(3)自治体動画の活用方法

自治体動画を最大限に活用するためには、動画制作時においてそれぞれの地域が持つ魅力を明確にアピールすることが重要になります。

まずは動画を見てもらうために、面白い動画であること、インパクトが感じられる動画であることを意識する必要があります。

しかし、最終的にはその地域に行ってみたいと思ってもらわなければなりません。そのためには、わざわざ足を運んででも、その地域の特色を体験したいと感じられるような動画を制作していきましょう。

自治体動画のメリット

自治体動画の制作において、以下のようなメリットが挙げられます。

  • 運用費用が安い
  • 地元の魅力発信・地域復興に繋がる
  • ストーリーを起こしやすい
  • SNSで認知を高められる

(1)運用費用が安い

自治体をアピールするためには、従来の方法であればメディアでの露出やイベントを開催するなどの方法がありました。しかし、いずれの方法も高額な費用が必要であり、決して簡単な方法とは言えません。

そこで、小規模ながらも自治体動画を自作することで、少額での運用が可能です。また、大きな規模の動画であっても、一度作成すれば運用コストは決して高くないため、負担を減らしてPRしていけるでしょう。

PR動画は短期間で結果が出るものではないため、運用費用が安い自作のPR動画はメリットが大きいといえます。

(2)地元の魅力発信・地域復興に繋がる

地元の風景をドローンで撮影したり、地元の人と人との交流を伝えたりなど、地元の魅力を発信しやすいのが自治体動画の特徴です。

また、地元をアピールすることにより、レストランや交通機関、宿泊施設などを利用し、地域に訪問する観光客が増えることから、地域復興への効果も期待できます。

(3)ストーリーを起こしやすい

ストーリーを作ることができるのは、動画ならではのメリットです。文章でストーリーを作ろうとすると長くなってしまい読者が飽きてしまうだけでなく、最後まで読んでもらうことは難しくなるでしょう。

しかし、動画であれば短時間でストーリーを分かりやすく伝えることができます。テレビCMでもストーリー性のものが多くなっているように、ストーリーは視聴者に興味を持たせて視聴率・コンバージョン率を高められるメリットがあります。

動画のストーリーとアピールしたい地元の名産や観光地などをリンクさせることによって、より自治体動画の効果が期待できるでしょう。

(4)SNSで認知を高められる

それぞれの地域の魅力を動画に詰め込んでいくと、地域の公式アカウントや役所の方などがTwitterやInstagramなどのSNSを使って紹介されることがあります。そのような場で1人でも多く共感が得られると、拡散される可能性が上がり、多くの人に認知されやすくなるでしょう。

また、YouTubeで動画をアップしたときに自動的にTwitterやインスタグラムなどと連携する機能を活用することにより、アップしたことを自動的にSNSでお知らせできるシステムも存在します。

自治体動画を活用するときの注意点

自治体動画を活用するときには、以下のような点に注意する必要があります。

  • 動画制作に時間と費用が発生する
  • 動画の効果が出るまでに時間がかかる
  • 動画の運用方法も考えておく必要がある

(1)動画制作に時間と費用が発生する

まず、動画制作をするために時間と費用が発生することを忘れてはいけません。

十分な制作期間を設けることのほかに、自治体の場合は、予算をどこから持ってくるかが重要なポイントになります。そのため、特に費用に関してはしっかりと事前に打ち合わせをすることが重要です。

(2)動画の効果が出るまでに時間がかかる

続いて、動画の効果が出るまでに時間がかかることが挙げられます。

YouTubeなどの動画媒体へ動画をアップしても、すぐに再生回数が伸びるとは限りません。そこで動画の効果をできる限り高めるためには、1人でも多くの人に刺さりやすい動画制作を心がけるほか、SNSや広告を活用する方法があります。

動画の目的や結果を出したい期間などに合わせて、アプローチ方法を検討していくと良いでしょう。

(3)動画の運用方法も考えておく必要がある

最後に、動画が制作できたらアップして終わりではなく、その後の動画の運用方法についても考えておく必要があります。

どのようにして露出を増やしていくのか、効果的なマーケティング戦略について計画を立てましょう。

WebやSNSにおける動画マーケティングについては、動画制作会社からノウハウを提供してもらえる場合もあるため、動画制作を外注する場合には制作後の運用サポートについても確認しておくようにしてください。

自治体動画の制作で失敗しないためのポイント

自治体動画の制作で失敗しないためには、以下のポイントに注意する必要があります。

  • 目的に合わせて動画を作る
  • 動画の集客方法を考えておく
  • 予算をあらかじめ決めておく

(1)目的に合わせて動画を作る

自治体動画の主な目的は、地域を活性化させることと、国内外から観光客や移住者を増やすことが挙げられます。この2つについて、まずはどちらかにおける戦略をはっきりとさせることが重要です。

例えば、地域を活性化させるためには、地域の名産を買ってもらったり地域の企業をより有名にさせたりすることが大切です。一方、後者の観光客や移住者の増加を目指すのであれば、地域の観光地の紹介や、住みやすさ、街のあたたかみをアピールすることが重要です。

特に海外からのインバウンドを目的とするのであれば、英語をはじめさまざまな言語への対策が求められます。海外からでもYouTubeやSNSの動画は検索でヒットすることがあるため、大きな宣伝効果を得られる可能性は十分にあり得るでしょう。

(2)動画の集客方法を考えておく

自治体動画を効果的な集客手段として活用するためには、観光地やレストラン、ホテルなどへの誘導、さらに地域企業の商品やサービスのプロモーションが必要なります。

そのため、観光地やレストラン、ホテルを紹介する場合は、普段見られないような風景やその時ならではの風景を伝えることがポイントです。日本らしい街並の風景は海外の方に人気が高いことから、海外からのインバウンドにも効果があります。

また、地域ならではの食材を使うホテルやレストラン、景色が堪能できる店舗などの紹介も一緒に行うと効果的でしょう。

地域の活性化を進めるためには、地域の企業の商品やサービスを紹介することも重要です。例えば、古くから伝わる伝統工芸品を紹介すれば、購入したい・実際に行ってみたいと思う人も増えることでしょう。

文字や画像だけでは視聴者が想像できないことでも、動画では具体的に伝えることができます。

このように、自治体動画ではいろいろな側面から集客で押し出すべき要素があるため、動画の目的に合わせた集客方法を決めることが大切です。

なかには、動画の概要欄に安く体験できるプランやレストラン等の紹介、割引券の配布などでさまざまな工夫を凝らしているものもあるため、各自治体動画の集客方法について分析してみると良いでしょう。

(3)予算をあらかじめ決めておく

予算によって、制作できる動画の内容やクオリティはある程度決まってきます。

例えば、オリジナルでスマートフォンのカメラを使って動画を作るのであれば、ほとんど費用は必要ありません。しかし、プロのカメラを使って有名人や特別なセットなどを使えば、1,000万円以上かかることも珍しくありません。

また、企画は自分達で考えて撮影と編集を外注したり、編集だけを外注したりなど、予算に応じてさまざまな動画の作成方法がありますお金をたくさんかければ良いとは限らないため、目的やターゲットにあった動画を制作するための予算について、あらかじめ決めておくと良いでしょう。

自治体動画の制作事例15選

宮城県登米市

動画の長さ:4分04秒

再生回数:-

この動画では、いきなりご法度が書かれた案内板を持った集団があらわれます。のちに分かりますが、この法度とは、地域の郷土料理であるはっとのことでした。

また、動画内で小さな子が泣いてしまいますが、孫を泣かされた祖母は地域で有名な津山杉から採った木の棒で、ご法度の集団をなぎ倒します。

はっとがご法度になった理由は、はっとがおいしすぎて、米を作らなくなると勝手に判断してはっとを禁止しようとしたからでした。それほどまでに美味しいとされるはっとを、食べたいと思わずにいられないような動画です。

千葉県印西市

動画の長さ:1分27秒

再生回数:19万回以上

インド(インド人が登場する)の映画風になっているPR動画で、「印度ではなく印西市である」と動画を通してアピールしています。印西市は住みよさランキング7年連続全国1位であり、少子化の時代でありながら人口が増えていることが特徴です。

印度人と日本人がインド風のBGMで踊っている珍しい動画であり、楽しそうな雰囲気が伝わってきますね。

ポニーキャニオンのチャンネルで動画をアップしていることもあり、20万回近い再生回数となっている人気の動画です。

群馬県富岡市

動画の長さ:1分30秒

再生回数:71万回以上

世界遺産がある街富岡の、養蚕農家や七味店、木工職人、レストランシェフの富岡に対する思いをつづったインタビューや、どんと祭り、妙義山など地元の見どころが詰め込まれた動画です。動画の長さは1分30秒と短いほうではありますが、地域の魅力をしっかりと視聴者に伝えることができています。

また、地域の紹介だけでなく実際の地元の人の思いを伝えることにより、どのような街なのかイメージが沸きやすく、現地に行ってみたいと思う人も多いのではないでしょうか。

栃木県日光市

動画の長さ:4分49秒

再生回数:15万回以上

日光を紹介する番組は紅葉時期が多いですが、この動画では春夏秋冬、それぞれ違う魅力をナレーションなしで紹介することでゆったりとした趣を感じられる内容となっています。また、アスレチックやキャンプなどを交えることで、自然の様子も伝わってきます。

また、観光名所が30か所以上登場するため、日光に何度も行ったことがある人でも新たな発見がある可能性が高く、また行ってみようと思ってもらいやすい動画です。さらに、一般的な観光時期である秋にしか日光に行ったことがない人は、他の季節にも行ってみようと思いやすいのではないでしょうか。

愛知県豊田市

動画の長さ:2分59秒

再生回数:32万回以上

愛知県豊田市は、車の町として世界中で認知されています。しかし、実は自然や歴史などの世間一般的に知られていない魅力的な地域が多くあります。そこで、多くの人が知らなかったであろう豊田市の地域をドローンで撮影し、町全体を紹介しています。

タイトルの「こんな豊田市知らなかった」というのも、車以外の魅力を伝えたいことから名付けられています。ナレーションのない音楽だけの動画ですが、落ち着いた雰囲気を感じることができ、街の魅力が伝わってきます。

このような自然の豊かさを伝える動画の場合は、無駄な編集は使わずに、説明も不要な場合もあることが分かります。

兵庫県伊丹市

動画の長さ:3分53秒

再生回数:11万回以上

伊丹市を訪問して欲しい、伊丹市に住んで欲しい、といった願いをこめたプロモーション動画です。伊丹市を擬人化することからタイトルが「もしも伊丹さんと結婚したら」となっていますが、実際の動画では伊丹市に行くとできることを紹介しています。

ただ地域について紹介するのではなく、擬人化することで面白く魅力を伝えることができるため、気になって動画を見たり実際に現地へ足を運んだりする人は多いのではないでしょうか。

長崎県大村市

動画の長さ:2分20秒

再生回数:8万回以上

大村市の公式チャンネルが公開しており、移住、定住を推進している動画です。本格的なドラマの内容になっており、大村市を知ってもらうための熱意が感じられます。

この動画は多くのフリーランサーが登録しているランサーズに委託し、登録している100万人のフリーランサーに対して移住プロモーションをPRしています。場所を選ぶ必要がないフリーランサーに、少しでも大村市に住んでもらおうという内容です。

一般的な地域再生動画と比較すると想像もつかないようなPR方法ですが、インパクトを強く残せるため、参考になるのではないでしょうか。

茨城県

動画の長さ:5分34秒

再生回数:1.6万回以上

吉本芸人が多数出演している動画であり、架空で作り上げた都道府県の高校が舞台の動画です。茨城県の復興を盛り上げるためとして、ピースの綾部さんと渡辺直美さんをはじめとした芸人が登場しています。

人気ランキング47位と自虐のようなネタを交えつつ茨城県を描写していますが、そのようなことは感じさせないほどに茨城の魅力を紹介しています。

吉本芸人が出ているだけも気になって見る人は多いのではないでしょうか。また他の県の魅力についても同時にアピールしている大型プロジェクトであるため、一つのエンタメコンテンツとしても十分にしめます。

岡山県

動画の長さ:2分38秒

再生回数:4.8万回以上

この動画は岡山公式の8092チャンネルが運営しており、「移住」をテーマに短編ドラマを楽しむことができます。

ドラマの中に岡山の良さをアピールする内容がたくさん詰め込まれており、こだわりのあるストーリーを楽しみながら岡山の魅力についてしっかりと感じられました

このようなドラマ風の自治体動画はほかにも存在しますが、「コチラ」については映画のパロディ動画として特に完成度が高いため、面白いPR動画を作りたい方は参考にしてみると良いでしょう。

青森県

動画の長さ:2分45秒

再生回数:20万回以上

この動画は地元青森をPRするチャンネル「AOMORI Media Labo.」で運営されています。第6回観光映像大賞でファイナリスト、他にも旅もじゃ賞に選ばれている動画であり、自治体動画としてとても参考になる例の一つです。

青森県を舞台とする、女の子2人の暖かいストーリーに共感する人は多いのではないでしょうか。

同チャンネルでは、ほかにも青森をPRするさまざまな動画を配信しています。自治体動画の方向性やコンセプトが定まっていないという方は、ぜひ参考にしてみてください。

宮崎県小林市

動画の長さ:1分45秒

再生回数:302万回以上

宮崎県小林市チャンネルが運営しているチャンネルにて、動画が公開されています。動画は移住推進を目的としたPRムービーとなっており、フランス人のような視点で小林市の魅力が伝えられていることが特徴的です。

しかし、動画をよく見ると分かりますがこの男性はフランス語ではなく、小林市を含む宮崎西部の方言である西諸弁を話しています。

日本語の字幕がついていることから、フランス語だと間違えた人は多いのではないでしょうか。また、抑揚などがフランス語と似ていることも、間違いやすい理由の一つでしょう。

このようなちょっとした面白い要素を動画に加えることで、もう一度動画を再生したくなる人が増え、この動画のように多く再生してもらいやすくなる効果が期待できます。

大分県別府市

動画の長さ:2分29秒

再生回数:589万回以上

別府市では、別府温泉の魅力を国内外に発信するために、以前より温泉都市構想を策定していました。そこで、この動画が100万回再生されたら、別府市の湯~園地計画を進めると公言し、話題を集めました

実際には2022年4月現在で再生回数は600万近くにもなっており、湯~園地計画は進んでいることが分かります。

このように明確な数字を出して再生回数を伸ばし、動画の露出を増やすこともマーケティング戦略の一つであるため、参考になるのではないでしょうか。

宮崎県日向市

動画の長さ:3分00秒

再生回数:110万回以上

この動画では、ネットサーファーから本物のサーファーになっていく青年の様子を物語にしています。日向市はサーフィンのメッカであることから、人間関係のほかに海の様子も伝わってくる動画です。

再生回数はすでに100万回を超えている人気動画であり、しっかりと視聴者のニーズを掴めていることが分かります。

また、主人公は東京から日向市まで来て実際にサーフィンの練習を5日間続け、そのほかに地元の店やエキストラも登場しているため、街全体の協力で作り上げた動画だといえます。

開門海峡

動画の長さ:2分36秒

再生回数:1.9億回以上

北九州の観光情報チャンネルが運営しており、関門海峡を紹介している動画です。この動画は2億回近く再生されており、自治体動画の代名詞と言っても過言ではありません。

動画では、関門海峡にカイセイドンとよばれる大きな怪獣が登場します。この怪獣は地元の名産物であるフグや、カニをイメージして作られています。

この動画を作ったスタッフのなかには映画シンゴジラを作ったメンバーがいるため、本格的な怪獣映画としても楽しむことができるほど、クオリティの高さがうかがえます。

このようなハイクオリティの自治体動画は費用が高くなる傾向にありますが、その分動画マーケティングが成功した時の効果も大きくなるため、目的に合わせて検討してみると良いでしょう。

岐阜県関市

動画の長さ:1分17秒

再生回数:9.6万回以上

この動画はオリコンでも取り上げられており、「もしもこの世に〇〇がなかったら」というちょっと怖い雰囲気のタイトルが特徴的です。

この動画における〇〇とは刃物のことであり、例えば動画内では、台所で料理をしている主婦は、包丁ではなく手で野菜を切ろうとしています。また、ガムテープでひげを剃ろうとしている男性も登場します。

そのほかには美容師が口を使って髪を切るなど、かなりシュールな動画の内容であり、動画そのものを楽しむことができます。

関市は刃物で有名な街であり、「もし刃物がなかったら、こんなにも生活が不便になる」ということをアピールし、刃物があって良かったと思わせる動画構成になっています。

このような動画は、スムーズにストーリーと地域の特色をつなげている成功例として参考になります。

最後に

自治体動画とは、それぞれの自治体が運営している地域のアピールをすることがメインの目的でした。また、動画の運営方法については事例を見ても分かるように、自分たちのチャンネルを作ったり、大手メディアに依頼したりとさまざまな手段があります。

今回紹介した自治体動画を制作する際のポイントや実際の事例などを参考にしつつ、ぜひ地域復興に向けて効果的な動画を作ってみてください。


無料のご相談窓口はこちら!あなたに最適な業社選定致します
\最短1分!/今すぐ相談